「はじめて」をわかりやすく。

ゴージャスな衣装で情熱的に舞う!あなたもフラメンコを始めませんか?

ゴージャスな衣装で情熱的に舞う!あなたもフラメンコを始めませんか?

情熱的な踊りが魅力的なフラメンコ。あんな風にかっこよく踊ってみたいなと少しでも思ったことがあるなら、是非挑戦してください。まずは見る時のポイントから、次は自分で踊ってみる、フラメンコの楽しみ方を紹介します。始めるに当たっての準備など、心配な点を一つずつ解決していきましょう。

yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター


CLOSE

目次

1. フラメンコを知ろう

まずはフラメンコについてきちんとした知識を知ることから始めましょう。

フラメンコの歴史

フラメンコはスペイン南部のアンダルシア地方で生まれたといわれています。アンダルシアとは、ヨーロッパでありながらアラブの影響も強く様々な文化が根付いていた土地でした。そんな場所において、インドからやってきたロマ族(スペイン語でヒターノ、ジプシー)の文化とアラブ、アンダルシアの文化が融合して生まれたのがフラメンコだと考えられています。

踊りがメインというイメージのフラメンコですが、始まりは歌からでした。虐げられた人々が喜びや悲しみの気持ちを吟じたものに、次第にリズムと旋律が加わり、そこにギターも加わって、現在の形になってきたということです。古い歴史がありそうなのですが、現在のフラメンコの形式が始まったのは実は19世紀初め頃のようです。

外や個人の家などで自然に踊られていたものが、芸術として発展を遂げたのは19世紀前半から20世紀前半。カフェカンタンテという飲み食いしながらフラメンコを見るといった飲食店ができ、アンダルシア地方からスペイン国中に広まっていったことがきっかけです。この時期になると、各地に優れた演者が生まれて、フラメンコがスペインを代表する芸能として確立していきました。その後着実に発展して、世界中の舞台で上演される洗練された芸術となって、現在にまで至っています。

フラメンコの種類

一口にフラメンコと言っても、色々な種類があります。まずは、フラメンコを構成するものとして、歌と踊りとギターがあります。フラメンコを習うと言ったら、踊りだと理解すると思いますが、他にも歌・ギターがあります。歌のことを「カンテ」踊りのことを「バイレ」ギターのことを「トケ」と呼びます。それぞれが独立した芸術としてそれぞれに特化した演者によって行われます。

フラメンコを構成する歌・踊り・ギター

フラメンコで難しいところは、曲が3拍子や4拍子などではなく、タンゴ系と言われるものは1234、1234、12345678の繰り返し。ブレリア系と言われるものは123、123、12、12、12、の繰り返しなど、変則的だということです。このようなフラメンコのリズムを「コンパス」と言います。この言葉は覚えておきましょう。

このコンパスと曲調には色んなバリエーションがあり、それらの組み合わせによってフラメンコは多くの種類に分けられます。その種類分けは複雑で、初めからそこに注目してしまうと、難しくてわからない世界…と感じるので、全部知る必要はないでしょう。

いろいろな形式があり決まったリズムの数え方や曲調があるということだけ知っておけば充分です。習うようになれば先生が少しずつ教えてくれるので、余計な知識があるとかえって混乱してしまいますよ。

フラメンコのリズム「コンパス」は多彩

2. フラメンコを見て楽しむ

習う前に、まずフラメンコとはどんなものなのか、実際に見ることをおすすめします。なんとなくのイメージだけでやろうとしても、実は難しいのがフラメンコ。きちんと本物を知って、正しいイメージができてから習う方が絶対に上達が早いですから、初めの一歩としては鑑賞から入りましょう。

フラメンコはどこで見られる?

いざ、見ようと思っても日本にいると身近でどこでも見られるわけではないですよね。もしも本場のスペインに旅行で行く機会があれば、そこかしこで見ることができると思います。本場のアンダルシア地方ではプロでない普通のおじさんおばさんもかっこよく踊っていて、驚くかもしれませんね。是非、いつかは本場で見てみたいものです。

 日本で見られる場所としては、フラメンコショーが見られるスペイン料理店があります。そういうお店は「タブラオ」と呼ばれます。実は日本は、スペインに次ぐ世界第二位のフラメンコ人口なのだそうで、タブラオも存在しています。

このタブラオはショーの時間が決まっているため、入店時間もそれに合わせて行く必要があります。また、基本予約制で料理代金と、ショーチャージ両方支払うことになっているので注意してください。

料理を楽しみながらフラメンコを見られる店と説明しましたが、出演者の皆さんはプロなので、食べながら見るのは失礼になります。ショーよりも早い時間に店に行き、食事を済ませてからショーを楽しむのがマナーですので、そのお店のサイトで、ショーの時間と入店できる時間を確認してください。ホールで見るのと違って狭い空間で見られるので、かなりの迫力で圧倒されることでしょう。

フラメンコをぜひ生で見てみよう

もう一つ、フラメンコを見る方法は海外や日本の有名なアーティストのホールでのコンサートがあります。結構色々なホールで開催されているのでこれも注意してチェックしておきましょう。

ただ、最初はタブラオで見る方がフラメンコの迫力と凄味がじかに伝わってくるのでおすすめですよ。魅力が分かってきて、自分でも習い始めたら、有名アーティストのホールコンサートに足を運ぶといいですね。

フラメンコを見る時のポイント

フラメンコを見たことがない人にとっては、どこで拍手をすればいいのか、盛り上がってきた時どう反応すればいいのかなど、分からないことが多いことでしょう。基本的な鑑賞のマナーと、どこに注目すればいいのかを簡単に解説します。

鑑賞の際のポイントをチェック

まず、ホールではもちろんタブラオで見る場合でも、当然ですがおしゃべりは禁物。特にタブラオだと、お酒などを飲んでリラックスした雰囲気でついつい話したくなるかもしれないので、食事に来たという気持ちを忘れてお金を払ってショーを見る気持ちになりましょう。

また、他のショーなどのように盛り上がったからといって、手拍子をしたり、途中で拍手をしたりすることは絶対にやめてください。フラメンコでは手拍子も楽器と同じなので、お客さんが演奏に乱入していることと同じになってしまいますよ。

見ていて盛り上がってきた気持ち「素晴らしい!」と感じたことを表現したいときは、「オーレ」「ビエン」などの掛け声をかけることです。初めはちょっと難しいかもしれませんが、慣れてきて声をかけるタイミングなどがわかってきたら挑戦してみると楽しそうですね。

手拍子や拍手はNGです

フラメンコの注目すべきポイントといっても、独特の激しいギター、男性ダンサーのかっこよさ、女性ダンサーの色っぽさ、身のこなし、その華麗な足さばき、リズムなど様々で一つを挙げることはできません。自分がグッと来たところを好きなように楽しめばそれでいいのです。

上手とか下手とか知ったかぶりして語るなどナンセンスです。鑑賞者としては、その世界に身をゆだねて本能のまま感じるのが一番の楽しみ方だと思います。

華やかなフラメンコの世界

3. フラメンコを踊ってみる

フラメンコの魅力を少しでも感じられたら、是非自分でも踊ることに挑戦してほしいと思います。

フラメンコを踊ることの効果は?

その効果としては、やはり激しく全身を使うことによる運動効果があります。汗もかけるし、かなりのエネルギーを消費できます。また、魅せる芸術なので今まで以上に自分の見た目にも気を遣うことによって、より美しさに磨きがかかるはずです。素敵な衣装を着て踊りたい気持ちから、スタイルキープにも気合がはいることでしょう。

他にも、フラメンコでは手の動きもかなり独特なため、その動きをマスターするためには指先まで神経を行き届かせる必要があります。そして、強い目線も大切です。手先の美しさと目線は、いい女になるためには最大の武器となりますから、自然と色っぽい素敵な女性へと変身できるはずです。

フラメンコでいい女になろう

そして、他のダンスやエクササイズにないフラメンコを踊る最大の効果とは、心が健康になることです。その理由は、フラメンコの成り立ちにあります。

元々アンダルシア地方に流れ着いたロマやアラブ民族たちのように迫害された人たちが、その辛い気持ちを吟じたところから始まったもの。苦しい胸の内を発散させるというルーツのため、踊る人の心の中のドロドロした感情を吐き出すことができるのがフラメンコなのです。

それがフラメンコ独特の表現に繋がるので、そういう気持ちを遠慮なくぶつけていいのです。そのため、フラメンコを踊ると、自分の中の負の感情が吐き出されてスッキリできるのです。

汗もかいて、感情も発散できる究極のデトックス効果があるのが、フラメンコといっても過言ではないでしょう。

フラメンコには負の感情も出せる

フラメンコ教室の探し方

フラメンコ教室を探すなら、まずは一般社団法人日本フラメンコ協会のホームページを見てください。協会に属している全国のフラメンコ教室が検索できます。けれども全ての教室が網羅されている訳ではないので、ここでの検索とGoogleなどで「フラメンコ教室 住んでいる地域」の検索を両方試して色々な教室を比べてみましょう。

近くにいいところがない場合や、教室に行くのがちょっと躊躇するなと感じるなら、カルチャーセンターなどの方が、少しハードルが低いかもしれません。

費用の相場は、一般的なフラメンコ教室の場合、入会金1万円前後、月謝も1万円前後が多いようですが、レベルが上がるにつれて月謝も高くなります。カルチャースクールの教室の方が、入会金や月謝も比較的安い傾向なので続ける自信がない方はこちらから始めるのが良さそうです。

まずは検索してみよう

教室を選ぶポイントは、まずは先生との相性が大事です。お人柄はもちろんのこと、こちらの話をきちんと聞いてくれる先生がいいですね。話しかけづらいような先生だと、わからないことがあっても質問できずに、わからないまま進んでしまい挫折に繋がってしまいます。

また、初心者なのでレベル別に指導してくれる教室を選ぶことは絶対です。初めからキャリアのある先輩方と難しいことをさせられると、ついていけなくて辛くなってしまいますからね。

たいていの教室は、体験レッスンを受け付けてくれるので、まずは電話かメールで問い合わせて、体験レッスンの予約をとりましょう。体験してみて、合うか合わないか判断するとよいでしょう。1か所だけの体験では判断しづらいので、可能なら2か所くらいは行ってみることをおすすめします。

難しく考えるよりも、ここに通いたいと思えるかどうかの直感に従って決めましょう。入会金は無駄になってしまいますが、嫌だと思ったら辞めて他の教室へ移ればいいので、それほど悩むよりもとりあえず通ってみてから考えれば大丈夫ですよ。とにかく思い切って第一歩を踏み出すことです。

電話かメールで体験レッスンの申し込みを

必要な道具は?

ここでは、踊り(バイレ)を習うという前提でお話しします。比較的道具は少なく、絶対に必要なものはフラメンコシューズです。他にレッスン用のウエアは、上はTシャツにフレアスカートのようなもので大丈夫でしょう。カスタネットはレベルが上がってからしか使わないので、初めは必要ありません。

体験レッスンを受けてみて、続けられそうだと思ってから購入すればいいです。教室によっては、シューズの色が決まっていたり、レッスンウェアも決まっている場合もあるので慌てて買わないようにしてください。

フラメンコのドレスはおいおい購入しよう

靴は、専用のシューズで買うと結構な値段になりますので、体験レッスンではレンタルしてくれるところが多いです。体験レッスンの時に必要な持ち物、服装は必ず確認しておきましょう。

参考までにフラメンコシューズは2万円前後、レッスン用スカート1万円以内が相場です。教室が決まったら、どこで何を買えばいいかは先生に聞きましょう。フラメンコ関連ネットショップを参考までに紹介しておきます。これを見ているだけでテンションが上がりそうですね。

・チャコット(フラメンコシューズ)

・DOCE del FLAMENCO(レッスン用スカート、衣装、小物など)

フラメンコで精神も肉体も健全に

フラメンコの魅力は伝わったでしょうか。踊ることで肉体はもちろん精神的にも健康になれるので、こんなに素晴らしいことはないですよね。しかも楽しいとくればチャレンジしない手はないです。

是非、勇気を出して一歩を踏み出してみてくださいね。

たのしくフラメンコ ベーシッック・スキル編[DVD]: 手下倭里亜, 生徒:西野千鶴、鈴木久子、小島美奈子, ギターラ:西井顕司: DVD|Amazon

¥4,180(税込)

イントラクターの手下倭里亜が、生徒3名といっしょにフラメンコの中でもっとも庶民的な曲「ブレリアス」をテーマに、フラメンコの基礎を楽しく、分かりやすく、丁寧に解説。

yoshikyo

この記事のアドバイザー

yoshikyo

バレエ大好きフリーライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ