「はじめて」をわかりやすく。

食べ歩きも立派な趣味!はじめてみよう美味しいお店の食べ歩き

食べ歩きも立派な趣味!はじめてみよう美味しいお店の食べ歩き

趣味を持ちたいけど何を始めればいいのかわからない、というあなたにおすすめなのが「食べ歩き」。美味しい食べ物に興味がない人なんていないはず。今流行りのインスタ映えを探すとか、一人でも友だちと一緒でも、一番気軽に始められる趣味としての食べ歩きのススメ。

yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター


CLOSE

目次

1. 食べ歩きの定義とは?

食べ歩きという言葉は誰でも聞いたことがありますよね。でも、いざ「食べ歩き」の定義となると答えに悩むかもしれません。ただの外食なら誰でも毎日のようにしていると思いますが、それと「食べ歩き」の違いから説明していきましょう。

オシャレなカフェを巡るのも趣味のひとつ

食べ歩きって、ただの外食とはどう違う?

「食べ歩き」という言葉の本来の意味は、日本国語大辞典によると「土地の名物料理やめずらしい食べ物などをあちこち食べてまわること」となっています。これに対して、最近テレビ番組などでは「テイクアウトしたものを歩きながら食べること」として扱われている場合もあります。ですが、これは厳密には「食べ歩き」ではありません。

結論としては、自宅や職場など自分の行動範囲近辺で何かを食べるのが外食。何かそこにしかないもの、そこでしか食べられないものを食べるためにわざわざ出かけることが「食べ歩き」と言えるでしょう。現在で言えば、土地の名物料理よりも、SNSで話題になっているお店の〇〇を食べに行く!というのが一般的かもしれません。もう一つ付け加えるなら、その行動を一度しただけではなく、一日に数か所なのか、一日一か所でも定期的に色んな場所へ行くという連続性があって「あちこち食べてまわる」という「食べ歩き」になるでしょう。

食べ歩きって特別な人がするもの?

そんなにおいしいものに詳しくないし、SNSもやっていないし忙しいし……そんなことで食べ歩きに興味ないと思っているならもったいないですよ!テレビでよくおいしい食べ物や人気のお店が紹介されていますよね。少しでも「おいしそう、食べたいな」と思ったら、時間を作ってでも出かけてみましょう。おいしいものを食べると誰でも笑顔になれるし、幸せな気持ちになれるものです。そんな簡単なことで幸せになれるなんて、すごく素敵なことだと思いませんか?忙しい人ならなおさら、たまの休みにはおいしいものを食べに行って充電して頑張るための活力にできます。

食べ物に詳しくなくても、自分が食べたいと思うものを食べて幸せを感じるということこそが、食べ歩きの意義だと思います。それならどんな人にでもできるし、趣味に費やす時間がない人にこそ、ぴったりの趣味ではないですか。

アフタヌーンティー

2. 食べ歩きを始めよう~準備編

食べ歩きに難しい決まりはなく、誰でもできるとわかったところで具体的な始め方の説明に入ります。気軽にできるものなのですが、やはりきちんと準備した方が効率的だし、より短時間で楽しむためにも準備は必要。準備の時間から食べ歩きの楽しさは始まっているのです。

まずは食べ歩きのテーマを決めよう

ただ、あれを食べに行きたいというのでも構わないのですが、趣味としてマニアックに楽しむなら自分の食べ歩きについてのテーマを決めることをおススメします。やみくもに食べるよりも、ちょっと人とは違う研究っぽい雰囲気が出て、趣味としても深みが加わりますよ。

テーマとしては「スイーツ」「ご当地の郷土料理」「季節の味」「ラーメン」などのように、自分が好きなものを大きくくくったものがいいでしょう。それほど細かく考える必要はなく、まずは気楽に決めましょう。

ラーメンが一番メジャーな食べ歩きかも知れません

テーマについてリサーチを入念に

テーマが決まったら、そのテーマについて色々と調べてみましょう。そのテーマについてインターネットで検索して、ブログやインスタで情報を集めます。とにかく多くの情報を見て、興味をひかれるもの・お店・場所などがあれば、さらにそれについて調べるなどして進めてください。電車の中やランチの時間など、すき間の時間を使って息抜きとして楽しみながら情報収集できますよね。これ!というものが見つかったらスマホで画面保存や、情報を得られるサイトのアドレスをお気に入りに登録しておくことはお忘れなく。

お店選びをする際には、ぐるなびや、食べログなどのサイトを見ると、口コミやお店の写真、予約などもできるので便利ですね。

また、見るだけでもワクワクしてくるような、食べ歩きについての本も参考になるのではないでしょうか。

BUNGO食べ歩きBOOK SELETION2019 押さえておきたい本当におすすめの飲食店 | |本 | 通販 | Amazon

¥1,320(税込)

今回のBUNGO食べ歩きBOOKは、大分県在住の方によるアンケートをもとに、押さえておきたい、本当におすすめの飲食店を各シチュエーションに紐づけて、全111軒紹介しています。

いよいよ実践!食べ歩き計画の立案

だいたい行きたいお店・場所が絞られてきたら、そこへ行くための経路を調べます。次に家からそこまで行くのにかかる所要時間と、そのお店の営業時間、混雑状況と比較的スムーズに入店できそうな時間をリサーチしましょう。有名店なら、その店の名前で検索すれば何時間くらい並んだとか、何時くらいなら並ばず入れたなどの情報を誰かがあげてくれていることが多いので、その検索は必須です。もし見つからなければ、ネット上で質問してみるのもいいかもしれません。それでも情報がない場合は、イチかバチか並ぶ覚悟で行くしかありません。時間には余裕を持って計画を立てましょう。

仮に時間があったとして、その場所の近辺に、他にも行ってみたいお店がないかも調べておきます。何らかの事情でお目当てのお店で食べられない場合の保険としても、一か所は探しておくことをおススメします。お腹に余裕があった場合は食事のデザートも、なんてこともありますので、最低でも2~3件はリストアップして、そこへの移動手段や時間なども調べておくと安心です。

計画では、一人で行くか誰かを誘うかも大きな問題です。おしゃべりしながらだと長い移動時間、待ち時間があっても苦にならないものですが、誰かと一緒だと気を遣ってしまうという人は、一人がいいですね。一人が苦手で時間を持て余すという人は、気を遣わない相手を誘いましょう。

3. 食べ歩きを始めよう~実践編

食べ歩きを楽しむ女性

食べ歩き当日の注意点

計画ができたらいよいよ待ちに待った食べ歩き本番です。一番大切なことは体調を整えることです。前日はワクワクして中々眠れないかもしれませんが、早めにベッドに入りたっぷり睡眠をとりましょう。体調が悪いと、おいしく食べられないし、移動も並ぶことも辛いので、せっかくの食べ歩きが散々なものになってしまいます。
 
もう一つ重要なことは、楽な服装をしていくことです。ウエストがきつくてはたくさん食べられないし、歩きにくい靴では疲れてしまいます。荷物もできるだけ軽くした方がいいですね。

できる限りストレスのない快適な状態で、おいしく食べることに集中することが大切です。

食べ歩きをただの食事にしないために、お店では何をする?

目的のお店に着いたら、まずはその外観を写真に収めましょう。もしも並ぶようなら、その時間も今から食べるものについて想像をめぐらせて、ワクワク感を高めるために使いましょう。

いよいよ念願のお店に入ったら注文です。行列しているお店なら早く注文するのがマナーですが、お目当ての品以外にも魅力的なものがあるかもしれないので、注文後に後悔しないよう、一通りは目を通してから注文しましょう。注文したら、再度メニューをじっくり見てください。メニューにはその店のこだわりが詰まっているので、注文の品が来るまでにそのお店のエッセンスを十分に感じ取りましょう。また来られそうなお店なら、次回食べたいものを考えてみるのもいいですね。可能ならメニューを写真に撮るのもおススメです。

注文の品が運ばれてきたら忘れてはならないのが写真を写すこと。待ちに待ってお腹が空いているとついついすぐに手を付けてしまって、しまった!ということもあるので、まずは目で見て楽しみつつ写真撮影しましょう。そうは言っても、写真に時間を費やし、せっかくのおいしいものが冷めてしまったりするのはいただけません。手早く写真撮影を済ませて、早く食べましょう。おいしく食べることが一番の目的ですからね。その一口のために今まで使った時間をかみしめながら、じっくり味わってください。お友だちと一緒でもおしゃべりは二の次にして、食べることに集中してその味わいを心に刻みましょう。

映える写真撮りたいなー

食べ歩きした後に記録を残そう

念願のおいしい食べ物にありつけたら、できるだけ多くの人にその感動を伝えたいと思うのが人間の心理ではないでしょうか。友だちに会って話すのはもちろんですが、一番手っ取り早いのがやはりインスタグラムなどのSNSですよね。知らない人に公開する意味がわからないと思うかもしれませんが、自分がそれまでにいろいろな情報を得たように、あなたの情報を見てこれ食べてみたいと思う人も必ずいます。また、自分が知りたかった情報を書き添えてあげると、喜ばれるはずです。

また、人間の記憶というのは年とともに薄れていくものなので、数年後自分で見てあれはおいしかったな、これまた食べたいななどと見返した時にいい思い出になるでしょう。自分の思い出として食べ歩きした記録を個人的に残すのでもいいかもしれませんが、せっかくなら情報を広く発信して、誰かの役に立てた方が、より幸せを感じられるのではないでしょうか。

彼女とカフェでケーキを食べる

「ライフワーク」へと広がる食べ歩きの世界!

自己満足のためだけではなく、みんなの役に立てるような情報発信ができるとやりがいも感じられるし、ただの趣味という枠を超えてライフワークにもなっていくかもしれません。そのためには、自分が知りたかった情報として、最寄りの駅からのルート、お店の外観、待ち時間、店内の雰囲気、メニューなども細かく記録していけると、素晴らしいものになるはずです。

より有益な情報を発信できれば見てくれる人の輪が広がり仲間も増えて、有名ブロガーやインフルエンサーになれるかもしれませんよ。そんな大きな可能性も広がる食べ歩きを、ぜひ始めてみてくださいね。

yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ