「はじめて」をわかりやすく。

手話をはじめたい人がやるべきおすすめの勉強方法って?

手話をはじめたい人がやるべきおすすめの勉強方法って?

手話に興味を持っている方が、初めて勉強を開始する際に知っておくべき手話の歴史や概要、そして覚えるべき基本的な単語や名前、さらに手話講座など手話の勉強が出来る場所、アプリを使った勉強法などを簡単にご説明したいと思います。

となきん

この記事のアドバイザー

となきん

ファイナンシャルプランナー


OPEN

目次

1.そもそも手話って何?

聴覚障害者とのコミュニケーションに必須の言語

手話とは、主に聴覚障害を持つ人が用いるコミュニケーション方法のひとつであり、相手に自分の意思を伝える際に、手の動きや表情などを用いてそれを表現するものです。歴史的に見ると、手話が誕生したのは18世紀のフランスであり、シャルル・ミシェル・ド・レペーがパリで耳の聞こえない人のための教育を始めたのが最初とされています。

一方、日本では19世紀後半に設立された京都訓聾唖院にて、手話の原型が誕生しました。現在では聴覚障害に対する理解が進むに従い、テレビ放送の手話通訳などを通じて、聴覚障害者以外でも手話に触れる機会が多くなっています。

ゼロからわかる手話入門|Amazon

¥1,650(税込)

動きが鏡合わせになった「ミラー映像」を、本でもDVDでも採用。
ビギナーでもすぐにまねができる親切設計。
新しい語彙や、地震などいざというときに役立つ手話も収録。

「日本手話」と「日本語対応手話」があります

ちなみに手話には「日本手話」と「日本語対応手話」があります。これはどのような違いがあるかと言うと、日本手話は日本語とは文法・語順が異なる「日本語とは別の、“手話”という固有の言語」である一方で、日本語対応手話はその名の通り、日本語とリンクしている手話で、語順は日本語のままという特徴があります。

そして、日本手話は手話のネイティブであるろう者(生まれつき、または幼少期に聴力を失った人)が使用することが多く、日本語対応手話は聴者(耳の聞こえる人)が使用することが多いです。「これから手話を学びたい」と考えている手話初心者にとっては、日本手話はハードルが高く、日本語対応手話の方が学びやすいと言われています。なお、例えば「日本手話を使う人は日本語対応手話を使わない」ということは必ずしもなく、両者が混じることも多いというのが現状です。

< Back
1 2 3 4
30 件
となきん

この記事のアドバイザー

となきん

ファイナンシャルプランナー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ