「はじめて」をわかりやすく。

護身術をはじめたい!危険を回避するために状況に合わせた護身術を学ぼう

護身術をはじめたい!危険を回避するために状況に合わせた護身術を学ぼう

女性でも簡単にできる護身術があれば、暗い夜道も安心して歩きやすいですよね。 小柄で力の弱い女性でも、簡単に身につけやすい護身術を状況別にご紹介します。

胡麻和えマン

この記事のアドバイザー

胡麻和えマン

塾講師。アウトドアと胡麻和えが好き。


OPEN

目次

3. 危険を回避する護身術は身を守ることが第一に考える

護身術は危険を感じた時に、相手から身を守るための技術です。しかし護身術で必要以上に相手を攻撃すると、さらに危ない目に合ってしまうケースもあります。

危険を感じたら逃げ道を探す

夜道や、人通りのない場所は、危険な目に合う確率が高くなります。護身術を身につけたからといっても、すべての危険を回避できるわけではありません。

相手が護身術でひるんだら、逃げ道を探し、安全な場所まで移動することを優先させましょう。護身術でひるんだ相手が、思わぬ攻撃に逆上することも大いに考えられます。

身の危険を感じた時は、逃げることを最優先に考えるのも護身術の1つです。

普段から防犯グッズも備えておこう

護身術がどんな相手にも通用するとは限りません。危険を感じた時に、うまく護身術が発揮できないこともあります。護身術だけでなく、普段から防犯グッズを持ち歩く習慣をつけておきましょう。

バックにつけやすいキーホルダー型の防犯ブザーや、吹きつけることで逃げる隙を作る防犯スプレーなど、様々な防犯グッズがあります。いざという時の護身術だけでなく、防犯グッズも備えておけば、危険から身を守れる確率も高くなります。

shirylzee 防犯ブザー 防犯アラーム 140dB LEDライト付き | Amazon

¥2,099(税込)

ブザーを鳴らし140dB爆音を出すことによって相手を慌てさせ、その場から逃げる時間を稼ぐことができます。周囲の人々に知らせたり、犯罪者を動揺させて退散させたりすることができる防犯用品です。子供だけでなく大人も安心できる防犯ブザーです。

小柄な女性でも状況に合わせた護身術で、危険を回避する方法を身につけよう

女性は男性よりも危険に巻き込まれる確率が高いため、夜遅くの帰り道に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。護身術を身につけると危険を回避する行動力が高まり、危ない目に合ったとしても冷静な判断を下して逃げ道を確保しやすくなります。

道をふさがれて正面から抱きつかれたとしても、相手のあごをグッと押せば、体勢が崩れて逃げる隙が生まれます。また後ろから抱きつかれた場合は、相手の顔をめがけて、後頭部を思いっきり打ちつけると相手がひるみ、拘束がとけやすくなるでしょう。

しかし、護身術はあくまでも自分の身を守るための手段です。護身術で体格差のある相手と戦うことはせず、相手がひるんだら逃げることを最優先に考えてください

かよわい人でも使える護身術―わずかなチカラとちょっとしたコツで対抗できる | 早川 光由 |本 | 通販 | Amazon

¥1,650(税込)

女性が己の身体を守るための「実戦の護身術」を写真とDVDでビジュアルに解説。日常生活であり得るシチュエーションから特に襲われそうなパターンを選び、ほとんど力を使わずに解決できる護身術を教えます。

1 2 3
Next >
35 件
胡麻和えマン

この記事のアドバイザー

胡麻和えマン

塾講師。アウトドアと胡麻和えが好き。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ