「はじめて」をわかりやすく。

【はじめてのメルペイ】キャッシュレス決済はメルペイで!簡単登録&利用でお得な買い物!

【はじめてのメルペイ】キャッシュレス決済はメルペイで!簡単登録&利用でお得な買い物!

現在、新たな支払いサービスとして普及している電子マネー決済。メルペイを始めるにあたり、安全に使う方法も知りたいところです。メルペイはフリマアプリのメルカリが運営するサービスで、その登録方法や安心して実際に使う所からメルペイならではのメリットまで分かりやすく紹介します。

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター


CLOSE

目次

1.メルペイってなに?仕組みとアプリの登録まで

電子マネー決済について知ろう!

近年、政府の後押しもあり、急速に利用者数が伸びている電子マネー決済サービス。その気軽に使える便利さと、現金を持ち歩かないで済む安全面にも注目されています。少し詳しく説明すると、お金(貨幣)の価値をデジタルデータに変え、スマートフォンなどの携帯端末を通して支払い(決済)できるサービスです。

対応していれば、クレジットカードやスマホがお財布代わりになるということです。また、事前に電子マネーの必要額を購入するシステムなので、必要な上限額を自分で決めることもでき、使い過ぎたりもせず安心に使えることが可能で、未成年や学生からも支持を受けています。日本以外の国などでも、電子マネー決済の整備は進み、現金を全く持ち歩かないという国も存在します。

今回は、この電子マネー決済でも多々ある会社の中から「メルペイ」を紹介します。メルペイのメリットの紹介やどういったサービスなのかなどを詳しく紹介していきたいと思います。

メルカリアプリのダウンロードと登録方法

メルペイはフリマアプリの「メルカリ」のサービスの一つになります。スマホでメルカリアプリをダウンロード、登録するだけで簡単に利用できます。アプリのダウンロードはスマホの仕様によって違いますが、スマホのアプリをダウンロードするのと同様の方法で、iPhoneはApp storeから、AndroidはGoogle Playからダウンロードしてインストールして下さい。その時、同時に各スマホのOSやアプリのバージョンを最新にしておくのをおすすめします。これは不具合の対策や、メルペイのサービスが「iD」というサービスに対応しており、お店での支払いが一瞬で出来るという大きなメリットがあるからです。

登録はスマホの各サービスのガイドに沿って、利用規約もしっかりと確認しながら進めましょう。入力する項目は少ないですが、個人情報の取扱いについてはくれぐれも注意してください。また、登録方法やサービス内容や設定画面などはアップデートなどバージョンアップすると細かく変わるので、その都度の確認も必要です。

チャージって何?手数料はかかるの?
チャージとはメルペイアプリにお金を貯めておくことです。イメージとしては、スマホの中にお金を入金して、それを買い物の支払いの時に使うといった感じです。Suicaに電車運賃をチャージすることと同じイメージとも言えます。チャージするとその分の金額で支払いができます。

このサービスを利用して、お金をチャージすることに手数料は必要ありません。これは、他の電子マネー決済もそうですが、メルペイも例外ではなく、チャージすることでの手数料などは掛かりません。注意点として、チャージして残金が端数の場合などでも現金と組み合わせて支払いは出来ません。また、残金を返金するということは出来ません。チャージする金額もあらかじめいくら必要か想定して入金しましょう。チャージ方法は初期設定をしっかり間違えずに確認して下さい。一度チャージして支払いをするとその簡単さに驚くかもしれません。

2.ほかの電子マネー決済との違いは?メルペイの特徴

メルカリユーザーなら売上金がそのまま使える!

メルペイは先ほど説明したように、メルカリと連携したサービスなので、メルカリで出品して、その売上金があるユーザーはよりスムーズにメルペイを利用することができます。売上金があれば現金をチャージする必要はないのが他の電子マネー決済との大きな違いになります。

メルカリでの売上金はメルカリ内でも買い物に使える便利さもあるので、メルペイきっかけで、メルカリで出品したり落札したりしてみるというユーザーもいます。

また、支払いの銀行口座を登録すると、メルカリの売上金の振込申請期限(180日)が無期限になります。売上金を慌てて口座から引き落として、入金する必要もありません。メルカリユーザーは登録しておくだけでもお得になるシステムです。

メルペイならできる「メルペイあと払い」

メルペイ独自のサービス「メルペイあと払い」は、当月使ったメルカリの買い物の代金が、全国のメルペイ対応のお店やコンビニだけの支払いだけでなく、メルカリ以外でネットの買い物をした時の支払いで利用できるサービスです。

買い物を何度しても支払は1回で済むほかにも、残高払いというサービスを利用すれば、清算する時の手数料が無料などのメリットがあります。残高払いとは、ユーザーがアプリ内にあるメルペイ残高で支払う支払方法で、コンビニやATMでの支払い、口座振替の場合に必要な手数料300円が掛かりません。コンビニやATMに行かずに清算が出来るので、その手間も省けます。

ポイントはもらえる?ポイントキャンペーンはあるの?

メルペイにはメルペイポイントというサービスあります。ポイントは期間限定のキャンペーンなどでもらえることもあります。また、店舗で商品を購入した時には、ポイント還元キャンペーンなどの電子決済サービスも頻繁に行われています。メルペイも還元ポイントサービスはあり、加算されたポイントはもちろんメルペイでの買い物に使えますので、最新の情報を小まめにチェックしておくことが大切です。

3.アプリの準備ができたらお店で使ってみよう!

iphoneのメルペイ決済画面(id対応)

メルペイの利用できるお店の確認をしよう

メルペイの準備ができたら、さっそく利用してみましょう。使えるお店は、コンビニやスーパーなどだけでなく、百貨店や家電量販店、ドラッグストアなどの店舗やカフェやファミリーレストランや飲食店などや、衣料品店、カラオケボックス、ガソリンスタンド…などなど多岐のジャンルにわたります。

店頭の場合はレジで店員さんに「メルペイで支払いしたい」とで言えば伝わるので、スムーズにお会計ができます。レジでメルペイのQRコードかバーコードをスキャンしてもらうと支払いは終了です。財布から小銭を探し出す手間は省けますね。また、一部のオンラインストアでもメルペイは使えます。実店舗でもオンラインでも、これから対応していく店舗は続々と増えていくと思います。

現金払いとメルペイの違いは?メリットとデメリット

先ほども紹介したメリットですが、他の電子マネー決済サービスにもメルペイと同様にポイント還元のサービスがあります。還元サービスの期限や還元率は各社さまざまですが、現金払いとの差は、このポイント還元サービスでしょう。

では、メルペイは他社のサービスとどこが違うのかというと、多種多様な割引クーポンの配布サービスが多い点です。例を挙げると、ハンバーガーチェーン店で何度でも使える割引クーポンや、ドラッグストアで使える値引きクーポンが抽選で当たれば利用することができました。また、メルペイに友人などを招待すると1,000円分のポイントが、招待した側とされた側両方に貰えるといったキャンペーンなども以前ありました。上記のキャンペーンはすでに終了していますが、キャンペーンが始まるとアプリの画面にお知らせなどが表示されるので、細かくチェックしましょう。

・メルペイのメリット
・メルカリの売上金やメルカリポイントを支払いに使える。
・割引クーポンの配布がある。
・メルペイあと払いが使える。

・メルペイのデメリット
・銀行口座を登録して連携させる設定がやや手間。
・クレジットカードからメルペイにチャージできない。(デビットカードやプリペイドカードからもチャージできない)

かしこく使って便利でスムーズなショッピング!

サービスやキャンペーン内容などは随時変わるのですべて細かくは伝えられない部分もありましたが、電子マネー決済の中でメルペイの特長を紹介しました。スマホなどの端末で支払う機会が増えるということは、その端末が無いと利用できないということです。シンプルな事ですが、バッテリー切れや置忘れなどにはくれぐれも注意して利用しましょう。

また、個人情報の取扱いは特に注意して下さい。システム上の問題が現段階では無いとは言え、完璧なセキュリティなどの確証はありません。メルペイは金融サービスという位置づけなので情報の取扱いには細心の注意を払っているとのことですが、利用する側もその利用について、ログインのパスワードを小まめに変えることや情報だけでなく、スマホなどの端末の管理にも気を付けたいところです。

最後にメルペイを利用することで、みなさんの買い物がスムーズに、そしてよりお得になれば幸いです。

消費税増税に備えよう! キャッシュレス決済で得する完全攻略ガイド

¥858(税込)

クレジットカード、スマホ決済、電子マネーなど支払い方法はたくさんありますが、どれをどのタイミングで使えば、得するのかわかりにくいです。

本書では、それぞれの特徴と利用方法をやさしく解説しています。

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ