「はじめて」をわかりやすく。

キックボクシングを初めて習うときに必要な道具や練習方法は?

キックボクシングを初めて習うときに必要な道具や練習方法は?

近年注目を浴びているキックボクシング。男性だけのスポーツではなく、ダイエットにも効果的とあり女性にも人気です。初めてのキックボクシングで必要な道具や練習方法をご紹介します。

Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者


OPEN

目次

3.キックボクシング上達のためにできること

キックボクシングは基礎からしっかり練習する

何事も基礎ができていないと上達に遅れが生じたり、ケガをしたりと不具合が出てくる可能性があります。基本動作がしっかりできてこそ、テクニックを身につけることができるので、基礎の土台をきちんと作るようにしましょう。

キックボクシングをする際には、可能であれば鏡の前で自分のフォームを確認し構えが崩れていないか、動作が自己流になっていないかチェックをしてください。とくに下記の基本的な姿勢や構えを常に念頭に置き、乱れていないか鏡やスマホの動画撮影などで確認するのがおすすめです。

・足は肩幅程度に開いているか
・前脚のつま先は相手方向に向いているか
・脇をしめて両肘は肋骨の前に据えているか
・拳は頬の高さか
・腹筋に力を入れて、前傾姿勢になっているか

上記の姿勢と構えを意識して練習しましょう。

ポイントを頭に入れてトレーニングを

キックボクシング上達のコツ

キックボクシングにも少しずつ慣れてきたけど、なかなか上達しない……という悩みを抱える方は少なくありません。

ジムに通っている方はインストラクターに相談するのもありですが、上達するコツは自分をよく見つめることです。自分の動き方や特徴を理解することで、長所や改善点が見えてきます。正面からだけでなく、横向きや斜めなど色々な角度で自分の姿を確認してみてください。

また、理想の選手の動画を見ることもおすすめです。選手の動画をスローで確認すると、力を入れている部分や重心の位置などがわかるので、トレーニングの参考になります。自分がしたい動作を動画で見てマネをしながらトレーニングをしてみましょう。

基礎練習でもお伝えしましたが、鏡でのチェックや動画を撮影して自分の姿を見ることも良いです。

自分の姿と向き合うことが大事

キックボクシングで体を動かして、心も体もリフレッシュしよう!

初心者だとハードルが高そうに思えるキックボクシングですが、最近では女性向けのジムや初心者コースを設けているジムが多くあります。必要な道具はジムでレンタルして始めることもできるので、意外にも手軽にスタートできることが魅力です。

全身運動になりダイエットはもちろん、肩こりや腰痛の改善に繋がることもあるので、健康促進の一環として始める方も多いです。

初めてのキックボクシングにチャレンジして、心と体のリフレッシュをしてみてはいかがでしょうか。

思いっきり体を動かす喜びを

1 2 3
Next >
46 件
Remi

この記事のアドバイザー

Remi

ハムスター動画に癒される人事担当者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ