「はじめて」をわかりやすく。

はじめて野球観戦に行くアナタに!野球観戦をもっと楽しむポイント!

はじめて野球観戦に行くアナタに!野球観戦をもっと楽しむポイント!

ご贔屓のチームを応援したい!初めての野球観戦のときのチケットのとり方はどうすればよいのでしょうか?服装はどんな格好でいけば球場で浮かないでしょうか?持っていくと、より野球観戦を楽しめる持ち物もチェックしていきましょう!

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師


CLOSE

目次

1.野球観戦チケットを取ってみよう!

野球を観たい!現地観戦したい!プロ野球をテレビで観たりして、プロ野球の面白さに目覚めたら、次第に球場で観戦したくなりますよね。テレビで観ると、席に何となく決まりがあるように見えますが、どうやってチケットをとればいいのでしょうか?

オススメの座席を探してみよう!

野球を観たい!現地観戦したい!プロ野球をテレビで観たりして、プロ野球の面白さに目覚めたら、次第に球場で観戦したくなりますよね。テレビで観ると、席に何となく決まりがあるように見えますが、どうやってチケットをとればいいのでしょうか?

オススメの座席に関連して、絶対に覚えておくべきルールがあります。プロ野球では、各球団が所有する球場のことをホームグラウンドと呼びます。また、ホームグラウンドで戦う相手チームのことをビジターといいます。プロ野球ではホーム側の球団の選手が陣取るベンチが1塁側と決まっています。また、ビジター側の球団は3塁側のベンチとなります。ですので、応援したい球団のホームグラウンドに行くのなら1塁側。ホームグラウンドではない場合は3塁側の席を取りましょう。応援団と一緒に各選手の応援歌を歌って、本気で応援したい!という方は外野席がオススメです。ライトスタンドがホーム側で、レフトスタンドがビジター側です。

初めての野球観戦の場合、ホームゲームに行くと、ご贔屓のチームを応援する人が多くいるので、安心して野球観戦ができます。是非、ビジターではなくホームで観戦しましょう。

チケット購入の方法について

・球場窓口での購入
球場窓口でもチケットは購入できます。例えば、東京ヤクルトスワローズは、神宮球場の窓口でチケットを発売しています。発売初日に並ぶ形で、10時45分までに並んでいると、抽選参加券が配布されます。抽選参加券の番号順に購入順番を決める抽選を行います。11時~購入整理券の番号順に入場券を購入できます。抽選方式になるので、希望の席が購入できるかどうかは分かりません。

各球団によって少しづつ違いますが、大まかな流れとしては以上です。遠くても球場に行かねばならないことや、朝早く並ぶ大変さを考えると、ネットで購入したほうがチケット購入の方法としては効率的だといえそうです。

・ネットでの購入
ネットでチケットはどうやって取るのか、みていきましょう。現在、野球観戦のチケットはネットで購入するのが一般的です。チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットが有名どころでしょう。自宅のパソコンから「野球観戦(ご贔屓チームのチーム名)チケット購入」などのキーワードで検索し、検索されたサイトから申し込みます。支払いがコンビニになっているケースも多いので、初めての場合はコンビニ支払いを選択するのがオススメです。

・電話での購入
ネットで該当のサイトをみてみると、「電話での申込みはこちらから」と書いてあるので、記載されているカスタマーセンターの電話番号にかけます。カスタマーセンターに繋がったら、必要事項を述べてチケットを取ります。カスタマーサービスセンターは、チケットぴあの場合、10時~20時の間に繋がります。時間内に電話するように気をつけましょう。

2.応援する服装はどうすればいいの?

応援するチームのユニフォームを着よう

テレビでプロ野球中継を観ていると、主に外野の応援団が写ります。よく観てみると、外野の席に座っている観客が、ご贔屓の選手の背番号の入ったユニフォームを着ていることが分かります。例えば読売ジャイアンツの応援をしている人たちは白いユニフォーム、広島カープの応援をしている人は赤いユニフォームを着て応援しています。テレビ中継時に遠目で球場を観ると、外野席がひとつの色で統一され、一色に染まっている様子がよく見えます。

ご贔屓のチームの応援に行くのですから、是非、応援する選手の背番号が付いたユニフォームを着て応援しましょう。テンションも上がりますし、周りの席の人から「〇〇選手がお好きなんですか?」と訊かれたりして、球場で新しい知り合いも出来るかもしれませんよ!

持っていきたいお役立ちグッズ

どんなお役立ちアイテムを持っていけば、快適に野球観戦を楽しめるのでしょうか。初めて
の野球観戦をする場合、どんなものを持っていけばよいのか悩みますよね。

・クッションや座布団持参で快適に
まず、用意したいのは、クッションか座布団です。野球の試合は、終了時間が全く読めません。2時間弱で終わる短い試合もあるかもしれませんし、場合によっては終電までかかる長い試合もあります。長い時間、球場の硬いプラスチック製の椅子に座っていると腰を痛めてしまいます。腰の痛みを緩和させるクッション(座布団)を持参しましょう。クッションは、冬場の球場の寒さからも、腰を守ってくれます。折りたたみの座布団もあります。

・球場観戦で便利なチケットホルダー
次に用意したいのは、チケットホルダーです。夢中になって試合に熱中していて、気づくとチケットを無くしていたということが往々にしてあります。球場では、出入りなどの際には、係員にチケットを見せてチェックを受ける必要があります。そのためチケットは常に携帯して持っていなくてはならないものです。チケットホルダーがあると、チケットを首から下げられ、大変便利です。後々、観戦の記念にもなります。大事に保管しましょう。

【公式】横浜DeNAベイスターズ がまぐちチケットホルダー

¥2,600(税込)

上部はDB.キララの顔を刺繍したがまぐちに小銭など、 前面にはチケット、後面にはスマホなどが収納できる、 ふかふかしたぬいぐるみ素材のかわいくて便利なグッズです。

・必需品!タオルと大型ビニール袋
なぜ、タオルが必須かというと、野球観戦していると後ろの席の人のビールがこぼれて、自分の身体にかかってしまうことがあるのです。野球観戦中は誰もが立ったり座ったりして応援し、球場全体が非常に興奮しています。観戦中に、悪気はなくてもビールをこぼしてしまったりこぼされたりすることは多くあります。自分の身体にかかったビールを拭いたり汗を拭いたりするのに、タオルは必須です。同じ理由で、大型のビニール袋もあるとよいでしょう。ビニール袋に荷物ごと入れてしまうと、ビールが荷物に掛かるのを防げます。

・あると嬉しい選手名鑑
できれば選手名鑑やオペラグラスも持っていくとよいでしょう。初めての観戦だと、選手全員に詳しくないこともあるので、選手名鑑をみながら応援すると、より楽しめます。遠目で観戦する外野だと選手は本当に小さく見えるので、オペラグラスも持っていきましょう。

2019プロ野球選手写真名鑑

¥509(税込)

2019年版は顔写真は大きく大幅誌面リニューアル。
各種記録、公式戦全日程、球場情報、一発検索選手インデックスなど情報を満載

・雨の日は傘ではなく、ポンチョ
球場がドームならよいのですが、外の球場だと雨が気になりますよね。ポンチョ(雨具)を携帯するとよいでしょう。西武球場だけはレジャーシート席があります。必要に応じて、レジャーシートや虫よけスプレーも用意しましょう。ウエットティッシュも必須です。

・交通ICカードを積極的に使おう
観戦に熱中していると意外に忘れがちなのが、帰りのことです。野球観戦に行く人の数は非常に多いので、帰りに駅でスイカをチャージすることは難しいでしょう。予め、スイカに必要な金額をチャージしておくと便利です。帰りが遅いときのタクシー代も含めて、交通費の予算は多めに見積もって用意しておきましょう。

3.球場マナーを守ろう!

最低限、守るべきルール

・野球観戦暗黙のルール「ホーム側」と「ビジター側」
オススメの座席でも触れましたが、野球観戦には「ホーム」と「ビジター」と、2種類の席があります。初めての野球観戦なので、今回は「ホーム側」に座ることを前提にしていますが、指定された座席を守ることは大事です。というのは、野球観戦はたいへん盛り上がる性質を持っているものだからです。

テレビやネットで、野球の観戦後に双方の応援団が乱闘したというニュースをみたことがある人は多いと思います。ビールも入っていますし、試合をみた後はご贔屓のチームが勝っても負けても観客は興奮しているので、些細な言葉がきっかけで乱闘に発展したりします。

何よりも、球場に行くときは皆、基本的にご贔屓のチームのユニフォームを着ているので、相手チームのファンが座席に混じっているとすぐに分かるのです。敵のチームの座席に紛れ込んでしまい、無駄な争いに巻き込まれないように指定された座席は遵守しましょう。

・人数分だけ座席を取ろう!
間違っても、荷物を置くために座席を取ることはやめましょう。野球観戦はそれなりに大荷物になるため、狭いスペースの自分の席だけだとキツキツだったりします。だからといって、荷物用の席を取ると、その席に座れるはずの人が試合を観ることができなくなります。
購入するチケットは、1人1枚の原則を守るようにしましょう。

・雨が降っても、傘はご法度
ドーム球場は問題ないと思いますが、野外の球場では雨が降ると観客は濡れます。プロ野球の試合は、よほどの大雨でない限りは行うことになっています。雨天で試合が中断ということもたまにあります。いづれの場合も、観客はポンチョ(レインコートみたいなカッパ)を着て応援することになります。傘はNGです。絶対に傘をさしてはなりません。なぜなら、応援の邪魔になるからです。球場の隙間がない座席で傘をさすと、周りの人に傘の先が当たったりしてたいへん危険です。結果的に応援の邪魔にもなります。どんなに雨が降っていようと、球場内では絶対に傘をささないようにしましょう。

初めての野球観戦を楽しもう!

初めて野球観戦に行くことが決まると、ワクワクするでしょう。ご贔屓の選手のユニフォームを着て、応援グッズを持つと、試合前から心が沸き立つのを感じますよね。不安もあると思いますが、観戦中の応援の仕方など、初めてで分からないことがあれば周りの人に聞いてみましょう。野球観戦に慣れている人が多いので、親切に教えてくれます。特に外野席は応援団の先導のもとに動いていますから、周りと同じように応援すれば大丈夫です。

同じ趣味の知り合いも現地でできますし、今よりもっとご贔屓のチームが好きになること請け合いです。球場の一体感を感じつつ、同じ趣味の人達とワイワイ応援してみましょう。初めての球場応援デビューは、忘れられない記念日になりますよ!

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ