「はじめて」をわかりやすく。

健康的でコスパも抜群!始めてみよう手作りアイスクリーム

健康的でコスパも抜群!始めてみよう手作りアイスクリーム

夏に近づくにつれ食べたくなるアイスクリーム。思い立ったらすぐ、アイスクリームを食べたい!そんな時は手作りアイスクリームです!初めてでもわかりやすいレシピ、アイスクリームメーカーのおすすめ商品をご紹介します。

スイミー

この記事のアドバイザー

スイミー

ベトナム在住主婦ライター


OPEN

目次

1.手作りアイスクリームのメリット

“手作りアイスクリーム”と聞くと、手間とお金がかかるのではないか?とデメリットを考えがちですが、実は、健康的でコストパフォーマンスも良い!メリットだらけの優等生なスイーツがアイスクリームなのです。一緒に自家製アイスクリームのメリットを一つ一つ見ていきましょう。

アイスクリームとスプーン

手作りアイスクリームは体にうれしい無添加で作れる!

コンビニエンスストアやスーパーマーケットで手軽に買えるアイスクリーム。一般的に牛乳や生クリームなどの乳製品と砂糖で作られていますが、市販のアイスクリームには、さまざまな添加物が含まれていることをご存知ですか?

アイスクリームは乳成分の割合に応じて4つに分類されています。

1.アイスクリーム(乳個形分15%以上、うち乳脂肪分8%以上)
乳個形分と乳脂肪分が多く含まれています。
※乳個形分とは、ミルクなど乳製品に含まれる水分以外の部分、乳脂肪分とはバターやクリームになる部分です。

2.アイスミルク(乳個形分10%以上)
アイスクリームに比べ栄養価が低く、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。また、植物油脂が使われているものもあります。

3.ラクトアイス(乳個形分3%以上)
乳成分が少なく、植物油脂を多く使用しています。

4.氷菓(上記以外のもの)
果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などです。

ここで、注目してほしいのが③ラクトアイスです。少ない乳成分を補うために植物油脂を多く使用しています。植物油は体に悪いの?と感じる方もいると思いますが、実は、この植物油には悪玉コレステロールを増加させるトランス脂肪酸が含まれており、最悪、心疾患を起こす可能性もあります。また、ラクトアイスには、油の酸化を防ぐために、さらに多くの添加物が使われているのです。

アイスクリームのパッケージを見れば、どの種類のアイスクリームか成分がわかりますが、その都度確認をすると手間がかかりますし、そこまでしてアイスクリームを買いたくはないと思います。その反面、手作りアイスクリームは無添加なので安心です。

チョコレートアイスクリームとバニラアイスクリーム

自家製アイスクリームのコストは?

自家製アイスクリームを作ったことがない人にとっては、“手作り”と聞くと材料費が市販のアイスクリームに比べてかかるのではないかと心配になります。どんなお菓子や料理でも輸入品や高級食材を使うなど、素材に凝れば凝るほど高くつきます。アイスクリームも同じです。

基本のアイスクリームは、牛乳、砂糖、卵、生クリーム。氷菓ですと、フルーツとシロッップだけで作ることができます。冷蔵庫にあるものを利用して、手作りアイスクリームを楽しめるのは家計にも優しいです。

牛乳1リットル:150円~200円
砂糖1kg:200円~250円
卵1パック(12個):150円~200円
生クリーム200ml:200円~300円


合計しても1,000円程度で手作りアイスクリームをはじめることが出来ます。

< Back
1 2 3 4
32 件
スイミー

この記事のアドバイザー

スイミー

ベトナム在住主婦ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ