「はじめて」をわかりやすく。

ボクシングを始めようとしている方へジムや練習方法について

ボクシングを始めようとしている方へジムや練習方法について

格闘技の代表ともいわれるボクシングは、現在では格闘技としてだけではなく、運動不足の解消や、ダイエットなどの目的で練習する方も増えています。この記事では、ボクシング初心者に向けておすすめの自主練の方法や、おすすめの服装・グローブなどの選び方について解説します。

Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター


OPEN

目次

2.はじめてボクシングをするにはどうする?

では、はじめてボクシングをするには、どのような手順を踏むとよいのか、改めて整理してみることにしましょう。

まったくの初心者がボクシングにチャレンジをして、そこから本格的にボクシングを楽しむまでの具体的な道のりと、そのための自主練などの方法について、以下の項目で解説をしていきます。具体的なステップを描きながら、ボクシングにチャレンジしてみましょう。

初心者がボクシングをはじめるには?

サンドバッグを叩く

初心者がボクシングを始めるにあたっては、まず先にご紹介したように、ボクシングの練習場所を見つけるのが近道です。ボクシングジムがあればもっともよく、実績のあるボクシングジムを選ぶとよいでしょう。

近年ではボクシングジムも数が多く、それぞれに特徴をもっています。たとえば、女性向けのボクシングジムなどでは、ダイエットや運動不足解消のための練習メニューを組んでいるという特徴があります。また、大会などに出場したいという選手が多いというボクシングジムでは、大会向けの練習やスパーリングなどの練習を重点的に行っていたりします。

このように、ボクシングジムを見つけたら、次はジムでやっている練習を自宅などで練習日以外にもしっかりと練習を重ねることです。基礎体力や基礎動作の習得には、時間をかけて反復練習をすることがもっとも効果的です。そのためには、ジムの練習だけでなく、自宅での練習もすることで到達したい目標は確実に近づいてくることでしょう。

もちろん、ダイエットや運動不足解消が目的でボクシングを選んだという方にとっても、自主練習が重要であることは言うまでもありません。

ボクシング初心者におすすめの自主練とは?

ボクシング初心者が自主練に取り組むときには、どのような方法で行うのがよいのでしょうか。ボクシングのおすすめの自主練にはいくつか種類がありますが、もっとも代表的な自主練としては、ロードワークや縄跳びといった、基礎体力づくりのための練習です。これは比較的、練習場所を選ばずに行える自主練であるため、自宅周辺などの場所で行えることが魅力です。

また、体育館など、屋内環境での自主練では、前後左右へのステップワークの練習、シャドーボクシング、ミラーを見ながらの練習など、基本動作の習得の練習が挙げられます。

ボクシングで結果を残した方で、基礎練習や基礎体力づくりをおろそかにしている例はないといっても過言ではありません。それほどにボクシングにとって、基礎練習や基礎体力づくりは重要な練習であり、それらのほとんどは自主練で行えるものであるのです。

YMX BOXINGボクシングボール パンチングボール 反射神経 動体視力 迅速な反応 パンチ練習 ストレス解消 | YMX BOXING | Amazon

¥2,000(税込)

主に動体視力、反射神経を鍛えて手目同調と並び、面白い訓練を期待できます。 ボクシングスキルアップに難しいですが、打てば打つほど簡単に早くなり動体視力や反射神経をトレーニングでき、遊び感覚でボクシングが楽しみつつ、全身の有酸素運動でムダな脂肪を燃焼できます!

29 件
Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ