「はじめて」をわかりやすく。

はじめてタッセルを作るとき簡単で上手に作れるコツ

はじめてタッセルを作るとき簡単で上手に作れるコツ

はじめてタッセルを作る時は、どうやって作ればきれいにできるのかわからないですよね。簡単に作れる方法と、見栄えがアップするタッセル作りのコツをご紹介します。

ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター


OPEN

目次

2.はじめてタッセルを手作りする時におすすめの作り方

まずは初心者でも簡単にタッセルが作れる、基本形の作り方をマスターしてみましょう。はじめてタッセルを作る人でもわかりやすい、2つの作り方をご紹介します。

タッセルの先を切り揃える基本形の作り方

ベーシックなタッセルを作る時は
・刺繍糸や、毛糸・ミシン糸
・丸カン
・ヤットコ
・厚紙
・ハサミ
が必要です。
これだけ揃えてしまえば、基本形のタッセルが簡単に作れます。

ヤットコ

①タッセルのもととなる刺繍糸を、厚紙に巻きつけます。厚紙の幅がタッセルの長さを左右するので、大きさを確認しておきましょう。
糸を巻く回数は90回前後を目安にすると、タッセルにボリュームが出ます。

②巻き終えたら糸を切って、厚紙に巻いた糸の束が崩れないように、ゆっくりと外します。

③厚紙から外したら、糸の束に丸カンを通します。丸カンに隙間があると糸が出てしまうので、ヤットコでしっかりとカンの隙間を閉めましょう。

④先ほど通した丸カンを押さえながら、糸の束を下へ伸ばします。丸カン側の糸の端から2~3mm下に、糸を巻きつけてタッセルの頭部分を作ります。3~4回グルグルと糸をまきつけた後、緩まないように気をつけながら糸をギュッと縛り固定します。

⑤最後に丸カンをつけた部分とは反対側の毛束をカットして、毛先を好きな長さに切り揃えば、基本形のタッセルの完成です。

基本形のタッセル

タッセルの先を切らずに、ボリュームを残す作り方

オーガンジー素材のリボンでタッセルを作る時は、束ねたリボンの先を切らずに作ると、ふんわりと可愛いタッセルに仕上がります。

先ほどご紹介した基本形のタッセルの作り方①~④まで、同じ手順で作れるので、はじめてタッセルを作る人も応用しやすい方法です。

作り始める時に厚紙にリボンを巻きつける時は、5~10回前後に留めておくのがポイント。糸より幅のあるリボンは、丸カンが通りにくくなってしまうので、巻きを少なくした方がきれいに仕上がります。

最後はリボンの丸みを切らずに、左右に少し広げてボリュームを出せば完成です。

タッセルピアス イヤリング シフォン

¥1,000(税込)

シフォンリボンで可愛らしさや優しい雰囲気を出し、ゴールドやシルバーのプレートで大人っぽさを出した使いやすいピアス・イヤリングです。

37 件
ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ