「はじめて」をわかりやすく。

初めてでも気軽に始められる絵画は何?初心者さんにおすすめの絵画教室

初めてでも気軽に始められる絵画は何?初心者さんにおすすめの絵画教室

自作の絵葉書をプレゼントしたり、パッと絵を描けたらかっこいいですよね。でも、絵を描くには特別なスキルが必要なのでは?費用はどれくらいかかるのだろうと不安な人もいるのではないでしょうか。絵画の種類、初心者さんでも気軽に始められる水彩画、おすすめの教室をご紹介します。

スイミー

この記事のアドバイザー

スイミー

ベトナム在住主婦ライター


OPEN

目次

1. 絵画とは?

絵と絵画の違い

絵画とは、キャンパスや紙に線や色彩、画材を使って何かを描くこと。そして、絵とは、物の形や姿を平面に描いたものをいいます。絵の方が絵画に比べて意味合いが広いと言えるでしょう。一般的に、絵を描いて出来上がったものを「絵画」とみなします。

また、絵画の起源ですが、有史以前にネアンデルタール人が描いたとされる、スペインのラスコー洞窟の壁画が人類最古の絵画とされています。

夢中になって描いてみませんか

絵画の種類

何の画材を使って色付けされたかによって、水彩画、油絵、アクリル画、パステル画、色鉛筆画、鉛筆画と分類されています。代表的なものを紹介します。

水彩画:水を溶剤とする絵の具を使用して描かれた絵画のこと。一般的に、小学校の図工の時間に使われるのも水彩の絵の具です。空気の薄さや透明感を引き出すのに最適といわれています。ゴッホやクロード・モネなどが、数多くの水彩画の作品を世に残しています。

油絵(油彩画)
油の絵の具を使用して描かれた、力強さと奥行きのある光沢が魅力的な絵画。水彩画と違い水を一切使用しないため、色を薄めたい時には油を足します。

アクリル画:アクリル画に使われるアクリル絵の具は、石油化学の発達によって生産されるようになった、近代的な絵の具です。厚塗りなどの油絵の表現力と水彩画の繊細なタッチを兼ね備え、水彩絵の具と同じ水性なので水で洗い扱いやすいのも特徴です。

パステル画:クレヨンやチョークのような棒状をした画材、パステルを使い描く絵のこと。パステルは、乾燥した顔料を粉末状にして、低粘着剤で固めたものです。油絵や水彩画の絵の具のようにパレッットが不要なので、手軽に絵画を始められます。また、重厚な絵から軽やかなものまで、グラデーションを描いたり、クレヨンよりも幅広い表現ができ、芸術性の高い絵画を楽しめるのも魅力です。

色とりどりのパステル

< Back
1 2 3
45 件
スイミー

この記事のアドバイザー

スイミー

ベトナム在住主婦ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ