「はじめて」をわかりやすく。

やっぱり英語が話せるようになりたい!はじめて英会話教室に通う前に

やっぱり英語が話せるようになりたい!はじめて英会話教室に通う前に

海外旅行、留学、海外出張など、英語が話せたらいいのにと思うシチェーションは、日常の中にもたくさんあります。今や、オンラインも含めて様々な英会話習得の方法がある中で、やはりスタンダードなのは対面式の英会話教室。初めて英会話教室に通うには、どんな点に気を付けたら良いのか、ポイントをまとめました。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー


OPEN

目次

1.英会話教室に通えば、英語が話せるようになるのか?

英会話教室に通おうか悩んでいる人の多くは、「教室に通えば、本当に英語が話せるようになるのか」と、半ば不安を抱えているかもしれません。しかし、決して安くはない金額を払い、一大決心をして通学を決めるわけですから、それも無理はありません。

まずここでは、英語が話せることで何が変わるのか、そして英会話教室に通うことで英語が話せるようになる理由と、そのポイントについてお話していきます。

楽しく始めてみよう!

英語が話せることによる、メリット

英語を話したい、英語ができるようになりたいと思ったきっかけや理由、目的は人それぞれ。旅行先で話したい、留学に行きたいといったものから、海外出張や赴任が決まった、など仕事上致し方なく、という人もいるでしょう。
理由やきっかけは何であれ、英語が話せることによるメリットは、数え切れないほど。そのメリットは、大きく分けて3つあります。

1つ目は、情報強者になれること。情報社会と言われている現代、より多くの、より正確な情報を持つことが重要ですが、例えばインターネット上にある情報のうち、日本語によるものはたったの2.4%。一方で、英語による情報はなんと59.3%と半数を超えています。英語が理解できることで、例えばBBCやCNNなど世界のニュースを、世界の視点から見ることができるなど、より多くの情報に触れ、より詳細に正確に吸収することができるのです。

メリットの2つ目は、人間関係が広がること。日本語しか話せない場合は、日本語話者としかコミュニケーションを取ることができませんが、英語が話せれば世界中の人と知り合うことが可能になります。英語ネイティブに加え、第2言語として英語を話す人は、10億人とも12億人とも言われています。英語という共通言語によって外国人と友人になったり、ビジネス、ひいては人生のパートナーとなったりする可能性もあるでしょう。

最後は、人生の選択肢が広がることです。英語が話せれば、就職先や転職先の選択肢は間違いなく増えるでしょう。海外赴任などのチャンスが巡ってくるかもしれませんし、話せるようになったことで、留学など新たなチャレンジをしてみたくなったり、将来は海外移住、といった夢を抱いたりするかもしれません。

英語学習をすることは、様々な夢や想いの実現可能性を高め、新しい世界へ飛び込むチャレンジ精神を育てることにもなるのです。

メリットがたくさん

ポイントは、強制力と習慣

では、英会話教室に通えば、「必ず」英語が話せるようになるのでしょうか。残念ながら、答えはNO。その理由は、最終的には本人次第だからです。どんなに素晴らしい講師から、どんなに素晴らしいレッスンを受けていても、本人が本気でやらないことには、英語ができるようにはならないのが現実です。

では、それでも英会話教室に通うことのメリットは、どこにあるのでしょうか。それは、予習や復習をする必要性があり、定期的に教室に通わなければいけないという、強制力と習慣性にあります。現在どんなに英語がペラペラでも、英語を話す機会がなければどんどん話せなくなるように、初めのうちは特に、できるだけたくさん英語に触れる機会を作る必要があります。ある程度高額なレッスン費用を支払い、レッスンの日には教室に行ってレッスンを受け、そのためには予習や宿題を行う必要があるという適度な強制力が、英語の上達に繋がるのです。

独学では、「今日はちょっと疲れたから」「週末にまとめてやればいい」などと、学習のリズムを作りにくかったり、習慣化することが難しかったりしますよね。そういった意味で、英会話教室、とりわけ個人的には、曜日や時間が決まっているタイプのレッスンに通うことをおすすめします。

< Back
1 2 3
32 件
みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ