「はじめて」をわかりやすく。

やっぱり英語が話せるようになりたい!はじめて英会話教室に通う前に

やっぱり英語が話せるようになりたい!はじめて英会話教室に通う前に

海外旅行、留学、海外出張など、英語が話せたらいいのにと思うシチェーションは、日常の中にもたくさんあります。今や、オンラインも含めて様々な英会話習得の方法がある中で、やはりスタンダードなのは対面式の英会話教室。初めて英会話教室に通うには、どんな点に気を付けたら良いのか、ポイントをまとめました。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー


OPEN

目次

2. 英会話教室の種類と、それぞれのメリット

結局は本人次第、と、元も子もないようなことを言いましたが、だからこそ重要になるのが、スクール選びです。今や、英会話教室には本当にいろいろなタイプがあり、全ての体験を受けたり資料を隅々まで読んだりすることは不可能。そこでここでは、3つのタイプ別に英会話教室を紹介していきます。自分にはどのタイプが合いそうか、想像してみてください。

交流はあいさつから

従来の英会話教室か、コーチング式かで選ぶ

教室に行って講師のレッスンを受け、家に帰ったら宿題や復習をする…というスタイルが、従来の英会話教室。学習計画や悩み相談などをカウンセラーに相談することもできますが、あくまでレッスンが主体です。大手だと、ECC外語学院やイーオン英会話、Gabaマンツーマン英会話などがこのタイプにあたります。

一方で最近注目を集めているのが、英語コーチングスクールと呼ばれるタイプ。PROGRIT、TORAIZ、RIZAP ENGLISHなどがこの例で、ひとりひとりの弱点や目標に合った学習方法のアドバイスや学習計画のプランニングを行い、学習の習慣化を徹底的にサポートするというスタイルです。それに合わせたレッスンを行うところが多数ですが、PROGRITのように実際にレッスンは行わず、あくまで学習サポートだけというところもあります。

前者の従来型は一般的に、週1~2回程度の頻度で、1年単位という長期スパンであること、後者は3ヶ月などの短期集中型であり、従来型に比べて費用が高めであるという特長があります。

レッスン形式で選ぶ

レッスンは大きく分けて、グループレッスンとマンツーマンレッスンがあります。グループレッスンでは、学生、社会人、主婦、シニアなど様々な立場や年代の人の意見や考え方を聞いたり、仲良くなったりすることができます。知り合いができることでモチベーションアップの効果も期待でき、マンツーマンレッスンに比べると費用を抑えることができるのがメリットです。

一方マンツーマンレッスンでは、講師を独り占めできるため、人前で話すことが恥ずかしい、時間目一杯話したい、という人におすすめです。わからないことや気になることも質問しやすく、教室によっては、「今度のプレゼンの練習をしたい」「旅行先のシチュエーションでロールプレイをしたい」など、自分のやりたい内容にカスタマイズすることもできます。

学習方法を選べる

講師で選ぶ

講師は主に、日本人講師と外国人(ネイティブ)講師がいます。日本人講師の多くは、第二言語として英語を学習してきた人たちであるため、日本人だからこそつまずきやすいところ、難しいところなどを把握しているのがメリットです。また、日本語で気軽に質問できるのも安心なポイントで、初心者におすすめです。講師は日本人でも、レッスン中は日本語禁止という場合もあり、適度な緊張感も保てるでしょう。

外国人講師からは自然な発音や、ネイティブならではの表現など、やはり生の英語を学べるのがポイントです。教室によっては、ネイティブだけでなく、フィリピン人など第二言語として話す人が講師となっている場合もあります。外国にいるような気分を味わえ、会話を楽しめるのが嬉しいポイントですが、日本語ができない講師にはわからないところを聞きづらく、100%理解することが難しいため、本当に英語が初めての人には不向きかもしれません。

32 件
みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ