「はじめて」をわかりやすく。

在留資格申請とは?初めて日本に入国する外国人は必ず申請が必要です

在留資格申請とは?初めて日本に入国する外国人は必ず申請が必要です

初めて外国人が日本に入国する際、在留資格申請が必要です。外国人は在留資格を取得して、その在留資格で認められている範囲で活動が出来ます。在留資格は就労系(外国人雇用)、身分系(国際結婚)など29種類あります。活動目的によって必要書類も異なるので、しっかり確認しながら手続をしましょう。

湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。


OPEN

目次

1.在留資格とは?

外国人が日本に入国するには在留資格を取得する必要があります。在留資格は活動目的によって29種類あります。在留資格には外国人が日本で行う事が出来る活動内容と期間が定められています。それぞれの在留資格は厳格に活動内容を定めているので、与えられた活動内容を超えないように注意しましょう。

外国人は在留資格を取得して日本に入国出来る

海外から日本に初めて入国する際、なんらかの在留資格を取得して入国します。外国人は日本で行うとする活動に該当する在留資格を取得して入国する事になります。

中長期で日本に滞在する場合、事前に在留資格認定証明書の交付申請をして、出入国在留管理局が申請内容を審査します。提出書類から在留資格の取得の条件に適合すると判断されれば、目的に応じた在留資格認定証明書が交付されます。その在留資格認定証明書を海外にいる外国人本人に国際郵便で送付して、受け取った外国人本人は現地の日本大使館に行って、ビザの申請をします。現地の大使館では、在留資格認定証明書が交付されている外国人は、法務大臣の事前の審査を終えているものと扱われるのでビザは迅速に発給されます。

ところで、外国人本人はまだ日本に入国していないのに、どうやってこれらの手続をするのでしょうか?入管法ではそれぞれの活動目的に応じて代理人となれる者が決められています。通常はその代理人が日本で在留資格認定証明書の交付申請の手続をします。

例えば「留学」であれば入学予定の学校、「就労」であれば雇用企業、「国際結婚」であれば日本人配偶者などが代理人として定められています。外国人本人はビザが発給されたら飛行機などで日本に来て、空港で上陸許可を受けて在留資格を取得出来ます。

在留資格の主な種類

コック、調理師として日本で働く場合、「技能」の在留資格が必要です。

在留資格は主に大きく2つに分けられます。雇用を基礎とする在留資格身分を基礎とする在留資格です。

雇用を基礎とする在留資格
就労系の在留資格はさらに職種が限定された複数の在留資格に分かれます。主に専門知識を活かした就労の「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得して日本で働く外国人が多いです。他にも「医療」「介護」「興行」「教授」など専門分野で特別な能力や知識が認められた職種で、就労系の在留資格があります。

日本では単純労働は認められていないので、アルバイトや肉体労働、ルーティンワークなどで働くための在留資格はありません。例外的にワーキングホリデーなどの「特定活動」の在留資格はありますが、期間がかなり限られています。

身分を基礎とする在留資格
身分を基礎とする在留資格は主に日本人と国際結婚した場合で必要になる「日本人の配偶者等」の在留資格を取得する外国人が多いです。他に日系3世などは「定住者」の在留資格を取得できる場合があります。「永住者」の在留資格は活動制限無く無期限で日本に滞在する事が出来ますが、初めて入国する外国人は取得する事は出来ません。日本で数年間継続して生活して、在留資格の変更が許可されて取得する事が出来ます。

国際結婚

ビザと在留資格の違いは?

ビザは海外の日本大使館が発給します。事前にビザの申請をして発給を受けてから日本に入国する事になります。しかし、中長期滞在を目的とするビザ(留学・就労・国際結婚)は事前の審査が必要なので、現地の日本大使館に行っても直ぐには発給してもらえません。そのために在留資格認定証明書が必要になります。

観光目的の短期滞在の場合は、事前審査は必要なくビザを発給してもらえます。ビザが発給されたら外国人は日本に来て空港で入国審査官に審査されてビザに見合った在留資格を付与されて日本に入国出来ます。ビザは入国前に現地の日本大使館が発給し、在留資格は入国時に空港で付与されるものですが、どちらも同じような意味で使われる事が多いです。

出入国のスタンプ

< Back
1 2 3
35 件
湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ