「はじめて」をわかりやすく。

始めるなら今!ゴルフの始め方をお教えします服装や必要な準備などをご紹介

始めるなら今!ゴルフの始め方をお教えします服装や必要な準備などをご紹介

石川遼選手の活躍や渋野日向子選手の全英優勝など。ニュースなどでゴルフが取り上げられることが多くなっています。やったことないけど、ゴルフ始めてみようかな。そう考えている方も多いと思います。そこで今回初めてゴルフを始める方向けに、必要なもの、費用、どこに行けばいいかなどを解説していきたいと思います。

ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン


CLOSE

目次

1.まずはじめに、打ちっぱなしに行ってみよう!

 ゴルフを始めたいと思ったとき、いきなりコースに出るのもいいですが、まずボールを前に飛ばせないようでは、コースを回り終わるの大変です。後ろの人も詰まっているので、待たせてしまうことも考えられます。ですのでまずはゴルフ練習場、通称打ちっぱなしに行ってみるのが良いでしょう。打ちっぱなしの料金は大体1時間2千円前後、会員制のところだと1万円前後となっています。

必要なものを用意しよう

 打ちっぱなしで必要なものはグローブとクラブくらいです。あとは動きやすい服装に滑りにくいスニーカーなどを履いていけば十分です。クラブは練習場で借りれますので、必要にものはグローブのみです。グローブもレンタルできるところもあるのですが、肌に触れ、思い切り汗もかくので、あまりレンタルはおすすめしません。グローブは千円から2千円ほどで買えるので、この際購入してしまうことをおすすめします。ゴルフ練習場で売っていることもありますし、なければゴルフショップやネット通販で買うことが出来ます。

 グローブの選び方ですが、まず右打ちなら左手用、左打ちなら右手用のグローブを選んでください。そのうえで、実際に手につけてみて、ややきつめのサイズを選びます。キツめでもはめてくうちに伸びてぴったりになるためです。逆に良くないのは大きめのサイズを選んでしまうこと。これだとクラブを握ったときにシワなどが邪魔をして、しっかりクラブを握ることが出来ません。メーカーやモデルによって違いがないわけではないのですが、ごく僅かですので、思い切って自分の好みのデザインものを選んでしまっても大丈夫です。

 クラブのレンタルですが、まずはアイアンをレンタルするのをおすすめします。確かに当たると気持ちいいのはドライバーなのですが、ゴルフではアイアンのほうが使用頻度が高いからです。レンタル料は大体1本200円前後です。

うまく打つためのコツ

 打ちっぱなしに行ってクラブを握ってボールを打ってみても、最初のうちはうまく当たらないと思います。空振りをしたりダフったり、それが当たり前です。最初のうちは友人に教えてもらうなり、youtubeのゴルフ動画などを見たりして、正しいフォームでスイングできるように試行錯誤することになると思います。

 まず初めてゴルフをやる人におすすめするのは、最初から思いっきりクラブを振りかぶるのではなく、まずはバックスイングを小さく、コンパクトに振ることから始めましょう。そうすることで飛距離は出ませんが、確実にボールに当てることができるようになると思います。それが確実にできるようになって始めて、フルスイングでボールに当てることに挑戦してみましょう。

2.ゴルフショップでのグッズ選び

 打ちっぱなしに通い、ある程度ボールを打てるようになったら、やはりコースに出たいと思うものです。コースでクラブなどをレンタルすることが出来るので、手ぶらで行っても大丈夫なのですが、やはり本格的にゴルフをやるからには自分のクラブを揃えたいもの。そこでこれからコースデビューに必要なものの選び方について、簡単にお教えしたいと思います。

はじめてのゴルフシューズ選び

 まずはシューズですが、大きく分けてスパイク付きとスパイクなしの2種類のシューズがあります。スパイク付きのシューズのほうが、地面をしっかりと捉えて安定するので良いのですが、ゴルフコースでしか使えません。スパイクなしのシューズですと、ふつうの運動靴とほとんど変わらないので、打ちっぱなしでも、普段使いでも、どこでも使用することができ何かと便利です。

 値段はピンきりで、5千円位のものから2~3万円のものまでありますが、私は最初は1万円以内で買えるスパイクなしシューズを買うことをおすすめします。

[ニューバランス] ゴルフシューズ MGS574 スパイクレス

¥14,040(税込)

洗練されたアッパーデザインで展開する好評の「574」スパイクレスモデルに、スタイリッシュな“モノトーンパック"全3色がユニセックスサイズで登場。抜群のフィット性と軽量性、心地よいクッション性と確かなグリップ性でプレーを快適にサポート。

はじめてのゴルフクラブ選び

 次に揃えるべきはクラブですが、クラブはまともに揃えようとするとかなり高くつきます(軽く10万以上かかります)。ですが中古品やセール品を狙えば、10万以下でクラブを揃えることも可能です。用意すべきクラブですが、最低でもアイアン、ウェッジ、パターは用意しましょう。アイアンは飛距離がそれなりに出るクラブ、ウェッジはカップまでへの距離が少ないときに使うクラブ。パターはグリーン上でボールを転がすときに使うクラブです。

 クラブには他にもドライバー、フェアウェイウッドやユーティリティなどがありますが、初めてのゴルフで必要になってくるのは、長い距離を飛ばしたいときに使うドライバーくらいでしょうか。ちなみにゴルフで使って良いクラブの本数は14本以内と決められています。ですが初めてであれば14本すべて揃える必要はありません。

 さて、では数あるクラブの中からどれを選んで買えばよいでしょうか。これは非常に難しい問題です。その人の打ち方のくせ、望む性能等によって適したクラブは異なるからです。これを最大14本選ぶのですから、大変です。ですので初心者の方には思い切って必要なクラブがセットになっているクラブセットの購入をおすすめします。

Callaway(キャロウェイ) メンズ用 クラブセット WARBIRD 10本 キャディバック付き 2019年モデル

¥60,800(税込)

WARBIRD クラブ10本セット
ウッドはブラックPVD加工で高級感アップ
キャディバッグもPU素材多く使用、高級感アップ、フード付き
型:9型
口枠:5分割
ネームプレート:有り
ウッド/パターヘッドカバー付き
パター:WhiteHotPro2.0#1/34インチ
シャフト:キャロウェイオリジナル
バランス:W#1/D0、W#5/D0、5i/D0、6i/D0、7i/D0、8i/D0、9i/D0、PW/D1、SW/D3
セット内容 ウッド:カーボン(R) アイアン:カーボン(R)

その他の必要な小物

 その他にもゴルフには様々な必要なものがあります。ボール、マーカー、ティーなどです。ボールは12個から20個くらい持っていくといいでしょう。初めての人はロストボールという中古のボールでも十分です。ボールには自分の名前を書いておくと、他の人のボールと間違えずに済みます。
 
 マーカーはグリーン上で他の人のショットのじゃまにならないようにボールの代わりに置くコインのような形の目印のことです。ティーはボールを乗せる軸のようなもの、他にもグリーンにボールが落ちたあとを修復するグリーンフォークや、スコアカードを用意しておきましょう。

3.初めてのゴルフコースデビュー

 ゴルフ初心者の方に向いているコースとして、ショートコースというものがあります。明確な定義はありませんが、ボールを遠くに飛ばせない初心者の人でも楽しめるように、短めに作られたコースのことをショートコースといいます。ショートコースといえども、初めてのコースはわからないことだらけだと思います。

まずはショートコースから始めよう!

 ゴルフ初心者の方に向いているコースとして、ショートコースというものがあります。明確な定義はありませんが、ボールを遠くに飛ばせない初心者の人でも楽しめるように、短めに作られたコースのことをショートコースといいます。ショートコースといえども、初めてのコースはわからないことだらけだと思います。

できれば経験者の方と一緒に行くことをおすすめします。電車で行っても良いのですが、荷物が多くなると思いますし、ゴルフコースはだいたい駅から離れたところにあります。できれば車を用意しましょう。ショートコースのある場所はインターネットなどで調べればすぐに分かると思います。ネット予約も出来るところが多いので、探してみてください。

 都内にあり、利用しやすいショートコースとして、足立区の新東京都民ゴルフ場、葛飾区の江戸川ラインゴルフ場、調布市の東邦調布スポーツパークなどがおすすめです。

準備するもの、ルールなど

 動きやすい服装、眩しくないように帽子あるいはサンバイザー、タオル、飲みもの、貴重品など、あとは今まで書いた必要なものすべてを持っていきます。個人差はあると思いますが、かなりの分量になります。コースを回る際にはゴルフバッグに必要なものを入れて回ることになるのですが、かなり重くなるのでゴルフバッグに入れるのは必要最低限のものにして、残りは車の中、もしくはフロントに預かってもらうようにしましょう。

 また、コースのよってはドレスコードがある場合があります。事前にチェックしておきましょう。ゴルフバッグを担いで回るのがしんどい人は、カートを借りることも出来ます。ショートコースの料金は大体1人1日5千円前後、昼食が付く場合もあります。

はじめてのショートコースでの立ち回り

 いよいよ本番、クラブハウスでチェックインを済ませ、料金を支払います。指定された時間になったら、コースに向かいます。まずは1番ホールにむかい、ティーインググラウンドでティーにボールを載せ、7番アイアンなどで打ちます。その後ウェッジなどを使ってグリーンに乗せ、パターでカップにボールを入れます。

 最初のうちはボールがまともに飛ばなかったり、ボールを見失ってしまうこともあると思いますが、ルールにがんじがらめにされずに、ホールに近いところから始めたり、自分が楽しめるようにアレンジしてやってみましょう。またボールを探すときや、後ろが詰まってしまっていて、待たせるのが心苦しいという方は後ろの人達を先にプレーさせてあげましょう。他の人がまだコースにいるときにプレーを始めるのは基本的にはNGです。ティーインググラウウンドの近くにはベンチや灰皿がおいてあることが多いので、焦らずゆっくり待ちましょう。

 1番ホールが終わったら2番、3番と続けて回ります。ホール数はコースによってまちまちですが、大体9から18ホールくらいまであります。途中でクラブハウスでお昼をとってもかまいません。最終ホールまで回ったら終わりですが、1日回り放題のコースの場合は再び1番ホールから回ることもできます。もちろん疲れたら途中で切り上げることも出来ますので、無理せずにプレイするようにして下さい。

めざすは本コースデビュー

 ショートコースに通い詰め、物足りなくなってきたら、いよいよ本コースデビューのときです。ですが本コースは距離も長いですし、難易度も高いことが多いです。それなりの実力をつけてから挑みましょう。ゴルフはそれなりにお金がかかるスポーツですし、上達までの時間もかかります。ですが、あまり筋力や体格に左右されないという面もあります。年配の方でもプレーできますし、大自然の中でもプレーは心も洗われる気がします。

 また、ゴルフは紳士のスポーツです。ドレスコードやマナーが他のスポーツに比べて厳しく見えるのも、それ故です。みなさんも今後ゴルフを続けていくにあたって、ゴルフの上達はもちろんですが、ゴルフの精神を体得して、楽しくそしてスマートにプレイできるようになることを願っています。

ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ