「はじめて」をわかりやすく。

初めてスイミングに通う場合に必要な道具や月謝の相場を解説

初めてスイミングに通う場合に必要な道具や月謝の相場を解説

子どもはもちろん、大人も習い事として行うことの多いスイミングですが、月謝の相場や必要な道具などについてご存じですか?今回は、初めてスイミングへ通おうと思っている方へ、スイミングの相場や揃える道具、スイミング教室を長く続けるために選ぶ際に注目すべきポイントなどを解説します。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母


OPEN

目次

2. スイミング教室へ行くことのメリットは?

アフター5を有意義に過ごすためにも、スイミングに通うのは有効です。職場や家とは違う輪の中で、新たな仲間を作ることもできるかもしれません。また、スイミング教室に通うことは、体や心に様々な良い影響を及ぼしてもくれるので、以下のような点を意識しながら水泳を楽しんでみてはいかがでしょうか。

肉体面のみではなく、心身共に得ることができる効果をご紹介します。

体力や筋力アップ

子どもの頃もプールの授業やスイミング教室、海水浴など「水」と触れ合う時間の後はどっと疲れが出た記憶がありませんか?実はスイミングは、有酸素運動無酸素運動(筋トレ)の2つの要素を兼ね備えたスポーツ。

水の中を歩いたり泳いだりすると、水圧で地上にいるときよりも負荷がかかります。続けて通うことで、全身の筋肉をバランスよく鍛え、筋力、そして体力もアップするのです

嬉しいダイエット効果

スイミングは消費カロリーがとても高く、更に筋肉が増えることで基礎代謝もアップします。また、100kcalを消費するのにウォーキングなら時速4km前後で40分ほど歩き続けなければならないのが、水泳ならなんと3分。手早くカロリーを消費することができ、ダイエット効果も期待できるのです。

水圧によって下半身のむくみを改善したり、ほどよい筋力アップで美しいボディラインを保ち、燃焼効率も高く痩せることができたりと、スイミングによるダイエット効果は絶大だと言えます

心や体に良い効果がたくさん(風邪を引きにくい、リラックス効果、うつの改善など)

体力づくりやダイエットに最適な水泳ですが、実は他にも、

免疫力アップで風邪を引きにくくなる
浮力により腰やひざへの負担が減りリハビリに最適
軽く水の中を歩くことで心疾患や生活習慣病の予防・改善

といった健康に良い効果が多く期待できます。更に、スイミングは体のみならず心にも良い影響をもたらすと言われており、

運動習慣によるうつ病や症状の改善
有酸素運動でのストレスの緩和
全身運動で脳を活性化、認知症などを予防

などの効果もあると言われています。習い事としてスイミングを楽しむ方は週1回程度で構いませんが、こういった効果を得たい、高めたいという場合には、間隔をあけて週3日ほど1回30分ほど行ってみてください。リハビリなどのためにスイミングを行う場合も、くれぐれも無理のない範囲で、継続することを目標にするのがポイントです

36 件
えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ