「はじめて」をわかりやすく。

ワインを知るともっと楽しめる!はじめて味わうワインの魅力!

ワインを知るともっと楽しめる!はじめて味わうワインの魅力!

ワインはどこの店でも気軽に飲めるようになったし、安いワインもたくさん売っているけれど、どれがおいしいのか、どう選べばいいのかよく分からないという方、多いのではないでしょうか?ワインのことを少し知って、その上でワインを味わってみましょう。はじめてのワイン選び、応援します。

Evelyn

この記事のアドバイザー

Evelyn

スローライフ派/元編集者


OPEN

目次

1.そもそもワインってどういうお酒?

ブドウから作ります。赤・白・ロゼ、シャンパンも

ワインは、ブドウから作られるお酒です。

最近いちごや桃、メロンなどからも「ワイン」が作られたりはしていますが、「ワイン」と言ったらブドウ、そしてワインには「赤ワイン」「白ワイン」「ロゼワイン」の3色があります。

3色あるのは、ブドウの品種と、扱う工程が異なるから。ブドウは、皮に黒く濃い色のついている品種と、黄緑および灰色がかったピンクの皮の品種に大きく分けられます。基本的に、薄い色の皮の品種は白ワインに、黒い色のついている品種のブドウは赤ワインになりますが、皮の色が濃いからといって、ブドウの実の中身まで濃い色をしているわけではありません。

皮の濃い色が果汁にしっかり出るまで発酵して、それから搾るのが「赤ワイン」。果実の状態で搾って、皮と種を取り除いてから発酵するのが「白ワイン」です。

ブドウの濃い皮には色素が、種にはポリフェノールがたくさん含まれます。これは「渋み(タンニン)」のもとになります。この部分も含めて発酵させた赤ワインは、結果的に深い色で渋みのある、どっしりとした複雑な味わいのお酒になるわけです。逆に白ワインは、渋みの少ない、軽やかですっきりとした味わいになります。

ロゼワインは、工法はいくつかあるのですが、赤ワインを作る皮を含めた発酵工程を途中で切り上げると、やわらかなロゼの色のお酒になります。また、赤ワインと白ワインをブレンドするやり方もあります。

さらに、シャンパンもブドウから作られるお酒です。シャンパンは、濃い色のブドウであるピノ・ノワールとピノ・ムニエ、それと薄いグリーンのシャルドネの3種から作られますが、皮の色がつかないように絞った上で発酵、白ワインを作った上で、酵母を加えて瓶詰めをおこない、瓶の中で二次発酵させます。ちなみに、シャンパーニュ地方で厳密な管理のもとに作られた発泡ワインだけが「シャンパン」と呼ばれます。

ワインに関するいろんな言葉を整理しよう

ワインといえばフランス、というイメージを、多くの方は持っているのではないでしょうか。近年ではチリワインやカリフォルニアワインなど、カジュアルなイメージのワインもたくさん日本に入ってきていますが、高級なワインといえばフランス、格調高いフレンチにはフランスワインを合わせるもの、という、かなり敷居の高いイメージがあるのではないかと思います。フランス語の呼び名や書かれているのも、なんとなくとっつきにくい気がしてきますよね。

でも、ワインにまつわる「カタカナ」表記、ワインそのものの名前以外はほとんどが「地方名」「地域名」「品種名」。それ以外は、ちょっと覚えておくと楽しい小ネタみたいなものです。

地方名ボルドー、ブルゴーニュ、アルザス、ロワール、コート・デュ・ローヌなど
フランスの地方を指します。ボルドーもブルゴーニュもアルザスもフランスのワイン産地で、フランスワインの中でボトルの形で見分けがつきます。

ボルドーはいかり肩のボトル、ブルゴーニュはなだらかな曲線のボトル、アルザスは細身のしゅっとしたボトルです。

左からブルゴーニュ、アルザス、ボルドーのボトル

もちろん、ボトルの形で区別がつくのはフランスワインの中だけ。他の国産のワインでボルドー型のボトルを使っているものもありますし、ブルゴーニュ型のボトルのところもあります。フランスのワインだけが、地方とボトルの形がリンクしているのです。

地域名メドック、サン・テミリオン、モンラッシェなど
フランス地方名のなかでも地域名が入る、さらには村の名前、畑の名前など、より狭い地域の名称が入ると、より格の高いワインということです。ボジョレーも狭めの地域名ですが、ボジョレー・ヌーボーだけは「その年に収穫されたブドウの新酒」ということなので、格の高さはあまり問われません。

品種名カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、メルロー、シャルドネ、リースリング、ソーヴィニヨン・ブランなど
これらのカタカナが表示されていたら、その品種のブドウを使って作っているワインだということです。品種については、上記6品種を覚えておくとよいでしょう。

シャルドネ種のぶどうとピノ・ノワール種のぶどう

もっともボルドーのワインはブドウを複数種使って作られていることが多く、ブルゴーニュ、および他の国では1種類のブドウで作る単一ワインが主流になっています。

小ネタ的なカタカナ:「シャトー・〇〇」とラベルにあるものは、ほぼボルドーのワイン。シャトーとはフランス語で「お城」ですが、シャトーとつくワイン全てがお城みたいなところで作っているわけではなく、1つの畑を占有し、栽培から瓶詰までを行うワイン生産者を「シャトー」と呼びます。これがブルゴーニュだと、畑は共有して、一区画だけを持っていることが多いため、「ドメーヌ(区画)」と呼び方が変わります。

「シャトー・〇〇」とラベルにつくと、なんだか高級そうなイメージがありますが、要は「〇〇製作所」です。ビビる必要はありませんし、シャトーという名がつくからといっていいワインというわけでもないのです。

ワインのラベルから読み取れるようになったら上級者!

ワインのラベルをざっくりと読んでみよう

ワインのラベルは別名「エチケット」と言います。礼儀作法ではなく「正札」という意味。

ラベルには
・生産年(ヴィンテージ)
・生産国/原産地名
・生産者
・アルコール度数/容量
という、「いつ、どこで、誰が作ったか」という情報が明示されています。(ちなみに、収穫されたブドウの質が良く、いいワインが作られた当たり年のワインを「ヴィンテージ・ワイン」と言います。ヴィンテージという言葉=「当たり年」ということではありません。)

これもフランスなどの、古くからワインを作っている地域と、チリやアメリカなどの新しい生産地とでは、エチケットの雰囲気がちょっと変わります。

旧世界(フランス・ドイツ・イタリア)のワインのラベル
フランスワインのラベルと言われてイメージするラベルはこんな感じでしょうか。

シャトー・ピュイゲロー2013年のエチケット(筆者撮影)

薄いクリーム色かアイボリーのラベルに「シャトー・〇〇」と表記があり、お城やレンガ造りの建物が描かれている、そのようなイメージのものが実際にも多いようです。

この画像のラベルは、「シャトー・ピュイゲロー」が生産者名およびワインの名前、「フラン コート・ド・ボルドー」が地域の名前、2013はブドウの収穫年です。

旧世界ワインのラベルは、畑の格付けとか原産地呼称など、けっこう小難しいことが記載されているので、それがトラディショナルで格の高いイメージにつながっているのかもしれません。

新世界(アメリカ・チリ・オーストラリアなど)のワインのラベル
一方新世界のワインラベルは、色もカラフルで斬新なイメージ。形も四角にこだわらず、細かったり斜めだったり。ボトルに直接プリントしたものもあります。描かれている図もポップなもの、ハイセンスなものなどいろいろ。文字も少なくカジュアルな感じがします。

アルゼンチンワイン グラン・マールのエチケット(筆者撮影)

アルゼンチンのワイン、「グラン・マール」のラベルです。品種が「シャルドネ」と「トロンテス」、収穫年2015年。魚介料理に合う白ワイン、というコンセプトもわかりやすく、ポップで親しみやすいラベルです。

絵やグラフィックだけのアートのようなラベルもあり、その場合には、ボトルの反対側に情報の載ったラベルがもう一枚貼られていて、原産国や品種、収穫年はそこから得ることができます。

新世界のワインのラベルは、わりとアーティスティックでおしゃれなものが多く、いわゆる「ジャケ買い」ができるのも楽しいですね。

< Back
1 2 3 4
56 件
Evelyn

この記事のアドバイザー

Evelyn

スローライフ派/元編集者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ