「はじめて」をわかりやすく。

ボクシングを始めようとしている方へジムや練習方法について

ボクシングを始めようとしている方へジムや練習方法について

格闘技の代表ともいわれるボクシングは、現在では格闘技としてだけではなく、運動不足の解消や、ダイエットなどの目的で練習する方も増えています。この記事では、ボクシング初心者に向けておすすめの自主練の方法や、おすすめの服装・グローブなどの選び方について解説します。

Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター


OPEN

目次

3.ボクシングをより本格的に楽しむには?

初心者がボクシングを始めるきっかけや理由は様々ですが、いくら自分から望んでボクシングを始めたといっても、毎日基礎体力づくりや基礎練習ばかりを続けるというのも辛いものです。練習への刺激や向上心を保つための方法を知っていると、よりボクシングの練習にも身が入ってくることは間違いありません。

以下の項目では、ボクシングをより本格的に楽しむための方法や、ボクシングの道具について解説していきます。

ボクシングを楽しむコツ

ボクシングは、一見すると殴り合いをして、相手を倒せばいいという、単純なスポーツに見えてしまうかもしれません。しかしながら、実際のボクシングは練習方法や選手個々人による特性など、非常にバリエーションのある競技でもあります。

ボクシングをより楽しむためには、明確な自分の「ボクサー像」を描きながら練習してみるという方法があります。どんなボクシング選手になりたいのか、あるいは、ボクシングを学ぶことで自分はどのようになりたいのか、どう変わっていきたいのかといったことを具体的にイメージしながら練習をすることで、自主練についても刺激が得られ、より身が入るといえます。

現役で活躍している選手や、過去に活躍したボクサーなどの試合や練習の動画を見ることも、よい刺激となるでしょう。ボクシングジムに通っている方は、同じジムに通うジム生とのやりとりの中で情報交換をすることで、新たな刺激を得ることができる場合もあります。

ボクシングには服装やグローブも重要

グローブをつけるとスイッチがはいりますね

服装やグローブもボクシングには重要です。ボクシングの試合などを見たことがある方は、ボクサーがウェアやパンツを着て試合をしている様子を見たことがあるかもしれません。しかしながら、ボクシングの練習の際には必ずしもそのようなウェアでなくとも構いません。

とはいえ、ジャージなどでは練習しにくい場合もあります。ボクシングは激しく細かい動きが多く、また汗をかく運動です。速乾タイプのウェアや肌触りが柔らかいトレーニングウェアをセレクトするとよいでしょう。

また、ボクシングに欠かせないのはグローブです。グローブもピンからキリまでありますが、始めたばかりだからといって「とにかく安いもの」という選び方はおすすめしません。ボクシングは自分の拳や手首を保護するためのものです。

そのため、手に合っているか、マジックテープはしっかりとグローブを保持してくれるか、硬すぎたり柔らかすぎたりしないかといった視点で選ぶとよいでしょう。

ZTTYボクシンググローブ PUレザー パンチンググローブ 通気性 キックボクシング トレーニンググローブ 格闘技グローブ サンドバッグ 空手 ミット 男女兼用 子供(柠檬黄, 4oz) | ZTTY | グローブ|Amazon

¥1,999(税込)

【抜群な耐久性&衝撃吸収】【プレミアムPUレザー使用】【通気性が優れるメッシュ素材】【ボクシンググローブ+バンデージ】【多用途】

しっかり自主練も!ボクシングへチャレンジしよう

体も気持ちも強くしていきましょう

ボクシングへのチャレンジを志した方は、いろいろな動機を持っていることでしょう。運動不足解消のため、ダイエットのため、強くなりたいため……、どんな理由であっても、ボクシングを学ぶ理由に貴賎はありません。

ボクシングの自主練は、ときに厳しく辛いことももちろんあります。しかし、せっかくボクシングを学ぶことを志したのであれば、諦めることなく自主練に取り組み、服装やグローブなどの選び方にも注意して、ボクシングへ思い切りチャレンジしてみましょう。

1 2 3
Next >
29 件
Aries

この記事のアドバイザー

Aries

元IT系のOL兼ライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ