「はじめて」をわかりやすく。

初めてのスノーボードを楽しむために知っておきたいポイント!

初めてのスノーボードを楽しむために知っておきたいポイント!

スキーは経験者でしたが、スノーボードは全然違うものでした。私は大学3年生のときにはじめて、本格的にスノーボードをやりました。運動神経の良し悪しはあんまり関係ないと感じたスノーボード…。始める前に、準備しておいた方がいいものや心構え、上達するコツについてお伝えします!

ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター


OPEN

目次

2. はじめてのスノーボード準備するもの

スノーボードの板

スノーボードの用具はレンタルがいい?

スノーボードを始める場合は、まずは買わずにレンタルにしましょう。理由は用具の価格が高価になるため、自分に合うスポーツかどうかが判断する前に買うことは避けたほうが良いです。

レンタルする用具は、スノーボードの板、靴、ウェアです。

まず、スノーボード板は身長によっても長さが変わったり、靴もスキー場ではサイズが豊富にあり、貸してくれるのでありがたいです。また、初めてスノーボードをする場合には、右足が前か、左足が前かも聞かれますが、よく分からないと思いますので、利き手と逆の足を前にするようにして下さい。(右利きの場合は、左足)場合によっては足と足の間隔を調整してくれる場所もあるので、ここはレンタルに頼みましょう!

また、ウェアに関しては、こだわりがあったり、もう何度か行く可能性がある方は購入してもいいと思います。ただ、「まだ試しに」ってことならレンタルを利用しましょう!バーゲンなどで買えば、ウェアもそんなに高くないので3シーズンほど行けば元は取れると思います。

一方、「どうしても運動音痴で自信がない」という方はレンタル屋さんでサポーター等がないか確認してみよう!特におしりのパットは、滑っていてもこけるときは絶対に「おしり」をつくことが多いので、ウェアが濡れてしまわないように準備されてもいいかもしれないです。

VAXPOT(バックスポット) スノーボードウェア 上下セット メンズ VA-2022 | Amazon

¥9,999(税込)

充実した機能性を備えたスノーボードウェア。ジャケットとパンツが組み合わさった定番シルエットの上下セット。耐水圧5000mm、透湿3000g、撥水加工済みで安心の機能性。パンツにはサイドアジャスター付きで、サイズ調節も可能。

初めてでも買った方がいいものは?

買った方がいいものは、スキーでも使える小物類の手袋、帽子、ゴーグル、ネックウォーマー、イヤーマフラーです。こちらはあまりレンタルも無いことと、直接肌に触れるものが多いため、自分で揃えた方が良いです。

この中でも一番大事なのは手袋とネックウォーマーです!どんな時期に行くのかで非常に左右されますが、全部あると安心です。手袋は防水性のものでないと靴の脱ぎ着もそうですし、ボードの雪を払ったり、ボードをつかんだりもするので絶対に必要です。

また、帽子は防寒のためにあるといいと思います。また、帽子があるとゴーグルも装着しやすいという利点もあります。(一方、帽子はウェアのフードで代用する人もいます)

ネックウォーマーは安いもので1000円しないものもあります!雪山は、天候に左右されやすいので、あって損はないです!あるだけで全然防寒が違いますし、こけたときに雪がウェアの中に入ることも防いでくれます!!私は、800円くらいのものを愛用してます。

小物は全部揃えても1万円しない金額で買えます。そのため、ワンシーズンしか行かない場合は友達などに借りてもいいし、買うことをおすすめします。もう絶対行かない!という方はレンタルでもいいと思いますが、顔などに触れるものなので…私は購入をおすすめします。

EXIO(エクシオ) 防寒 ネックウォーマー フェイスマスク 男女兼用 フリーサイズ | Amazon

¥890(税込)

高所登山や冬山でも頭部をしっかり守ってくれるネックウォーマー。伸縮性に優れ、通気性も抜群。口元が凍りつきにくく、エアーホール構造が呼吸を楽に。小さく丸めればポケットに楽々収納できる手頃なサイズ感も◎。

31 件
ニュー子

この記事のアドバイザー

ニュー子

新しいものに飛びつくバブル世代ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ