「はじめて」をわかりやすく。

オシャレな人は始めてる!健康サイクリングのすすめ

オシャレな人は始めてる!健康サイクリングのすすめ

誰にでもできる趣味の一つサイクリング。誰にでもできるからこそ、趣味として始めるために何から始めればいいか悩みませんか?環境に優しいことと健康づくりとしても見直されている自転車。普通の自転車乗りから、サイクリングを趣味として楽しむ人になるために、一歩進める方法をご紹介します。

yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター


OPEN

目次

1. サイクリングの魅力とは

サイクリングという言葉はどんな人にも馴染みはありますよね。サイクリングなんて私には無理という人はいないと思われるくらい、誰でも簡単に始められる趣味ではないでしょうか。そんなサイクリングですが、いつでもできるし別に今すぐ始めようと思えない人にも、すぐ始めたくなるサイクリングの魅力を伝えていきますよ。

サイクリングの楽しいところは?

春の暖かい空気、夏の日差し、秋の爽やかさ、冬のひんやりとした風など、季節の移り変わりは自転車に乗った時に一番感じられるのではないでしょうか。季節の風を受けながらペダルを踏んでこぐのは、本当に気持ちいいものです。歩くよりも楽に、またバイク、車や電車よりも季節の移り変わりを身体でじかに感じることができるのがサイクリングの魅力の一つ。

そして、素敵な風景を見つけたり、面白そうなお店を見つけた時には、すぐに寄り道したり、自転車を停めて立ち寄ることもできます。車だと駐車スペースがなかったり、急に止まることもできなかったりで、気軽に途中のお店に立ち寄ることもできませんよね。

また、一人でも思い立ったらすぐに自転車にまたがり、お金の心配もなく遠くまで出かけられるのも魅力。懐具合や誘う相手を考えなくてもいい、そんな自由さがサイクリングの一番の楽しさではないでしょうか。

思い立ったらすぐでかけられて、寄り道も思いのまま

サイクリングのメリットとは?

楽しさとは別に、サイクリングには社会のためや自分のためのメリットもあります。一番は、排気ガスを出さない燃料もいらない、現代社会で一番大切な地球環境を守ることができる交通手段だということ。地球にやさしいエコな乗り物として、これからもどんどんサイクリング人口が増えるといいですよね。

もう一つのメリットは、健康も手に入るということ。自分の足でこぐので脚力が鍛えられます。しかも、自分の体重はサドルが支えてくれるので負担が少なくて済むため、少し体重の重い人、脚力に自信がない人には特におすすめできます。

運動不足の人がいきなりジョギングやウォーキングを始めると、膝や腰に負担がかかり痛めてしまったり、しんど過ぎてすぐに諦めてしまったりすることもあります。その点、自転車だと風を切って走る爽快さを味わい、流れていく景色を見ながら楽しく鍛えることができるのです。

サイクリングは有酸素運動なので、続けることで心肺機能も上がり、代謝アップ、ダイエット効果も見込めますよ。

雄大な景色に体も心もリフレッシュ!

そんな身体の健康だけではなく、心の健康にも効果があるのがサイクリングです。

屋外に出て色々な場所に行くという楽しみを見つけると、ウキウキして表情も明るくなります。悩み事がある時でも、さっと外に出て自分の好きな風景を探して一心にペダルをこぎ始めたら気持ちよくなり、悩みから解放されるかもしれません。一人で黙々とペダルをこぐことで無になれたり、風景を楽しむことでふっと心が軽くなるのではないでしょうか。
 
そんな風に、心身共に健康になり、地球も健康になるいいことだらけの趣味がサイクリングなんです。

サイクリング仲間を作ろう

一人で気ままに楽しめるのがサイクリングの魅力とお伝えしましたが、仲間と一緒に走るのもまた、サイクリングの楽しみ方の一つです。時には気の置けない仲間と一緒に計画を立てたり、素敵な場所で休憩しおしゃべりを楽しむのも楽しいものでしょう。
一人でサイクリングを始めるにはちょっと寂しいかも、とりあえず一人で始めて楽しくなってきたけど、仲間がいればもっといいと思うという人は仲間を探しましょう。

友人と走れば楽しみも倍に

一番手っ取り早いのは、仲良しの友だちを引っ張り込むこと。

最初に誘うには、観光地でレンタサイクルを借りてのサイクリングが一番です。空気のいい走りやすい場所を選んで、せっかくだからレンタサイクルで観光しようと誘えば、だいたいはOKしてくれるでしょう。そこで気持ちいいサイクリングを楽しめれば、楽しかったから今度はここサイクリングしてみない?と誘ってどんどんサイクリング好きの道へ引っ張り込みましょう。

注意してほしいのは、最初からハードな道を走らないこと。ゆったり走れる道でのんびり友だちのペースに合わせて走るようにしましょう。そして、いきなり本格的な装備や自転車を揃えようと誘わないこと。友だちが自分からまた行きたい、いい自転車が欲しいと言うまで無理強いはせずに待ちましょう。あなたがどれだけ楽しさを伝えられるかにかかっています。

SNSでのツーリングに参加してみるのも一興

そばに、引っ張り込めそうな友だちがいないのなら、SNSを利用して仲間を見つけるのもいいですね。

Facebookで探せば、サイクリングのグループがいくつかあるので参加申請してみましょう。そこで色々な情報を得たり、ツーリングのお誘いなどもあるかもしれません。Facebookは本名での登録なので、他のSNSよりも安心だと思います。

ただ、個人的に繋がってすぐに会ったりするのは避けた方が無難です。最初はあくまでもグループで複数で会うことに限定するようにしましょう。そこで仲間を見つけられれば、サイクリングライフがさらに充実し楽しみも広がります。

< Back
1 2 3
54 件
yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ