「はじめて」をわかりやすく。

できて当たり前の時代に備えよう!初めてのプログラミング

できて当たり前の時代に備えよう!初めてのプログラミング

2020年、小学校での必修化が決まったプログラミング。もはや子供の習い事の定番です。「子供にプログラミングを身につけさせないと!」という危機感はあるものの、実際は何をどう始めればいいのか戸惑っている方も多いですよね。今回は、そんな方に向けて、子供と楽しみながらできるプログラミングの始め方を紹介します。

Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ


CLOSE

目次

1.プログラミングとは

プログラミングって勉強しないといけないの?

いつ頃からでしょうか?子供の習い事として、プログラミングがじわじわと人気を集めるようになり、プログラミング教室の広告や看板を見かけることが増えてきました。気が付けば、プログラミングは子供の習い事ベスト10に入るほどの盛況ぶり。そんな中、ついに2020年、小学校でプログラミングが必修科目になりました。

「プログラミングって勉強させないといけないの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。「プログラマーのようなITに携わる職業に就く人だけが知っていればいいのではないか?」と。

結論からいうと、「無理にさせなくてもいいけれど、できないと今の子供達が大人になったときの社会で、働いてお金を得ようとしたとき、企業からは門前払い、個人でも仕事は難しいだろう」と考えられます。というのも、さらにIT化が進む将来、プログラミングはもはや「できて当たり前」の技術になることが予想されるからです。

プログラミングを勉強することで、直接的にはプログラミング言語でプログラムを作る能力が身につきますが、その作業を通して、「論理的思考力」「問題解決能力」も養うことができます。むしろそれこそが、プログラミングを勉強したほうがいい大きな理由でもあります。どんなツールを使うにしろ、この2つの能力も、実際に手を動かしてプログラムを作る能力と等しく、変化の激しい将来の社会で当たり前に求められる能力になると予想されるからです。

パソコンを使う前に…ボードゲームで学ぶ

プログラミング言語でプログラムを作るという作業は、パソコンに向かわなければできませんが、「プログラミング的思考」=「論理的思考力・問題解決能力」は、パソコンがなくても養うことができます。方法は主に2つ。1つめは、ボードゲームです。筆者のおすすめを紹介します。

・コリドール
自分のネズミを、一番早くチーズに到着させたプレイヤーの勝ち。ネズミを盤の上で進ませるだけでなく、対戦相手の前に緑の板を置き、邪魔をすることができるのがポイント。自分の番では、ネズミを進ませるか、板を置くか、置くならどこにどう置くかなどを考える必要があります。対象年齢は5歳~。筆者の家では、子供達は3歳頃から、小学生になった今でも遊んでいます。

ギガミック (Gigamic) コリドール・キッズ ( Quoridor Kids) [正規輸入品] ボードゲーム | Amazon

¥5,720(税込)

最奥の列まで自分のネズミを進め、同じ色のチーズを勝ち取るゲーム「コリドール・キッズ」。自分のネズミを向かい側まで進めればゴールになる。ネズミを進めるか、フェンスで相手の進路を妨害するかを一手ごとに選ぶ戦略的なゲーム。

・ブロックス
各プレイヤーは、色分けされた21個のピースを持ち、それを既に版に置いてある自分のピースと角が接する場所に置いていきます。角が接しない場所や、辺で接してしまう場所には置けません。できるだけたくさんのピースを置いたプレイヤーの勝ち。自分がよりたくさん置ける場所を確保しつつ、他のプレイヤーが置ける場所を減らしていくのがポイント。4人で対戦すると、全てのピースを置くには、かなりの思考力が必要。対象年齢は、7歳~ですが、筆者の家では5歳頃から遊んでいます。

ブロックス BJV44 | 脳トレ・学習ゲーム | Amazon

¥3,140(税込)

「ブロックス」は、タイルを角が接するように置いていくロジカルなゲームです。タイルを角が接するように置いていくロジカルなゲームです。ピースを途切れないように盤へと置いていき、最後にたくさんピースを置けた人が勝利!

・ラッシュアワー
混雑する駐車場から、赤い車を出すパズルゲーム。赤い車以外の車を、縦・横にスライドさせて、赤い車が抜け出せる道を作ります。決まった順番にスライドさせなければクリアできないため、粘り強く論理的に考える力が必要。対象年齢は8歳~。5歳から楽しめるジュニア版や、より難易度の高い問題にチャレンジしたい人向けの拡張版など、ラインナップが豊富。

シンクファン (ThinkFun) ラッシュアワー (Rush Hour) パズルゲーム [並行輸入品] | ボードゲーム | Amazon

¥3,880(税込)

世界的に有名な思考型パズルゲーム。 世界的教育メソッド「マインドラボ」の教材としても有名です。 駐車場が大混雑で動けない! あなたの赤い車を脱出させるには、他の車をどのように移動して 駐車場を整理するのかを論理的思考で問題を解決する力を育む世界的に大人気の思考型パズルゲームです。

パソコンを使う前に…ドリルで学ぶ

パソコンを使わずに、「プログラミング的思考」=「論理的思考力・問題解決能力」をはぐくむことができる方法の2つめは、ドリルです。筆者のおすすめを紹介します。

・マンガでわかる!10才までに遊んできたえるプログラミング脳
マンガと問題が交互に登場し、楽しみながら条件分岐や繰り返しなどのプログラミング処理を学ぶことができます。学習漫画ながら、内容がとっておもしろく、ついつい引き込まれてしまいます。10歳までとあるので小学生以上かなという印象を受けますが、筆者の4歳の次男はこの「マンガでわかる!10才までに~」シリーズがかなり好きで、こちらの本もすぐに1冊終わってしまいました。この本を楽しんで取り組めれば、プログラミング好きになる素質あり!

マンガでわかる! 10才までに遊んできたえるプログラミング脳 | Amazon

¥1,650(税込)

伝説の大怪盗が隠したお宝をさがし当てる……3組の若手怪盗たちがなぞ解きで宝さがしに挑むぞ!条件は、プログラミングしたロボットに手伝わせること。
マンガと例題+4問1組のくり返し問題で、「プログラミング的思考」が自然と身につきます。

・ドリルの王様
「順序」「分岐」「繰り返し」などのプログラミング処理を、楽しく学ぶことができるドリル。「ザ・勉強!」という堅苦しいものではなく、なぞなぞ遊びの延長のような楽しい内容になっています。インターネットで検索すると、数ページだけ無料で公開されているので、ダウンロードして印刷し、子供にさせて反応をみるといいですね。楽しんで取り組めるようであれば、ぜひ購入をおすすめします。1,2年生用ですが、筆者の4歳の次男は楽しくできていました。

ドリルの王様 1, 2年のたのしいプログラミング 新学習指導要領対応 | Amazon

¥748(税込)

2020年度に必修化となるプログラミング教育では、作業を分解したり、それを順序立てて表現する"プログラミング的思考"を身に付けることが求められています。
本書は楽しみながら問題を解いて"プログラミング的思考"を育成する、小学生にぴったりなパソコンいらずのプログラミング教材です。

2.プログラミング教室で学ぶ

子供が5、6歳になった、あるいは、プログラミングに興味を示したら、パソコンを使ったプログラミングをどんどん学んでいきましょう。方法は2つあります。1つめがプログラミング教室に通うこと、2つめが自宅学習です。

教室で学ぶメリット・デメリット

・デメリット
プログラミング教室に通う場合のデメリットは、主に費用です。入会金(初期費用)+月に1万円前後+交通費がかかります。お手軽な習い事とは言い難い金額ですね。さらに、教室まで通う時間もかかります。人気の習い事とは言っても、まだまだ駅に1つという件数ではないので、近場を探しても、電車か親の送り迎えが必要になる場合が多いでしょう。

・メリット
プログラミング教室に通うメリットは、「専門知識と指導力のある専門の先生に教えてもらえること」「一緒に勉強する友達ができること」「疑問をすぐに解消できること」の3つです。先生と友達という人的環境は、途中でイヤになったときに投げ出さず、続けていくモチベーションにもなります。

おすすめプログラミング教室

プログラミング教室をインターネットで検索してみると、いくつかヒットするので、迷ってしまいますよね。筆者がおすすめするプログラミング教室を紹介します。しかし、子供との相性がありますので、正式に入会する前に、必ず体験することを忘れずに!一番大事なことはカリキュラムや値段より、子供が楽しく通えることです。

・LITALICOワンダー
年長~高校生までを対象としたロボット・プログラミング教室。子供が受講している親へのアンケートでは「今後も受講させたい」と回答した人が97%と、高評価をしています。ロボット製作や、アプリ・ゲーム制作の他に、3Dプリンターという珍しい講座もあり。無料体験60分というコースがあるので、気軽に参加できるのも嬉しいポイントです。筆者の子供も体験に行き、「楽しかったー」と帰ってきました。通わせてあげたかったのですが、いかんせん費用が…。月2回でも15000円程度かかるので、財布と相談ですね…。

・Tech Kids School
IT企業「サイバーエージェント」が運営する小学生のためのプログラミング教室。少人数制で、スタッフが生徒一人一人の学習をサポートします。継続して通うコースの他に、長期休みには2~4日間の短期集中講座があります。ただ、渋谷か大阪の会場しかないのが難点。また、費用が34000円/2日間~63000円/4日間かかるのも手痛い出費!

自分が作ったプログラムを発表する機会が設けられているので、プレゼンテーション能力も身に着けることができるのが魅力の1つ。人前での発表が苦にならない子供なら楽しめますが、そうでなければ、「行きたくない!」と言い出しかねないので、子供の意志をきちんと確認しておきたいところです。

3.自宅でプログラミングを学ぶ

自宅学習のメリット・デメリット

・デメリット
プログラミングを自宅で自習する場合、一番のデメリットは「疑問を自分で解決しなければならない」点です。もちろん、親やきょうだいなど、身近な人がプログラミングの知識を持っていて教えることができる場合は問題ありません。そうでなければ、インターネットや本で調べて、子供が自分で解決する必要があります。

もう1つのデメリットは、疑問点が解決できなかったり、あまり興味が持てないと「面倒だ」と感じて、そのままやめてしまう可能性が高いことです。教室であれば、時間と場所が拘束されるので、モチベーションが低いときでも、続けていくことができますが、自宅の場合、自分1人で取り組まなければならないため、持続するには強い意志が必要になります。

・メリット
自宅学習の一番のメリットは、費用がかからない点です。教室に通っていれば、月1万円前後の出費ですから、この差はかなり大きいですよね。また、パソコンとインターネット環境があれば、いつでも自分の都合のいい時間に、気軽に始めることができます。体調や送り迎えのことを心配する必要は一切ありません。

また、自学自習する中で生じた疑問を、自分で解決する過程を通して、より幅広いプログラミングの知識と、問題を粘り強く解決していく力がつきます。

おすすめ無料プログラミング学習アプリ

・スクラッチ(Scratch)
子供向けのビジュアルプログラミング言語。無料で誰でも利用することができ、日本語・英語はもちろん幅広い言語に対応しています。様々なプログラミング教室でも採用されている、初心者が始めやすい言語です。というのも、コンピュータへの命令を文字ではなく、既に用意されているブロックを組み合わせることで行うので、子供でも視覚的に組み立てることができるからです。

また、NHK教育テレビでは、スクラッチをテーマにした子供向け番組「WHY!?プログラミング」を毎週放送しています。視聴してみると、より具体的にイメージでき、自学自習の助けになります。番組のホームページでは、番組内に出てきたスクラッチで作成したゲームを提供しているので、編集して自分好みにアレンジすることができます。

・ビスケット(Viscuit)
スクラッチ同様、子供向けのビジュアルプログラミング言語。ビスケットのほうがより直感で操作できる仕様なので、対象年齢は低く、幼稚園児からでも操作できます。実際、ビスケットを使った多くのプログラミング教室は、未就学児も対象にしています。筆者の子供達も、長女は5歳で体験教室に行きましたが、楽しく遊んでいました。また、ビスケットはパソコンに限らず、タブレットやスマホなどでも遊ぶことができるので、スクラッチよりも手軽に始めることができるところも魅力です。

テキストになるプログラミング本を1冊用意しよう

まったく初めてで、身近にプログラミング知識のある人がいなくて、かつ、自宅学習でプログラミングを勉強したい場合、通う予定がなくても、まずはプログラミング教室の体験に行くことをおすすめします。書籍やサイトでゼロから自分で学ぶよりも、体験教室で大体の操作を理解してからのほうが、効率的に自学自習できるからです。

しかし、プログラミング教室に行くことが、いろいろな事情で難しい場合は、まずはテキストになる書籍を1冊購入しましょう。書店に行くと、子供向けのプログラミングの本がたくさん置いてあります。子供と一緒に行って、本人が一番理解しやすいと感じたものを、本人に選んでもらいましょう。

参考までに、筆者の長男が小学2年生の頃から、テキストとして読んでいる本を紹介します。現在小学4年生の長男は、このテキストを参考に、気が向いたときに、スクラッチでゲームを作って遊んでいます。

親子でかんたん スクラッチプログラミングの図鑑 【Scratch 3.0対応版】 (まなびのずかん) | Amazon

¥2,948(税込)

好評の『スクラッチプログラミングの図鑑』のスクラッチ3.0対応版です。ブラウザから公式サイトにアクセスして使うオンライン版と、Scratchデスクトップをインストールして使うオフライン版の両方に対応しています。

どんどん手を動かしてトライ&エラー

もし可能なら、全くプログラミングの知識がなくても、子供と一緒に始めてみることをおすすめします。親が隣で「うーん、どうするのかな?難しいね。」と一緒に悩んでくれると、子供はとても嬉しく感じるものです。

プログラミングは初心者だと文字を読んで理解することは難しいので、「どうしたらいいの?」と頭で悩むより、まずは手を動かして、トライ&エラーで学ぶことが一番の近道です。どんどん失敗してくださいね!

これからの時代、プログラミングに限らず、いつ、どんな科目が、学校で必修化されるか分かりません。どんな科目であっても、どうせ取り組むのであれば、「どうしよう!」とうろたえるのではなく、「どんな内容かな?なにができるのかな?」とポジティブに向き合いませんか?まずは親がその姿勢をみせましょう!プログラミングって、とってもおもしろいですよ。

Yamako

この記事のアドバイザー

Yamako

整理収納アドバイザー兼webライター 個人宅の片づけ&ライター業の二足のわらじ




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ