「はじめて」をわかりやすく。

オシャレな人は始めてる!健康サイクリングのすすめ

オシャレな人は始めてる!健康サイクリングのすすめ

誰にでもできる趣味の一つサイクリング。誰にでもできるからこそ、趣味として始めるために何から始めればいいか悩みませんか?環境に優しいことと健康づくりとしても見直されている自転車。普通の自転車乗りから、サイクリングを趣味として楽しむ人になるために、一歩進める方法をご紹介します。

yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター


OPEN

目次

2. サイクリングの装備

サイクリングに興味が出てきたら、始める準備に入りましょう。ここから装備についての説明に移ります。

サイクリングにぴったりの自転車は?

サイクリングを始めるにあたって、今乗っている自転車があるなら、まずはその自転車でも良いでしょう。しばらく経って続けられそうだと思ったら、本格的なサイクリング用の自転車の購入に踏み切れば大丈夫です。

サイクリング用の自転車として初心者に一番おすすめしたいのはクロスバイクです。

クロスバイクとは、マウンテンバイクとロードバイクの特徴を合わせ持つ、どんな道でも走りやすく、長い距離を走るにも楽なように考えられた、オールラウンド対応の自転車なのです。安定感もあり、いわゆるママチャリに乗りなれた人でも安全に乗りこなすことができ、ママチャリよりもスピードも出やすくスマートに乗れるのがクロスバイクの特長。街中はもちろん少し悪い道でも快適で、長距離乗っても楽なので、サイクリングには最適なのです。

自然の風景になじむ、ちょっとハードな自転車

クロスバイクのスペック
クロスバイクの仕様を知る上でのポイントとなる点を簡単に説明しておきます。

タイヤサイズの表記は、700×28C。つまり外径の大きさ×タイヤ幅で表されています。外径は身長に合ったもので選べばいいのですが、タイヤ幅は色々なので、選ぶ時には注意して選びましょう。28は細目、32だと比較的太目となり、太目の方が安定していて段差のある道も楽に走れるので、街中を走る際には適しています。初心者は太目を選ぶのが無難かもしれません。

次にフレームサイズによって適用身長が表記されていると思いますが、本体のサイズによっても変わってくるので、書かれている身長で判断せずに、実際にまたがって判断するのが正しい選び方です。

クロスバイクの価格
最低2~3万円、高級車でも5万円出せば充分なクロスバイクは、値段の面でも初心者が手を出しやすいのではないでしょうか。

クロスバイクの選び方
初心者の場合、自転車の仕様や性能を見てもどう選んで良いのか悩んでしまうでしょう。購入の際は、自転車特にスポーツサイクル専門店に行き、店員さんのアドバイスをもらうのが賢い買い方です。これからサイクリングを始めたいことと、どんなところを走ってみたいのか、軽い方がいい、疲れにくい方がいいなどこだわりたい点を伝えるようにしましょう。

ただ、どれを選べばいいか尋ねても店員さんもアドバイスに困るので、できるだけ自分の理想とするサイクリングのスタイルや予算などを前もって考えて、しっかりと伝えながら、わかったふりをせず、疑問点はきちんと質問するようにしてください。

また、クロスバイクは普通のシティサイクルと違い、タイヤに空気を入れる場合一般的な空気入れではできないものもあります。きちんと店員さんに普通の空気入れが使えるのか確認しましょう。また、スタンドやライト、錠などは標準装備ではないので、必要なものは何かを確認して漏れなく購入してください。

始めてクロスバイクを買うのにネット購入は避けた方がいいですが、参考までに初心者向けのオシャレなクロスバイクをご紹介しておきます。

ネクスタイル(Nextyle) クロスバイク 700C シマノ製21段変速 NX-7021 適応身長155cm以上 ホワイト 33749 | ネクスタイル(Nextyle) | スポーツ&アウトドア | Amazon |

¥19,980(税込)

NEXTYLEから高い機能性とデザインを両立したクロスバイクが登場。 6種類のカラーバリエーションがあり、それぞれにマッチしたカラータイヤ、カラーグリップを採用しています。 ギアにはシマノ製21段変速を採用し、アップダウンの多い路面でも快適な走行性能を発揮します。

サイクリングの服装は?

ガチなサイクルウェアとはこういう服装

最初からばりばりのサイクリングウェアを着るのは少し恥ずかしいのではないでしょうか。着るものからばっちり決めて始めたいなら、サイクルウェアを揃えればOK。でもちょっとなあ…という人は、普通のカジュアルスタイルで大丈夫。避けた方がいいのは、裾が広がったスカートやパンツ。足や腕が動かしにくい窮屈なもの。スキニーパンツなどぴったりしたジーンズは足の血流が悪くなり動かしにくいため不向きです。
 
一番のおすすめは、レギンスにショートパンツなどですね。また、自転車をこいでいると汗をかくのは避けられないので、汗染みができやすいものもやめた方が無難です。夏だと暑くなれば半袖やノースリーブになりたいかもしれませんが、日焼けは危険なので、UVカットしてくれる涼しい素材の長袖アウターなどを着るようにしましょう。季節問わず日焼け対策は必要で、目を守るためにサングラスも必須です。

服装とは言えないのですが、サイクリングの装備としてできれば揃えてほしいのが、サイクリング用ヘルメット。そんなに激しくスピードを出す訳じゃないと言っても、中長距離を走る場合、車道の脇を走ることもあるでしょう。転倒したり事故に巻き込まれる恐れもあるので、命を守るためにヘルメットも装着することをおすすめします。

VICTGOAL 自転車 ヘルメット 大人用 LEDライト付きサイクルヘルメット 磁気ゴーグル 防虫ネット ロードバイクヘルメット 超軽量 高剛性 サイクリングヘルメット サイズ調整可能 男女兼用 自転車ヘルメット 57-61cm (新しい白) | Victgoal | 大人用ヘルメット | Amazon

¥3,199(税込)

VICTGOALバイクヘルメットは、優れた通気性、軽量でサイクリングに適した現在の安全基準を満たすか、それを超えるように設計されています。
医学研究では、自転車にヘルメットを着用することで、頭部損傷の85%を防ぎ、損傷の程度を大幅に減らすことができることがわかりました!
VG103 自転車ヘルメット 、安全基準を満たしており、磁気ゴーグルを備えており、より良い保護を提供し、複雑な山や道路での自転車の安全性を確保します。

54 件
yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ