「はじめて」をわかりやすく。

運のいい人は始めてる?はじめて風水を生活に取り入れてみたい人へ

運のいい人は始めてる?はじめて風水を生活に取り入れてみたい人へ

引っ越しや模様替えの時に、ちょっと気にしたい風水。占いのようなものというイメージもありますが、「気」の力を利用したれっきとした学問なのです。インテリアや普段の生活に取り入れることで、運をアップさせることができます。ここでは、風水の基本的な考え方から、その取り入れ方までをご案内します。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー


OPEN

目次

1.風水とは?

風水を実践する上で重要なのが、その基になっている考え方。ただ言われたことをやるだけよりも、それがどのような意味を持っているのか、なぜこうなのかを知っている方が、より楽しくなります。ここでは、風水における基本的な考え方を簡単にご紹介します。

風水とは、中国生まれの環境哲学

風水は、今から約5000年前に中国で発祥した環境哲学で、自然と人々の暮らしをより良いものにするための智慧として受け継がれてきました。元々は、方位の吉凶を見定める占術が始まりとされています。「衣・食・住」すべての環境が自分の運を決定づけるとされており、現代の風水のベースとなっている「福建派」という流派は、地相に加えて天文と地理の相応関係を重視しているのが特徴。風水とは、古代の人々が、自然を利用しながら良い環境を求めてきた学問なのです。

日本に入ってきたのは602年頃、推古天皇の時代です。神社仏閣や都づくりには風水が用いられ、「陰陽道」として、日本の知識人の間で親しまれてきました。様々な考え方ややり方がありますが、共通しているのは気の流れを整え、環境を良くするという点です。

風水では、運は生まれ持ったものではなく、後天的に得るものだと考えます。占いと違うのは、運を得るために行動するかしないか。風水を実践すると、スピードは人によって違うものの、100%に近い確率で自分の欲しい運を手にすることができるので、これを使わない手はありません。

風水は中国発祥

風水の基礎 『陰陽』

古くから伝わる中国の思想の1つに、陰陽があります。自然界に存在する森羅万象は陰と陽に分けられるという考え方です。男性は陽で、女性は陰、のように、熱と冷、固いと柔らかい、明と暗、と、あらゆるものを相対的に表す理論です。

「太極図」という、白と黒の勾玉がくっついたような図を見たことがある人も多いのではないでしょうか。左側の白い方が「陽」を、右側の黒い方が「陰」を表し、陽が強くなればやがて陰に、陰が強くなればやがて陽に転じ、陰陽には移り変わりがあるということを示しています。

そして左側の白い中には黒い丸が、右側の黒い中にも白い丸があり、これは陰の中にも陽があり、陽の中にも陰がある、すなわちどちらか一方に偏らない、どんなに陰陽が強くなっても完全な陰や完全な陽はないということを表しています。陰が悪く、陽が良いということではありません。陰陽それぞれに役割があり、どちらも必要なものです。そしてどちらか一方に偏らず、バランスが取れた状態を「中庸」と言います。

何もかもバランスが大事

風水の基礎 『五行思想』

もう1つ、中国の思想で知っておきたいのが「五行思想」または「五行説」と言うこともあります。この世の万物は「木・火・土・金・水」の5つの要素で説明できるという考え方です。酸味は木で苦みは火、秋は金で冬は水、などのように、色や気候、季節、形、感情や味覚、素材など、私たちが見たり感じたりするものはすべて、五行によって語ることができるのです。

陰陽と同じように、五行も相互作用を繰り返します。2つの法則があり、1つは互いが相乗効果で良い相性を生む「相生(そうじょう)作用」です。「木をこすり合わせると火が生まれ、火は燃えて土に返り、土の中から金が生まれ、金を冷やすと水が生まれ、水は木を育てる」という創造のサイクルによる循環です。

もう1つは「相剋作用」で、お互いに力を弱め合う関係です。「木は土から養分を得て、土は水の流れをせき止め、水は火を消し、火は金を溶かし、金属は木を切る」という破壊のサイクルで循環します。少し難しく感じられますが、風水の上では「相生」の関係を上手く生かし、「相剋」となるような関係を避けることが、基本的な考え方になります。

< Back
1 2 3
34 件
みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ