「はじめて」をわかりやすく。

気楽にはじめられる!ヒトカラ(1人カラオケ)を楽しもう!

気楽にはじめられる!ヒトカラ(1人カラオケ)を楽しもう!

カラオケはしっとり歌うもよし、みんなでワイワイ盛り上がるのもよし、色々な楽しみ方がありますよね♪歌が好きな人も、苦手な人でも楽しめる今話題の「ヒトカラ(一人カラオケ)」をはじめてみませんか?「ヒトカラ」のメリットや楽しみ方などを紹介していきます。

roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子


CLOSE

目次

1.ヒトカラ(一人カラオケ)のメリット・デメリット

ヒトカラ(一人カラオケ)のメリットは?

歌は苦手だけどカラオケが好きなひと、雰囲気が好きな人カラオケ好きにも色々ありますが、一人カラオケの良いところは好きな歌を気兼ねなく歌えて、誰にも邪魔されないこと!

みんなで行くのは楽しいですが、歌うことが得意じゃない人でもひと目を気にせずに楽しめます!一人カラオケなら同じ曲を歌い続けても誰も何も言いませんし、マイナーすぎて人前ではちょっと…という方やサビしか知らないけど歌ってみたいなっていう時ありますよね。そんなときでも好きな曲を歌えます。

採点を付けたり、発声練習も出来るので歌の練習にはもってこいです。また、録音機能がある機種もあるので全国の方と歌のコラボをしたり、聴いてもらうこともできるのでより一層楽しめると思います!ひたすら好きな曲を歌い続けたい方は待ち時間がないので、思うがままに歌えますよ。

私もヒトカラに行くと5~6時間歌っています。

ヒトカラ(一人カラオケ)のデメリットはあるの?

メリットはたくさんありますが、デメリットもないわけではありません。まずは貴重品の管理です。ドリンクバーやお手洗いで部屋を離れる際に自己管理する必要があるので少し手間に感じます。

デメリットとまでは言いませんが、はじめて一人カラオケに行こうとした時、さすがに人目が気になりました。受付のときに「ご利用は何名様ですか?」「一人です」と言うのに最初のうちは抵抗がありました。スムーズに受付を済ませたい方は『カラオケの機種』『利用時間』、場所によっては最初に『ドリンク』を聞かれることがありますので決めておくと良いと思います。

また、一人の利用になると時間を制限される場合があります。特にカラオケを利用するお客さんが増える時間帯や集まりやすい週末などです。料金についても『一人一時間いくら』というお店が多い中、『一部屋一時間いくら』というお店もあるので、一人カラオケにはあまり向きませんね。

2.ヒトカラ(一人カラオケ)の楽しみ方

採点機能を使ってみよう!

最近のカラオケは採点の機能が充実しています。精密採点をもとにバトル形式で歌うまを決める番組『歌うま選手権』などもこの採点機能を使っています。どんな採点メニューがあるか、DAMの機種でみていきます。

・『精密採点DX』
メロディーに合わせて歌えているか、こぶし、ビブラート、しゃくり、抑揚など歌声を徹底的に分析してくれます。テレビ番組でもよく使われています。自分の歌い方の癖なども分かるので練習にはオススメです。

・『ランキングバトル』
曲別に全国ランキングがリアルタイムで分かるようになっています。月ごとに更新されていきます。これはなかなか燃えますね!

・『完唱!歌いきりまショー!!(激辛)』
練習の後はこの機能を使って歌ってみるのもありですが、クリアできないと歌が終わってしまいます…一人カラオケでこれをすると割と虚しい気持ちにもなりますが、歌いきれたときは自分の持ち歌として多人数でカラオケに行ったときに自信を持って歌えそうです!辛口というのは審査基準がハードになったバージョンなので、本当に自信のある歌を挑戦してみてはいかがでしょうか。

・DAMボイストレーニング
音程やリズムから、ビブラートの練習などをクリアしていくとステップアップしていけるようになります。

歌を録音してみよう!

DAMの機能には動画を使ったり、録音をして楽しむことができます。DAM★ともに登録するとLIVE DAM機能で録音し、DAM★ともユーザー同士でコラボできたり、サイト上にアップして聴いてもらうことができます。

DAM★とも動画という機能は、実際に動画としてアップできます。私は恥ずかしくて試したことがないですが、動画のほうが公開したあとにみてもらえやすいのかなと思います。
振り付けがある曲に限らず、しっとり歌うものもよしなので、動画機能を試してみても良いと思います。いろいろな人と繋がりたい、自分を知ってもらいたい方には動画でも楽しめると思います。

DAM★ともに登録すると、精密採点やデンモク記録なども残るので登録して楽しんでみてはいかがでしょうか。

3.ヒトカラ(一人カラオケ)するならココ!

ヒトカラ(一人カラオケ)専門店

一人カラオケ楽しむための専門店やカラオケルームがあります。一人カラオケ専用の部屋の特徴としては、個室になっており、レコーディングスタジオのような本格的なヘッドホンやマイクなどの機材を揃えているので、プロになった気分で楽しめます!どんなお店があるか一部ですが紹介していきます。

『ワンカラ』

宇宙船をイメージしたカラオケルームや女性専用もあるので心配な方には安心です。料金は時間帯によって変わりますが、250円/30分~500円/30分となっています。
フリータイムは2種類あり、時間帯や平日と週末によっても値段が異なります。たくさん歌いたい方は1時間からの利用になるのでフリータイムのほうが良さそうですね。

『カラオケ館ひとりカラオケルーム』

こちらも本格的なレコーディングスタジオと同じように楽しめる仕様になっています。店舗によってカラオケルームの有無や料金が異なるので各店舗にお問い合わせしてみてください。

『カラオケアドアーズ』

門前仲町店・秋葉原店があります。秋葉原店では10F(13部屋)が一人カラオケ専用フロアとなっています。ヘッドホンの無料貸出やうたスキ動画(JOYSOUND)に参加できる専用カメラも配備しています。ソフトドリンクは飲み放題となっています。参考にしてみてください。

オススメの時間帯、お得にする方法は?

一人カラオケ専門店や専用ルームでなくても一人カラオケを楽しむことができますが、利用者の多い曜日や時間ですと入れないことがあったり、タイムカットの対象になってしまいます。せっかく調子が良くなってきたのに退出させられてしまうのは悲しいですよね。思う存分歌えてお得に楽しむための時間帯や料金を見ていきましょう。

まず、オススメの時間帯は平日の昼間です。学校や仕事があるので空いていることが多く、夜の値段よりも安いのでおすすめです。だいたい平日の昼間に歌っている方は同じように一人カラオケが好きな方や時間に余裕のある世代の方々だと思います。

利用料金を少しでも安くしたい方は3時間以上の利用ですとフリータイムのほうがお得になりますので、時間あたりの利用料金と照らし合わせて時間設定をすると良いと思います。また、会員割引やクーポンがもらえることもありますので会員証を作っておくとお得に楽しめると思います。

1人の時間の楽しみ方のひとつとして

今では友達同士でカラオケに行っても部屋を別にする人もいると聴いたことがあります。結構当たり前になってきているようですね。録音や動画は身近な友人には見られたくないけど、同じ目的を持つ者同士で楽しめるのも魅力の一つかもしれません。

一人で過ごしても孤独を感じない世界を作れるのも音楽や歌の力かもしれませんね。

roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ