「はじめて」をわかりやすく。

世界中の人と無料で通話できるSkypeをはじめてみよう!

世界中の人と無料で通話できるSkypeをはじめてみよう!

Skypeは、マイクロソフトが提供しているインターネット電話サービスです。ビデオ通話も可能で、友達と会話するだけではなく、仕事の打ち合わせにも使われることが多い人気ソフトウェアです。そんなSkypeの使い方をご紹介いたします。

もんど

この記事のアドバイザー

もんど

貯金好き家電販売員


OPEN

目次

2.Skypeを始める準備をしましょう

PCで使う場合は、スピーカー、マイク、カメラが必要です

パソコンがWindows10であれば最初からインストールされているSkypeですが、それでも始めるためにはいくつか準備するものがあります。

・スピーカー
・マイク
・カメラ


ノートパソコンであればスピーカーは必ずあると思います。これで相手の声を聞く訳ですが、スピーカーから出た音をマイクが拾い、その音がまたスピーカーから出てしまうループ現象を起こす場合もあります。これを避けるために、イヤホンの購入をお勧めしたいと思います。

最近のノートパソコンであればマイクも付いているでしょう。マイクとヘッドホンを兼ね備えたヘッドセットというものもあり、これもクリアに会話ができるので大変に便利です。ビデオ通話のためにはカメラも必要です。

これらを準備してソフトのインストールをしたら、いくつかの設定が必要になります。

・アカウントの作成
・プロフィールの設定


アカウントの作成は難しくありません。電話番号かメールアドレス、あとはパスワードなどを登録すると認証コードが送られてきますので、それを入力すれば完了となります。

プロフィール設定画面(スマートフォン)

プロフィールの設定は、自分の顔写真などを登録することができます。他には携帯や自宅、勤め先などの電話番号、他のメールアドレス、性別、生年月日などを入力できます。これらはSkypeを利用している全ユーザーに公開する他、連絡先を交換した相手だけに表示させることができます。

Skypeを利用するときはこんなところに注意!

Skypeは大変便利な通話サービスなのですが、使う前にいくつか注意したいことがあります。

・プライバシーの設定
・個人情報
・緊急通報には使えない

Skypeは世界中のユーザーと通話できるのですが、初期設定では誰からの通話でも受け付ける状態になっています。通話の呼び出しを無視すればいいだけなのですが、それも面倒です。プライバシーの設定という項目がありますので、受け付ける設定を「誰でも」から「連絡先リスト上のユーザーのみ」に変えておきましょう。

他、ユーザー名は変えられますが、アカウント名は変えられません。個人情報が入っているもの(本名や誕生日)は避けるべきでしょう。

また公式ホームページにきちんと書いてありますが「Skypeは電話の代わりとなるサービスではないため、緊急通報に使用することはできません」とのことです。Skypeで通話した場合、どこから緊急サービスの呼び出しをしているのか実際の場所がわからないからのようです。

28 件
もんど

この記事のアドバイザー

もんど

貯金好き家電販売員




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ