「はじめて」をわかりやすく。

ボクシングを始めようとしている方へジムや練習方法について

ボクシングを始めようとしている方へジムや練習方法について

格闘技の代表ともいわれるボクシングは、現在では格闘技としてだけではなく、運動不足の解消や、ダイエットなどの目的で練習する方も増えています。この記事では、ボクシング初心者に向けておすすめの自主練の方法や、おすすめの服装・グローブなどの選び方について解説します。

Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター


OPEN

目次

これまでボクシングをしたことがなく、これからボクシングを始めようとしている初心者の方にとっては、どのようにボクシングを始めたらよいか、悩んでしまうこともあるでしょう。

初心者の方が、楽しく快適にボクシングをはじめて継続していくためには、いくらかの準備やコツを掴んでからボクシングにチャレンジするのがよいでしょう。この記事で、ボクシングの自主練の方法を学び、また服装やグローブなどのことについても確認して、ボクシングへ挑戦してみてくださいね。

1.ボクシングをはじめる前の準備

これまでまったくボクシングをしたことがない方にとっては、「ボクシングを始めるといきなり殴り合いをするの?」という恐怖を持ってしまうかもしれません。

しかしそうではなく、ボクシングもやはり習得していくためには順序というものがあります。ボクシングをはじめる前の準備についてはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、ボクシングをはじめる前の準備について学んでみましょう。

ボクシングにはどのような準備が必要?

楽しくボクササイズ

ボクシングをはじめるにあたっては、どのような準備が必要なのでしょうか。ボクシングは個人競技なので、どこかのチームに所属しなければならないというようなことはありません。たとえば、練習場所が確保できなければ、ボクシングの練習をすることはできません。

ずっと個人で練習をするならば、地域の体育館などを使ってトレーニングをするということもできます。しかし、やはり基本的な技術などを学ぶためのスタンダードな方法としては、通えるボクシングジムを探してそこへ所属するという方法です。

ボクシングジムを探すには、地元の情報誌のほか、地域の体育館で募集が出ていたり、また近年ではインターネットやSNSなどを活用して探してみるのがよいでしょう。

ボクシングはすぐにはじめることができる?

ボクシングをはじめるには、まず練習場所が必要と解説しました。しかしたとえば運良く練習場所が確保できたとして、すぐにボクシングを開始することができるかというと、そういうわけではありません。

ボクシングは、場合によっては「凶器」とも形容される拳を人に向け、また向けられる行為です。それだけに、ボクシングを安全に楽しむために基本動作や基礎体力の構築が絶対に欠かせないものなのです。

たとえば、ボクシングに必要となる体力や筋力を鍛えるためのロードワークやステップワークの練習、基本的なパンチの練習、そして回避動作などを繰り返し行って、一定程度の実力がついてはじめて、ボクシングを本格的に楽しむことができるのです。

< Back
1 2 3
29 件
Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ