「はじめて」をわかりやすく。

字がキレイって憧れる!書道で“書く”練習をはじめてみよう

字がキレイって憧れる!書道で“書く”練習をはじめてみよう

パソコンやスマホが普及したことで、文字を書かなくなった現代人。久しぶりにペンを持てば字が綺麗に書けず、更には漢字を思い出せないことも……。そんな大人にこそ挑戦してほしいのが、書道。字を美しく書けるだけでなく、心を落ち着ける効果も期待できるでしょう。初めて書道を行う際にあたっての良さ、ポイントなどをご説明いたします。

たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター


OPEN

目次

3.書道がもたらすメリット

書道で集中力がアップ

私達は普段の生活では、紙とペンを使います。筆と半紙を利用して作品を書き上げる機会って、なかなかありませんよね。慣れていないうちは筆を扱うことさえ難しいので、意識を集中させなくてはなりません。よって書道は、集中力のアップにつながるのです。

ペンや鉛筆とは違い、書き直しも出来ないのです。少し雑に扱えば、半紙にピピッと墨汁が飛んでしまうことも・・・!

何より半紙は非常にデリケート。墨をたっぷりつけすぎるとうっかり破れてしまう可能性も高いのです。道具を丁寧に扱うように心がけるため、より集中力が高まる、ということなのですね。

集中

書道はストレスの緩和にも◎

書道は慣れるまでに時間がかかるため、逆にストレスが溜まりそうなイメージも強いですね(笑)。書きづらい、墨で衣服が汚れる危険性がある、思ったように書けない、などなど、最初はなかなかうまくいかないと思います。

しかし書いて集中することで、その一時でも普段の生活を忘れることができるのです。

もしうまく書けたのなら、達成感さえ感じることでしょう。筆で「とめ」「はね」「はらい」を書くのは少し難しいのですが、上達すれば感動さえ覚えるはず。

「書道をしている時は嫌なことを忘れられる」という人がいるほど!没頭することで脳もリラックス効果が得られるので、瞑想と似たような状態になるそうです。よってストレスの緩和に繋がるということですね。

墨を磨る意味とは

学生時代、書道の授業で墨を磨るのが面倒臭いと思っていた人は多いと思います。墨汁という便利なアイテムもありますし、毎回墨を磨らされる意味が分からない!なんて意見もきっとあることでしょう。

けれどもこの行為には心を落ち着ける効果があり、精神統一にもなります。墨の香りは我々の心を静めてくれ、書道を開始するにふさわしい落ち着きをもたらしてくれるのだとか。書道を続けていると、不思議と墨の香りを嗅ぐとほっとするようになるんです(笑)

墨はゴシゴシと力を込めるのではなく、ゆっくり優しく円を描くように行うのがポイント。学生の頃上下にゴシゴシ磨る人も多かったとは思いますが、実は優しく・水は少量ずつ加えていくことが大切となります。

墨運堂 固形墨 筆之友 漢字練習用 1.5丁型 00402 | Amazon

¥826(税込)

墨色:やや濁りのある薄茶鼠系の黒
濃墨の墨色:厚みのある黒
紙箱入り
「鉱物性直火焚松煙」使用
漢字練習用墨

墨と筆で美しく!書道で綺麗な字が書けるようになろう

少し始めるハードルが高いかもしれませんが、一度書き始めればその魅力に病みつきになってしまうはず。筆で書くというシンプルな行為ですが、非常に奥が深い世界です。

字が上達するだけではなく、精神面など様々な効果をもたらすため、大人になった今こそ挑戦してみて頂きたいものです。

1 2 3
Next >
30 件
たかなし亜妖

この記事のアドバイザー

たかなし亜妖

フリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ