「はじめて」をわかりやすく。

感染症予防のためにも初めての電子体温計は自分に合ったものを選ぼう

感染症予防のためにも初めての電子体温計は自分に合ったものを選ぼう

今や様々な種類がある電子体温計。電子体温計は脇の下に挟むものだけではありません!せっかくなら便利で長く使えるものを選びたいですよね!今回は、初めて電子体温計を購入する方へ、電子体温計の種類やそれぞれのメリットやデメリット、オススメの電子体温計をご紹介します。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母


OPEN

目次

1. 電子体温計はいつ使う?毎日熱を測ることの意味とは

体温を測るのは体調が悪い時だけ、という人も多いですが、毎日熱を測る人も少なくありません。特に、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るいだしてからは、日々の検温を怠らなくなったという人も増加したのではないでしょうか。電子体温計を利用して毎日熱を測ることには、どのような意味があるのでしょう。

コンディションを確認するためにも、体温は必要で目安にもなります。

平熱を知ることで健康管理ができる

皆さんは自分の平熱、というものをしっかりと把握していますか?毎日熱を測らなくても、だいたいの平熱は知っている、という人も多いと思います。しかし、電子体温計で毎日熱を測ることで、より正確な平熱を知ることができます。

毎日熱を測っていれば、ちょっとした体調の変化にも気づくことができます。可能であれば測った体温は日々記録しておくと、より健康管理に役立てることができます。

体温を測るのは1日2回まで

とはいえ、1日に何度も体温を測る必要はありません。体温を測るのは1日1回多くても2回までに留めましょう。

私たちの体温は、朝が1番低く、夕方が1番高くなります。その差は1度以内が基本ですが、体調のみならず、季節やその日の食事や行動、気分などによっても変化します。「熱があるのではないか」と思って何度も体温を測れば、少なからず体温は上昇するのです。

電子体温計で日々検温を行うことは大切ですが、あまり神経質になりすぎず、熱を測るのは朝と夕方、もしくは夜にしてください

女性は基礎体温を測ることで妊活などにも役立つ

「基礎体温」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。基礎体温は簡単に言うと、寝ている間の体温のことです。

女性の基礎体温は生理周期と共に変化をします。排卵日から生理が始まるまでが高温期生理中から次の排卵までが低温期と言われており、この周期を把握することで、体調管理だけでなく妊娠の可能性をアップさせることにも繋がります。妊娠の可能性が最も高まるのは排卵日の3日ほど前から排卵日翌日まで。基礎体温を記録することで、そのタイミングを自分で理解できるのです。

しかし寝ている時に自分の体温を測ることはできません。そこで、基礎体温計婦人体温計と呼ばれる電子体温計で、朝起きてすぐの体温を測ります。基礎体温計は口の中に入れて測るタイプが主流で、最近は様々なアプリと連動しているものも販売されています。基礎体温を測っても記録が続かない、という人にはアプリ連動は嬉しいですね。

TDK基礎体温計(口中専用) 毎日検温アプリで管理、一度に7回分の記録転送、ルナルナ他6種アプリと連携 | Amazon

¥2,970(税込)

口内で約40秒で精度よくスピード測定。(口腔舌下に測温部をあて体温を計測。)シンプル操作。ボタンひとつでスマートフォンに簡単データ転送。スマートフォンアプリで測定データをグラフ表示。携帯・保管に便利な衛生的な収納ケース付き。

< Back
1 2 3
34 件
えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ