「はじめて」をわかりやすく。

「どうぶつの森」をはじめて「のんびりスローライフ」を楽しもう!

「どうぶつの森」をはじめて「のんびりスローライフ」を楽しもう!

仕事に追われる、子育てに追われる、毎日忙しい、そんな現実からちょっとだけ逃避して、のんびりまったりなスローライフを『どうぶつの森』で堪能してみませんか。「しなくちゃならないこと」がほぼ、ない、そんなゲームのご紹介です。

Evelyn

この記事のアドバイザー

Evelyn

スローライフ派/元編集者


CLOSE

目次

1.『どうぶつの森』はこんなゲーム

もともとはNINTENDO64のゲーム

どうぶつの森 コントローラパック同梱

¥8,000(税込)

どうぶつの森 コントローラパック同梱

『どうぶつの森』は、2001年にNINTENDO64用に開発・リリースされたゲームソフトです。任天堂が64向けにつくった最後のゲームソフトでしたが、派手なアクションや壮大な冒険もないのに、若い女性や子育て世代を中心にじわじわと評判が高まり、最終的に32万本を売り上げました。

その後、ゲームキューブ版『どうぶつの森+(プラス)』、ニンテンドーDS版『おいでよ どうぶつの森』、Wii版『街へいこうよ どうぶつの森』、ニンテンドー3DS版『とびだせ どうぶつの森』と、新しいゲーム機登場のたびに、常に新しいソフトがリリースされる人気シリーズになっています。

のんびり、まったり、スローライフ

もちろん、画像のきれいさとか、新しい機能(サービス)とか、機種が新しくなるにつれてどんどん進化してはいるのですが、どの機種のソフトも基本はすべて同じです。

「するべきこと」などない、のんびり、気ままに遊べる「生活」であること。普通ゲームソフトは、「世界を救う」とか「敵を倒す」とか「〇〇まで到達する」とかの目標というか課題があり、それをクリアする過程を楽しむものなのですが、この『どうぶつの森』シリーズについていえば、そういった課題は一切ありません。
では何をすればいいのか。

できることはたくさんあります。虫を捕ったり魚を釣ったり、木を植えてくだものを収穫したり、花を植えたり、それらを売って金稼ぎをしたり、家のインテリアに凝ったり、服などに使うテクスチャーのデザインを考えたり、村に住んでいる住民のどうぶつたちと交流したり、別の村に住んでいる別のプレイヤーと交流したり。

でも、それらはすべて「しなくてもいい」ことです。何をして何をしないかは、本当にプレイヤーの自由。なので、「何をしていいかわからない」と言う方もいます。でも、普段日常生活で「しなくてはならない」ことに追われていると、がんばらなくていい、だらだらしてていい、そんな「ダメダメな自分」が許される世界を持っていることは、ある意味実生活とのコントラストがあって、現実の生活リズムにハリが出たりもします。

『どうぶつの森』での時間の進み方は、現実世界と同じように流れます。なので、現実世界と時刻をほぼ同じにしておいて、自分が眠る時間には村も夜にして、スローライフで一日を終えるやり方もあれば、逆に現実で帰宅した後に、ソフトでは昼になるよう設定して、昼しかできない遊びを満喫するのもありです。

もちろん、ソフトの中の自分の「村」を、がっつりきれいに仕上げて保ち、虫や魚の捕獲だけでなく、金稼ぎに精を出す人もいて、それもまた「自由」です。
「しなくてはならない」を選ぶ・選ばない自由もあるということです。

今リリースされているゲームは2つ

『とびだせ どうぶつの森』と『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の2つです。

2019年現在、遊んでいる方が多くいるソフトは、3DS版の『とびだせ どうぶつの森』と、スマホアプリ版の『どうぶつの森 ポケットキャンプ』でしょう。それ以前のソフトも、ゲーム機が作動すればもちろん遊べますが、いつでも持ち歩けて起動できるこの2つが主流です。

『とびだせ どうぶつの森』は3DS版のソフトですので、3DSのゲーム機が必要ですし、ソフトも入手しなければなりません。ソフトはパッケージカセット版もありますが、DL版もあります(ダウンロードにはニンテンドーアカウントが必要になります)。

とびだせ どうぶつの森 - 3DS

¥4,060(税込)

のんびり、自由きままに村づくりを楽しむ、どうぶつたちとのほのぼの生活

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は、スマホ・タブレット対応のアプリです。無料ですが、パケット通信費はかかりますし、一部課金もあります。iOS9.0以降、AndroidOS4.4以降の機種に対応しています。

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』アプリ

iOS版:https://apps.apple.com/jp/app/id1179915619
Andoroid版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nintendo.zaca

『どうぶつの森』シリーズの特徴として、ゲームを始めたばかりの遊び方のアナウンスがよくできているという点があります。最初だけは、遊び方を覚えるために、指示に従って操作をすることになりますが、どこに行って何をすれば、ゲームのやり方が自然とわかるようなチュートリアルになっているので、とっかかりがとても安心なのです。特にアプリ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は、どこをタップすればいいか指差しがきちんと出るので、操作が楽です。

2.『とびだせ どうぶつの森』

3DSで遊べるスローライフ

3DS版『とびだせ どうぶつの森』は2012年11月にリリースされたソフトです。発売されてから実はかなり経っているソフトなのですが、まだ遊んでいる方はけっこういらっしゃいます。

3DSという、携帯でき、それなりに機能の高いゲーム機でプレイすることで、いつでもスローライフを持ち歩けるこのゲームの特徴は、細く長くつきあえるという点です。このゲームには終わりが基本ないので、エンディングという概念もありません。

『どうぶつの森』はだらだら遊びができるゲームだと述べましたが、実はめちゃくちゃ凝ることのできるゲームでもあります。きちんと交配して管理しないと咲かない色の花とか、長いことプレイしてはじめてコンプできるコレクションとか、壁紙やじゅうたんの柄を自分でデザインして、それで服や家具をカスタムし、自分好みのレイアウトができるなど、自分が納得するまでずっと遊び続けられる、息の長いゲームなのです。

地形や名産品がランダム、でもそれがいい

ゲームソフトを初めて起動すると、電車に乗っているシーンから始まります。「みしらぬネコ」に誘導されるままに駅に着き、そこが自分の村となるのですが、村の形状は全くのランダム。自分の家の位置、川や池の場所、海岸線の形、地面の模様、そしてその村で取れる名産品のくだもの。はじめて降り立った村をくまなく歩いて探検する時のワクワク、うきうきした気分は、なかなかなものですよ。

それは現実の世界で、自分が初めての土地で、どこに住むか、近所には何があるか、どういう人が住んでいるか、といったことを少しずつ情報集めをしながら、そこでの生活に自分を適用させていく、そのプロセスに似ています。

住民や他のプレイヤーの生活も見れるおもしろさ

自分の家を自分の好きなようにつくれるように、村に住んでいる別のどうぶつの家も見ることができます。どうぶつは全部で333種類いますが、ビジュアルもキャラクターも全部異なります。しかもけっこう強烈。

村に住んでくれるどうぶつは最大10人(?)で、それぞれの家を訪問すると、見た目や口調、着ている服、置いてある家具、かかっている曲まで、きっちり個性を主張していて楽しいです。仲良くなると、自分のプレゼントした家具とかを置いてくれるのですが、せっかくの彼らの個性を壊してしまうみたいで申し訳なかったりします。

同じように、他のプレイヤーの村の様子も見ることができます。村の地形はランダムだと前段で述べましたが、本当にプレイヤーが遊ぶ村ごとにがらっと変わります。基本的に同じなのは真北にある駅の位置だけです。

他のプレイヤーと、コードを交換したり近くで通信したりして、村同士で行き来ができるのですが、他の村に行くと、その地形の違いがとても面白い。プレイヤーの家だけでなく、村につくっている公共物とか、橋の場所とか、植わっている木や花とかにも、プレイヤーの個性や好みがあふれています。

友達にならなくても、他のプレイヤーの村をのぞき見するようなしくみもつくられています。そういう、のぞき見ができる店がある、という設定で、プレイヤーが登録した村の様子を歩いて見られるのですが、もちろん、のんきに遊んでいるから公開したくない、という人は登録する必要はありません。のぞき見はできるので、よその村の様子だけ見歩くこともできます。逆に、めちゃくちゃ面白く村をつくりこんで公開し、他のプレイヤーに楽しんでもらおうという方もいるので、そういう村を探す楽しみもあります。

【とびだせどうぶつの森】夢見の館で他のプレイヤーの村を探検

3.『どうぶつの森 ポケットキャンプ』

いつも持ち歩ける手軽さ

のんびり虫捕り中/ゲーム画面キャプチャ

一方『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は、従来通りの『どうぶつの森』ではなく、そのスピンオフ版とも言えるアプリです。これまでのシリーズでは舞台はすべて「村」なのですが、このアプリでは「キャンプ場」になります。
自分がキャンプ場の管理者になり、あちこちのエリアにバカンスに来ているどうぶつたちと仲良くなって、キャンプ場に来てもらい、どんどんキャンプ場をにぎやかにしよう、というゲームです。

そういう意味では、今回のアプリは「目的」が少しはっきり目のゲームかもしれません。ただ、どうぶつたちとの交流も、どんなふうにキャンプ場をつくるかも、プレイヤーの裁量に任されていて自由な点は変わりません。気分が乗った時にはさくさくお願いをかなえて、素材を集めて家具をつくり、乗らなければのんびり海岸で貝を拾っていてもいいのです。

それがスマホという、究極の持ち歩きゲーム機でできるところが、このアプリの一番のキモでしょう。ちょっと時間が空いたときにできる、なんだか忙しくて疲れてしまった時、気持ちを少しゆるっとさせたい時、手軽に始めてさくっとプレイできるのが、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の良さだと思います。

どうぶつのお願いをかなえる「神」的気分

このゲームは、キャンプ場周辺のエリアに遊びに来ているどうぶつたちのお願いをかなえて、仲良し度を上げ、キャンプ場に来てもらうのが目的です。同時に、お願いをかなえた時にもらえる素材で家具をつくり、キャンプ場を好みのかたちに整えていくゲームでもあります。

お願いと言っても、「さくらんぼが欲しい」とか「タコ釣ってきて」とかの、周辺エリアへ行って何かすれば対応できるようなものばかりなので、それほどの手間ではありません。「なんだパシリじゃん」と思わず、どうぶつのお願いをことごとくかなえる「神」になった気分で楽しんでしまいましょう。

期間限定のイベントも盛りだくさん

期間限定家具「フータのけんきゅうデスク」/ゲーム画面キャプチャ

どうぶつと仲良しになっていく過程で、入手できる家具のリストはどんどん増えていくので、シリーズ家具を揃えていくとそれなりに達成感はありますが、そこはスマホアプリの強み、配信ならではの期間限定家具なども随時リリースされます。

これまでのシリーズにもそういった限定家具はあったのですが、季節感のあるものや、他コンテンツとのコラボなどのイベントが強調されていて、「あ、ちょっと欲しい」と思えるようなものがたくさん登場するのも、アプリ版の特徴です。

いつでも、ずっとこれからも、のんびりまったりのスローライフ

これまでNintendo Switch向けの『どうぶつの森』はまだ発売されていなかったのですが、2020年3月に、シリーズ最新作、Switch版『あつまれ どうぶつの森』がリリースされることが決まっています。

『あつまれ どうぶつの森』の舞台は無人島。しかも、これまでは購入していた道具もDIYで手作りするらしいです。面白そうです。

でもきっと、のんびりまったりのスローライフ、という一貫したテーマは変わらないはず。
シリーズのどの作品でも、ぜひ、スローライフを楽しんでプレイしてみて下さいね。

Evelyn

この記事のアドバイザー

Evelyn

スローライフ派/元編集者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ