「はじめて」をわかりやすく。

ゴスペルをはじめてみませんか?ゴスペルの歴史や準備を解説します!

ゴスペルをはじめてみませんか?ゴスペルの歴史や準備を解説します!

テレビやネットの動画などでも、現代でゴスペルは比較的身近な存在です。そもそもゴスペルに触れるのがはじめてという方は、ゴスペルというものについても詳しく知っておいたほうがよいでしょう。この記事では、ゴスペルの歴史や始めるための準備について解説していきます。

Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター


OPEN

目次

2.ゴスペルを始めるための準備

ゴスペルを歌うには?

初心者がゴスペルをはじめてみたいと思ったら、どのような準備が必要なのでしょうか。スポーツなどでは、ウェアやシューズを揃えたりと、初心者のうちから多くの準備が必要な場合もあります。

しかしゴスペルは歌ですので、なにか道具を揃える必要はなさそうです。ここから先では、初心者がゴスペルをはじめるための準備について解説していきます。

ゴスペルはどんな準備が必要?

多くの人がイメージするとおり、ゴスペルは道具を使いません。ゴスペルチームの中で楽器の演奏を担当する場合は別ですが、ゴスペルに関心を持った方の多くは、ゴスペルで「歌」を歌うパートに関心を持っているでしょう。その場合には、特段なにか道具を揃える必要はないのです。

このような観点から言うと、ゴスペルをはじめるにあたっての準備とは、道具や服装といったことよりも、むしろ発声練習や腹式呼吸といった、「歌唱」のための練習こそが「準備」にあたると考えてよいでしょう。

また、ボイストレーニング教室などに通うこともゴスペルの練習としてよい選択といえます。ボイストレーニングを行っておくことで、ゴスペルでの声量の訓練になるほか、声の出し方がわかったり腹式呼吸も教えてもらえたりと、体系的に「歌」を学ぶことができます。

自宅でもできるゴスペルのレッスン

自宅でもゴスペル練習はできる?

予算や日程の都合がつかなかったり、近隣にボイストレーニング教室を開いているところがなかったりと、誰でもボイストレーニング教室を利用できるとは限りません。このような場合には、自宅でボイストレーニングの練習をするという方法があります。

最近では、動画共有サイトやウェブページなどで、ボイストレーニングのやり方や腹式呼吸のやり方、また、歌を歌う際に必要となる「喉を開く」という状態をつくるためのコツを解説しているサイトもあります。

これらとあわせて、身体の柔軟性を鍛えるために自宅でストレッチを行っておいたり、主に腹筋を中心として軽めの筋力トレーニングを行っておくことも、歌の技術・基礎技術を得るために有効です。

ある程度これらのトレーニングができているなら、実際に自分でゴスペルに使われている曲を歌ってみて、それを録音した後で自分の歌声を聞いて研究しておくというのもよいでしょう。スマートフォン一台でこれらのことは可能です。

騒音などが気になる方は、カラオケボックスを利用すると周囲に気兼ねなく練習することができるでしょう。

32 件
Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ