「はじめて」をわかりやすく。

発祥やルールを覚えてモノポリーをはじめてみよう!楽しみ方は無限大!

発祥やルールを覚えてモノポリーをはじめてみよう!楽しみ方は無限大!

ボードゲームの1つであるモノポリー。日本では馴染みがないという人も多いですが、ルールを覚えてしまえばハマること間違いなし!今回は、初めてモノポリーをする人に、基本的なルールや楽しみ方などをご紹介します。モノポリーは難しいように感じますが、意外と単純なルールなので、家族でも盛り上がることができますよ。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母


CLOSE

目次

1.モノポリーは世界中で愛されるボードゲーム!

世界には様々なボードゲームがあります。日本の代表的なボードゲームと言えば人生ゲームですが、モノポリーも密かに人気を集めるボードゲームの1つです。そんなモノポリーですが海外から日本にへ入ってきたもので、世界中で親しまれているのをご存じでしょうか。モノポリーは長い歴史を持ち、多くの人に愛されるボードゲームなのです。

モノポリーはアメリカで生まれた

モノポリー発祥の地はアメリカです。「モノポリー」という言葉は英語で独占を意味します。20世紀初めに生まれたこのボードゲームは、さいころを振りながら盤上のマスを周回するという至って単純なルールです。しかしその内容はよくあるすごろくやボードゲームのようにマス目の指示に従うのではなく、止まったマスの物件を買ったり、家やホテルを建設できるという不動産取引がメイン。資産を増やし他のプレイヤーを破産させることがモノポリーにおける「勝利」なのです。

ハズブロ ボードゲーム モノポリー クラシック C1009 正規品 | Amazon

¥2,603(税込)

【投資などをしながら資産を増やしていくゲーム】不動産などを売買したり、富豪を夢見ながら、資産家になる方法を計画し進めていくゲームです
【対象年齢:8才以上】自分の資産で家やホテルを建てたり、対戦相手を破産に追い込んだりして、ゲームを進める、頭脳ゲームです

世界各国でアレンジされたモノポリーが誕生

そんなモノポリーですが、前述の通りアメリカを飛び出し世界各国でも楽しまれています。日本はもちろん、イギリスやフランス、ロシア、カナダ、ドイツ、香港、スペイン、インドネシア、ポルトガル、オランダなど様々な国と地域のモノポリーがあります。

基本的なルールはどれもアメリカ版と同じですが、土地の名前やお金の単位がそれぞれの地域のものに変更されており、より親しみやすい作りとなっています。地域版の他にも、スターウォーズやピクサー、ディズニーなどのバージョンがリリースされるなど、モノポリーが多くの地域、世代に愛されるゲームであることがわかります。

日本では1965年に初めて発売

日本でモノポリーが初めて販売されたのは1965年。アメリカ版を和訳したものから始まり、日本の地名を使用したもの、各地域にスポットを当てたご当地版、更にはポケットモンスターやONE PIECといったアニメなどとのコラボ版なども数々リリースされています。

MONOPOLY ONEPIECE(モノポリー ワンピース) | Amazon

¥3,253 (税込)

ワンピース仕様のモノポリーが新登場!!フーシャ村からワノ国をぐるぐる周り、土地や船を買い、ナワバリ料を徴収したり、ナミからベリーを受け取ったりして資金を増やすゲームです。

更に1991年のファミリーコンピューターから始まり、ゲームボーイ、プレイステーション、Wii、Nintendo Switchなどで、コンピューターゲーム版モノポリーが販売されるなど、日本におけるモノポリー人気は発売当初から変わらないことが分かります。

2.基本は簡単!?モノポリーのルール

モノポリーの良いところは基本ルールが単純であることです。前述の通り、モノポリーはさいころを振りながら盤上のマスを周回するもの。不動産売買云々を別とすれば小さなお子さんでもさいころをふってコマを進めることを楽しむことができます。

さいころを振って進んで指示に従う

さいころを振った先の指示に従うモノポリーですが、その盤上には土地や鉄道、公共会社の他に

・GO:スタート地点。通過するたびお金がもらえる
・刑務所・刑務所見学:見学は何も起こらない。条件を満たすと入所
・チャンス、共同基金:カードを引いて指示に従う
・物品税、所得税:止まったら指定された金額を払う
・フリーパーキング:何もおこらない
・刑務所へ行け:刑務所に入る

というマス目があります。どれもシンプルな指示で分かりやすいだけでなく、モノポリーは盤上に分かれ道などがなく、決められた進路を周回するだけなので、ゲームの進行もスムーズです。

土地や鉄道を購入・家やホテルも建てられる

土地や鉄道、公共会社のマスに止まると、購入することができます。土地は地域ごとに色分けされており、同じ色の土地を独占すると、その土地に家やホテルを建設することも可能です。土地は「GO」に近いところから安い順に並んでおり、どんどん高くなります。日本版で最も高いグループは大阪の「梅田」と東京の「銀座」となっています。

他プレイヤーの所有地ではレンタル料を支払う

さいころを振って止まった場所が他のプレイヤーの所有地であった場合には、あなたはレンタル料を支払わなければなりません。レンタル料は土地の値段に比例し、安い土地なら安く、高い土地なら高くなります。また、家やホテルが建っている土地はレンタル料も上がります。何もない土地なら数十万、数百万のレンタル料でも、家や土地が立つことで支払えないような額を請求されることも。ちなみに日本版の銀座にホテルが建っていると、レンタル料は億を超えます。

鉄道会社や公共会社の場合は所有している場合は、所有数が増えるとレンタル料も上がります。いかに多くの土地や会社を独占しレンタル料を回収するか、家やホテルを建てて土地を活用するかがモノポリーの勝敗を決めるカギとなるのです。

3.他のボードゲームにはない!モノポリーの魅力とは

モノポリーが長い歴史を持ち、広い地域で親しまれる理由は何でしょうか。モノポリーの魅力は多々ありますが、1番はやはり他のボードゲームよりも単純な作りとルールであること。細かな字が書いてあることもないので、お子さんからお年寄りまで皆で楽しめます。

また、ご当地版のモノポリーやアニメなどとのコラボ版では、親しみのある地名や好きなキャラクターなどがゲーム上に登場するのも多くのプライヤーを獲得する魅力の1つだと考えられます。

モノポリー ゲーマー スーパーマリオ | Amazon

¥3,324(税込)

スーパーマリオの人気キャラクター、マリオ、ピーチ姫、ヨッシー、ドンキーコングによるモノポリー。コインを集め、ボスファイトを制しポイントを稼ぎます。各キャラクターは独自のキャラクターパワーを持ち、時にはゲームを有利に進めることができます。

自分たちで終わりを決められる

モノポリーの盤上にゴールはありません。ひたすら同じマス目を周回するだけなので、自分たちで終わりを決めることができます。

・1時間経ったら終わり
・購入できる物件がなくなったら終わり
・誰かが破産したら終わり
・大富豪が生まれたら終わり

など、プレイヤーの好きなタイミングで終わらせることができるので、短時間楽しみたい人、長時間じっくりプレイしたい人、どんなタイプの人のニーズにも応えてくれます。

2~8人と複数人で楽しめる

モノポリーのプレイ人数はバージョンにもよりますが、だいたい2~8人。少ない人数でも楽しめますし、大人数でも盛り上がることができるので、宅飲みやホームパーティーなどの際も活躍してくれます。Nintendo Switch版では最大6人でのオンライン対戦が可能となっており、自宅で1人でいてもオンライン対戦でモノポリーをプレイできるのも魅力です。

個人間で土地の売買交渉ができる

ゲーム内で止まったマスの土地は購入、もしくはレンタル料を支払うと前述しましたが、実はモノポリーでは個人間で土地の売買をすることもできます。「あと1つで独占だけど、その土地は他プレイヤーが持っている」という場合には、そのプレイヤーにお金を支払う、別の土地と交換するなどして土地の売買が可能。うまくいけば独占し、家やホテルを建設することができるのです。

こういった売買交渉は、他のボードゲームにはあまり見られないルールであり、モノポリー特有の魅力、楽しみ方だと言えます。モノポリーは大人のゲームのような印象もありますが、土地やお金のやり取りを通して簡単な不動産取引やお金の仕組みを学ぶことができるので、お子さんの教育にも悪くないゲームだと言えるでしょう。

家族や友人とモノポリーを楽しもう

お盆や年末年始などは多くの人が集まります。そんな時、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめるモノポリーがあれば、その場が盛り上がること間違いなしです。

また、休日に親子でテレビゲームも悪くないですが、昔ながらのボードゲームに頭をひねらせ、コミュニケーションを取るのも良いのではないでしょうか?

家族と、友人と、様々な場面でモノポリーを楽しんでください。

モノポリーで学ぶビジネスの基礎(第2版) | Amazon

¥2,970(税込)

世界中に愛好者を持つモノポリーを繰り返しプレーすることは,businessの基本要素を体験的に学べることを紹介し,実践的ビジネス教育に有効であることを説いた好評書の新版。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ