「はじめて」をわかりやすく。

【はじめてのカーシェア】レンタカーより手軽に!カーシェアで気軽に車生活をはじめてみよう

【はじめてのカーシェア】レンタカーより手軽に!カーシェアで気軽に車生活をはじめてみよう

免許はあるけれど、車の維持が大変で車を持っていない方もいらっしゃいますよね。そこで便利なカーシェアリングというシステムがあります。カーシェアリングのある生活をはじめるための仕組みや、気になる値段などを紹介していきます。

roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子


CLOSE

目次

1.カーシェアリングって?

カーシェアリングは会員登録をしておけば、ネットから予約をしていつでも車を借りることが出来る便利なサービスです。はじめにカーシェアリングの仕組みや魅力についてお伝えします。

カーシェアリングのしくみ

レンタカーは不特定多数の人が利用するシステムになっていますが、カーシェアリングは利用登録した会員に自動車が貸し出され、10分から1日単位で借りることができます。一般的にはレンタカーよりも短い時間の利用を目的としている方が多いです。

まずカーシェアリングのサービスを行っている会社で会員登録をし、登録が完了した時点で借りることができるのでネットで予約をすればすぐに乗れます。予約時間になったら車が停めてある場所に行き、車の解錠を会員カードなどで行いエンジンキーを取り出します。利用時間が終了したら返却し、エンジンキーは元の位置に戻します。会員カードなどで施錠をしたら返却が完了します。

カーシェアリングの魅力

カーシェアリングの一番の魅力は、やはり車にかかる費用が安く済むことです。自動車を所有するためには自動車の購入費、税金、駐車場代や保険料がかかり、年間で見ると約40~50万円の維持費が必要になります。

一方、カーシェアリングの場合は利用料金にこれらの費用が含まれているので、レンタカーと比べても安価で利用できます。他にも全国展開されているカーシェアリングであれば、出張や旅行先でも簡単に予約ができ、便利に使うことが出来ます。

2.カーシェアリングをはじめる前に

おすすめの会社選び

カーシェアリングを利用するにあたって選び方のポイントやおすすめの会社を紹介します。カーシェアリングを選ぶ重要なポイントは3つあります。「1.ステーション数」「2.料金の安さ」「3.車種の多さ」です。ネットでは「タイムズカーシェア」「カレコ・カーシェアリングクラブ」「オリックスカーシェア」が選ばれているようです。それぞれの特徴を簡単に紹介します。

・タイムズカーシェア
全国にステーション数が11,754箇所にありアクセス性が良いです。また車両数も多く、6時間までは距離料金が無料なところも魅力的です。迷ってしまう方はタイムズカーシェアがおすすめです。

・カレコ・カーシェアリングクラブ
車種数No.1で高級車から使い勝手の良い乗用車まで揃っています。6時間までは距離料金が無料です。関西の方はステーションが少ない状態ですが、首都圏でのアクセス性は抜群です。

・オリックスカーシェア
2つのプランが用意されています。長時間利用の場合業界最安値となっているので、毎月の使用頻度が少なく、1回の利用時間が長い方におすすめです。

利用料について

カーシェアリングの利用料についてお伝えしていきます。以下の表はネットでおすすめしている会社の月額と時間料金などを記載したものです。

タイムズカーシェアの場合、他の3大カーシェアの会社と比べると、料金は平均的と言えます。

カレコ・カーシェアリングクラブの場合は短時間利用料金が最安値で、10分単位で無駄なく利用できます。いくつかのプランがあり、月額料金は1000円前後でさほど変わりませんが、オリックスカーシェアはA・Bとプランが選べ、プランによって短時間利用の料金に差が出ます。

・お支払い方法
カーシェアリングを利用した際の支払い方法についてお伝えします。会費や利用料金の支払い方法について上記の3社を確認してみたところ、支払いについては1ヶ月ごとにまとめて行い月末締めが多いようです。基本的にはクレジットカード払いでの事前決済となり、お支払日はクレジットカード会社によって異なります。デビットカードやプリペイドカード、電子マネーは使用できません。

タイムズカーシェアの場合、電話予約をしておけば出発時に店頭での現金払いが可能です。現金での支払いの際は、運転免許証のほかに本人確認ができる書類(写し可)の提示が必要です。

入会手続きの方法

カーシェアリングを利用するためには会員登録をする必要があります。簡単に入会手続きができるスマホからの登録方法をお伝えします。入会するためには、利用規約などを読みプランの選択や個人情報の入力を行い、入力が終わったら登録情報の確認や審査を経て会員登録が成立します。

登録に必要なもの
・運転免許証
・クレジットカード
・携帯電話番号
・メールアドレス

「運転免許証」は表裏両面の画像が必要になります。アップロードができない場合は郵送になります。「クレジットカード」は運転免許証に記載されている方と同じ名義のものが必要です。「携帯電話番号・メールアドレス」はサービス利用中にメールの確認をするために必要になります。

3.カーシェアリングを利用しよう

カーシェア利用中のルール

会員登録を終えたら実際にカーシェアリングを利用してみましょう。利用するにあたってルールやマナーを守る必要があります。会員資格の取り消しにもつながりかねません。ではどんな点に気をつけなければならないのかお伝えします。

契約解除されてしまう内容
・繰り返し無断延長し、次に予約している会員の方への迷惑になってしまう行為があった場合

・過度な未利用キャンセルを繰り返し、勧告後も改善が見られなかった場合

・非会員へ車両の貸し出し(運転含む)をした場合

・車内喫煙は禁止となっており、煙草を吸っているところを発見、もしくは煙草を吸った事実を把握した場合(電子タバコ含む)

・事故が発生したときに法令上および所定の措置を怠った場合

・ペットの同乗を発見、もしくは同乗している事実を把握した場合

・駐車違反をして警察に出頭がなかった場合

・灯油の運搬は積載しているところ、もしくは積載事実を把握した場合

・利用料金の支払遅延および未払いの場合

・無断で車両放置(乗り捨て)をした場合

これらのルールは大手カーシェアサービスを行ってる会社の利用中のルールについて、ある程度共通するものをまとめたものです。この他にも細かなルールなどがあり、会社によって異なるため会社のルールに従って利用しましょう。

万が一事故を起こしてしまったら

利用中に万が一事故を起こしてしまった際の手順や対応方法をお伝えします。事故発生時の流れとして、車両が動かせる場合は二次災害や交通渋滞を防ぐため、事故車両を安全な場所へ移動し、他の自動車や周囲に、事故が発生したことを知らせるなど危険を防止する措置をしましょう。

負傷者がいた場合は負傷者の救護を行い、救急車を手配しましょう。その場から警察に連絡をし、事故の届出をして事故受付をしましょう。その後は警察の指示に従いましょう。会員登録をしている会社のサポートセンターや専用窓口に連絡をします。返却までに連絡をしていないと保険や保証の適用外となり、会員取り消しの対象となります。

便利なカーシェアリングを賢く使おう

レンタカーの場合、最低でも3時間からのプランがほとんどです。ですが、利用する方の用途は様々で「1時間だけ必要」「30分だけでいい」という方もいらっしゃいます。カーシェアリングサービスは24時間いつでも好きな時に最短10分から借りられるので、自分のニーズに合った車の使い方が出来ると思います。

特に都内は駐車場料金も高く、車を維持するだけで費用がかかってしまいますが、カーシェアリングならそういったこともなく月額・利用料金だけで済みます。

カーシェアリングの仕組みを理解し、一人ひとりがしっかりとルールを守ることで気持ちよく利用できる魅力的なサービスだと思います。カーシェアリングを賢く使ってみてはいかがでしょうか。

自分のクルマをシェアして稼ぐ! 今日からはじめるカーシェアリング入門 |Amazon

¥413(税込)

車を所有していてもほとんど使わないなら、カーシェアリングFCオーナーという方法で稼ぐことが可能です。本書は、カーシェアリングの基礎知識から、カーシェアリングFCの仕組み、FCオーナーになった場合の収益や体験談などをまとめています。

roselly

この記事のアドバイザー

roselly

おひとり上手女子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ