「はじめて」をわかりやすく。

初めての一人旅でも楽しく過ごすためのコツを伝授

初めての一人旅でも楽しく過ごすためのコツを伝授

旅行に行ったことがある方は多いと思いますが、一人旅となるとどうでしょうか?一人でいっても寂しいんじゃないか?そう考えてしまって行きたくても躊躇してしまう方も多いではないでしょうか。そこで一人旅ならではの醍醐味を味わうためのコツを、初めて一人旅にいく方に向けてお教えします。

ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン


CLOSE

目次

1.はじめての一人旅に向けて準備すべきこと

一人旅で必要になるもの

一人旅で用意すべきものは基本的に普通の旅の用意すべきものと同じですが、一人の時間を楽しめるグッズを色々と用意していくとより一人旅を楽しめます。スマホで一人の時間の寂しさを紛らわせるのもいいですが、ここは是非本を手に旅に出ましょう。本がかさばるのであれば電子書籍でもOKです。旅先に関係のある本であれば、旅の楽しさも倍増します。

また、携帯ゲーム機を持っていくのもいいでしょう。もちろんこちらもスマホゲームでもOKです。ホテルで過ごす夜、好きなだけゲームをしても誰にも怒られないし、迷惑もかけません。他には音楽を聞いたり、スマホやタブレットで映画を見てもいいでしょう。

そしてやはりこれもスマホで代用できるのですが、カメラがあると旅の思い出を保存することが出来ます。こうしてみてみると、やはりスマホは便利です。ですがそんなスマホも電池がなくなってしまってはただの板です。充電器とモバイルバッテリーは絶対に忘れないようにしましょう。

一人旅のメリットとは

最大の一人旅のメリット、それはやはり一人の時間を楽しめることです。SNSなども発達した昨今、なかなか一人きりの時間を持つことが少なくなってきていると思います。ですが一人旅に出てしまえば、仕事や友人に呼び出されることもなく、自由に自分の時間を使うことが出来ます。旅行プランも自分の自由に決めてOK!急な予定変更をするのも自由です。疲れたら予定を切り上げてホテルでゆっくり一人で過ごすのもいいでしょう。

 そして一人旅の第2のメリットは人との出会いです。2人以上で旅をしているとどうしてもその人達とだけ話してしまい、旅先の人や、同じ一人旅仲間と親しくなることはあまりないでしょう。1つ目のメリットである一人の時間を楽しむこととは少し矛盾するのですが、一人旅をしていると、旅先の人や同じ一人旅仲間と親しくなる機会も増えます。一期一会の出会いになるかも知れないですし、本当に親しくなれば、連絡先を交換してその後も交流を続けてもいいでしょう。

一人旅のデメリットとは

一人旅には良いところもあれば悪い所もあります。最大ものもは孤独による寂しさでしょう。例えば旅先でなにか感動することがあってもそれを仲間と共有することも出来ません。家族連れや友人・恋人同士のグループを見て、寂しさを感じることもあるでしょう。

疲れて夜ホテルに泊まっても、やはり一人だと寂しさを感じてしまうかも知れません。ほかにもデメリットとして、いざというときに助け合える仲間がいないということがあります。道に迷っても相談できる人は周りの知らない人だけです。

2.まずは国内から攻めてみよう

まずは日帰り旅行に行ってみよう

初めて一人旅に行く際、いきなり言葉も文化も違う海外に行くより、言葉が通じる国内に行くほうが無難です。どうしても最初から海外に行きたいという人は止めはしませんが、おそらく様々な試練が待ち受けているでしょう。まずは近場に日帰り旅行をしてみてはどうでしょうか。いきなり1泊すると、夜にホテルで孤独感を味わってしまうことになるかも知れないからです。

また、日帰り旅行をすることによって、あなたが一人旅に向いている人か、そうでないかがある程度わかると思います。ただ、仮に日帰り旅行で寂しい思いをしても、孤独は慣れるものです。一人旅に行きたいという気持ちがあるのであれば、諦めずに孤独に自分を慣らしていってください。

そして、一人旅をする際のコツとして、なるべく団体さんが多く集まるところには行かないというものがあります。食事処にしても、カウンターが多めにある店やカフェなどを選んでみたりしてください。どうしても周りが家族連れやカップルだらけだと、孤独感を感じやすくなってしまいます。

・電車や車で気楽に1泊2日
日帰り旅行に行ったらいよいよ本格的な一人旅に行ってみましょう。電車でも車でもいいですが、宿を予約して、場合によっては特急券などを買って遠出をしてみましょう。なれないところで夜を過ごすのは、孤独感に襲われるかもしないこともあり、大変でしょうが、一人旅に慣れるためには避けては通れません。

同じ一人旅仲間が多く泊まる宿を探すなら、安めの宿に泊まるのがおすすめです。一人で贅沢に高級旅館などに泊まる人もいますが、一人旅好きの人は頻繁に旅行に出かけるため、宿にあまりお金をかけない人が多いです。

・新幹線や飛行機を使って遠出!
一人旅に慣れてきたら、新幹線や飛行機を使って、普段なかなか行けないところに行ってみるのが良いでしょう。とくにおすすめするのは離島です。離島の民宿などは、一人旅行者が多く集まるところなので、きっといい出会いがあると思います。夜一人旅仲間同士でお酒を飲んだり、といった体験をしたという人もいらっしゃいます。ただいきなり利便性が悪い離島に行くのはハードルが高い、という方はまずは一人でも不自由しないような場所にしておきましょう。

新幹線や飛行機での一人旅は移動時間に手持ち無沙汰になりがちです。そんなときはスマホや本などで、一人の時間を楽しむようにしましょう。また、おとなりも一人できている人であれば、話しかけてみても良いかも知れません。またあたりまえですが飛行機は特急券や新幹線と違い必ず予約が必要です。新幹線を利用する場合でも、事前に予約をしておくことをおすすめします。今は予約もネットで簡単に出来ます。

3.将来的には海外を目指してみよう

まずは身近なアジアから

国内を制覇したら、次は海外に一人で行ってみるのも良いかもしれません。最近はLCCなどで格安でアジアに行けるようになりました。ですがやはり海外に一人で旅行に行くのには不安がつきものです。ある程度のサポートを受けたいと思う方には、パッケージツアーがおすすめです。航空券にホテルに様々なサポートが付いています。ホテルから空港までの送迎付きのツアーもあります。また、旅行に出かける前に旅行会社の店頭に出向いて、注意点についてよく聞いておきましょう。

添乗員同行のツアーなどもありますが、一人で自由に過ごしたい方にはあまりおすすめできません。日数やホテルのグレードにもよりますが、大体アジアだと10万円以内でいけると思います。おすすめは台湾や東南アジアです。格安で行ける上、英語もある程度通じます。ただ現地の屋台や水はお腹を壊す可能性が高いので、やめておいたほうが良いでしょう。それとトイレに紙がおいてないところが多いので、ポケットティッシュを大量に持っていったほうが良いでしょう。他にもいろいろ注意すべき点はありますが、2人以上で旅行をするときの注意点と変わらないので割愛します。

一人で海外に行く際の最大の注意点はトラブルに合ったときに相談できるようにしておくことです。旅行会社でも大使館でも構いません。盗難にあったり、道に迷ったり、何かあったときのために携帯電話をレンタルしておくことが必須です。携帯電話は旅行会社からレンタルできるので、必ず事前に調べておきましょう。また、海外でも使える携帯電話を持っている場合はこの限りではありません。

憧れの欧米へ!

さて、海外旅行の花形といえば、高級ビーチと並び欧米旅行ではないでしょうか。欧米旅行は飛行機の移動にかなり時間がかかるので、多めに休みを取らなければいけません。ですが、欧米はどこもかなり英語が通じるので、言語面での不安は少ないです。一人で欧米に行くかたは女性を含めかなり多く、治安も悪くないのですが、やはり夜の女性の独り歩きは危険です。夜は食事をしたらホテルでおとなしくしていたほうが良いかも知れません。

ただ南米は例外です。旧ソ連圏では少しづつ英語ができる人も増えていますが、南米はスペイン語とポルトガル語(ブラジルに限る)が主流で、英語ができる人は一部有名観光地の観光産業に従事する人だけです。ボリビアのウユニ塩湖やペルーのマチュピチュといったメジャーな観光地であれば、英語を解するスタッフもいますが、秘境と呼ばれるようなところは英語が通じないことが多いので注意しましょう。

アフリカ・オセアニアへ

最後にオセアニアですが、オーストラリアやハワイ、グアムなど主に英語圏です。ニューカレドニアやタヒチなど若干のフランス語圏もあります。他にもイースター島などの例外もありますが、ここでは扱いません。主にビーチリゾートになるので、一人でビーチを楽しむことが出来る人にはおすすめです。一人でビーチに長時間いてもつまらないという人は、マリンスポーツなどを楽しむこともできますが、一人でやるにはなかなかハードルが高いです。

ただ、サーフィンやダイビングを趣味としている人にとっては、一人でのオセアニア旅行は非常に楽しいものになるでしょう。準備は大変ですが、オセアニアの美しい海は日本の海とはまた違った素晴らしい体験を保証します。

一人旅マスターに向けて

一人で海外旅行に行けるようになれば、あなたも相当な一人旅上級者です。ただ一人旅はあくまで自分が楽しむもの、海外に興味なければ国内で十分ですし、行った国数を他人と競い合ったりするものでもありません。あくまでその人それぞれの楽しみ方があって当然で、そういう楽しみ方が出来るのが一人旅の醍醐味です。

一人旅マスターとは色々なところを飛び回っている人のことではなく、一人旅を本当に心から楽しむことの出来る人のことだと思います。みなさんが一人旅を通じ自分を見つめ、成長と感動を得ることが出るよう願っています。

ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ