「はじめて」をわかりやすく。

結納をはじめて交わす際に困らないように作法とマナーを知っておこう

結納をはじめて交わす際に困らないように作法とマナーを知っておこう

結婚の意思が双方にあり、はじめて、正式に結納を交わすことになります。まずは、結納の歴史と起源を紐解いてみましょう。「結納品」や、「結納金」を交わす時、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか?また、最近はレストランなどで行う「略式結納」もあります。様々な結納の形を、みていきましょう!

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師


CLOSE

目次

1.結納について詳しく知ろう

普段、日常生活の中では、日本の伝統文化に触れる機会はなかなかないもの。伝統文化に触れることも「結納」を行う大切な意味のひとつです。古くから伝わる「結納」という儀式を体験することで、結婚に向けて気持ちも引き締まります。

「結納」は、周囲の社会的信用を得る手段でもあります。「結納」をすることで、お互いの親族、会社の上司や同僚、友人などに正式な婚約をしたことをお披露目できるからです。特に、上司などの目上や年配の人に「この間、結納を行いました」と報告すると「結婚に向けて堅実に準備を進めているんだな」と安心され、信頼されます。

結納の歴史

「結納」の起源は、今から1600年ほど前の仁徳天皇の時代。仁徳天皇の皇太子が妃を迎える際に「納采(のうさい)」と呼ばれる儀式を行ったことが始まりです。皇室では、今でも「納采の儀」が行われていますね。「納采」とは、結婚する男性の親が女性の親に贈り物をして、挨拶をすることを言います。平安時代には、結婚の際に贈り物を贈る儀式が貴族の間に広まりました。室町時代には武家の間にも儀式が広がり、江戸時代になると裕福な商家でも「結納・結婚式の儀式」が行われるようになりました。庶民の間に結納の儀式が広まったのは、明治時代になってからだと言われています。

結納はどんな意味があるのでしょうか

「婚約」というのは、口約束です。必ず実行されるとは限りません。具体的な法的手続きを取るわけでもないので、「本当に結婚できるのかなあ」という不安が付きまといますよね。「結納」の儀式を行うと、広く一般に2人の婚約を知らしめることになるので、当人たちに「婚約したんだな」という自覚と責任感が生まれます。

2.結納の様々な形を見てみよう

一概に「結納」と言っても、その形は様々です。結納には古来からの伝統に則った「正式結納」と、簡略化された「略式結納」、そして「顔合わせ食事会」があります。

正式な結納と略式結納

・正式結納
「正式結納」の場合、両家の間を取り持つ「仲人(なこうど)」が両家を行き来して、「結納品」や「受書(うけしょ)」のやりとりをします。「受書」は、「結納品を確かに受け取りました」ということを証明する書類のことです。結納の中で最も格が高い「正式結納」は、仲人が仲立ちをするので、両家同士が直接、会うことはありません。負担が多い仲人には、「酒肴料(しゅこうりょう)」と呼ばれる、謝礼を渡します。

予算感
結納品:9品目・20万円程度(品目名と意味は下記に記載)
結納金:100万円(平均額は92.5万円・結婚スタイルマガジントレンド調査2018より)
お金を出す人:男性側の両親
仲人への日当:1~3万円(当日的なお礼として)
酒肴料:結納金の1~2割か5~10万円(着付け費用・お車代・手土産は別)

・略式結納
「両家が一同に会して結納の儀式を行う」のが「略式結納」です。「略式結納」には「仲人あり」の場合と「仲人なし」の場合があります。仲人がいてもいなくても、両家がホテルのレストランや料亭に集まり、その場で「結納品」の受け渡しをします。

予算感
アイテム①結納品:3品目・3万円程度(熨斗・末広・結納金)
アイテム②婚約記念品(結婚指輪や時計など)
アイテム③目録や受書などの書類
結納金:100万円前後(男性側)
酒肴料(仲人ありの場合):両家で折半して出す
ホテルの値段:15~20万(ホテルの結納プランを使用した場合)

顔合わせ食事会をする場合の場所と予算感

「結婚を約束する儀式」である結納が堅苦しいとして、「顔合わせ食事会」のみを行うカップルが多くなりました。「顔合わせ食事会」は結婚に必須のものではありませんが、当人だけで決めずに、地域のしきたりや両家の意向を考慮して開催しましょう。

開催日程:結婚挨拶を済ませた婚約期間中
開催場所:ホテル・レストラン・料亭等の個室
一人あたりの金額:1万円~1万5千円(コース料理)
ポイント:両家からのアクセスの良さ
行うこと:自己紹介・お互いの家族の紹介・記念撮影・婚約指輪のお披露目
持参するもの:3千円~5千円相当の手土産(地元名物で日持ちするものがベター)
服装:男性はスーツ・女性は清楚なワンピース(膝が隠れるぐらいの丈)

3.結納を交わそう

結納の進行方法

「正式結納」と「略式結納」で、結納の進行方法は違ってきます。「正式結納」では、仲人を立てます。「正式結納の儀式」に於いて、主に働くのは仲人です。「略式結納」には、「仲人あり」の場合と「仲人なし」の場合があります。「仲人なし」の場合、主体となって司会進行するのは、男性側の父親であるケースが多いです。

・正式結納の流れ
「仲人」を立てる
(仲人の行動の流れ)
1.男性宅を訪問して、男性側から女性側への「結納品」を受け取る。女性宅へ行き、「結納品」を渡す。
2.女性宅で「受書」と男性宅への「結納品」を受け取り、男性宅に戻って渡す。
3.男性宅で、女性側からの「結納品」に対する「受書」を受け取る。
4.再び女性宅に行き「受書」を渡す。女性側は、仲人を料理でもてなす。

結納品の種類と意味

「結納品」は、結納の儀式の際に「婚約のしるし」として両家で取り交わす品物のことです。「結納品」は正式に9品目。それぞれの品物に、子孫繁栄や長寿などの意味が込められています。結納品は、内容やしきたりの地域差が大きいのも特徴です。関東と関西で、結納品は若干、内容や名称が変わります。例えば、関東で家内喜多留(やなぎたる)と呼ばれる酒料は、関西では柳樽料(やなぎたるりょう)と呼ばれています。

9品目の結納品とその意味

・目録(もくろく)
結納の納品書。品目と数を箇条書きにしてある。

・長熨斗(ながのし)
別名「あわびのし」。アワビを叩いて伸ばして乾燥させた保存食。アワビは高価な食物で、贈り物としては最高級。「不老長寿の食べ物」として贈られる。

・金包(きんぽう)
結納金のこと。着物や帯地を贈っていたが、時代と共にお金に変化した。「御帯料(おんおびりょう)」や「小袖料(こそでりょう)」とも呼ばれる。女性側から男性側に贈る際は、「御袴料(おんはかまりょう)」と呼ばれる。

・勝男武士(かつおぶし)
鰹節のこと。武家の保存食や非常食として常備されていた。「武運長久(ぶうんちょうきゅう)」の縁起物。

・寿留女(するめ)
スルメのこと。噛めば噛むほど味が出ることから、「味のある仲の良い夫婦になって欲しい」という意味。

・子生婦(こんぶ)
昆布のこと。昆布の旺盛な繁殖力に因んで、「子孫繁栄・よろこぶ」という意味が込められた縁起物。

・友白髪(ともしらが)
白い麻糸の束を白髪に見立てたもの。「共に白髪になるまで長寿で」という願いと、「麻のように強い絆で結ばれる」という「夫婦円満」の願いが込められている。

・末広(すえひろ)
白無地の扇子。扇は末広がりなので、「幸せが末永く続くように」という願いが込められている。白無地なのは「純真無垢」のしるし。

・家内喜多留(やなぎたる)
酒料のこと。結納金の1割程度が相場。関西式では、「柳樽料(やなぎたるりょう)」と呼ばれる。昔は酒樽や一升瓶を贈っていたが、現代では現金を包むのが一般的。お酒を酌み交わし「これから親戚づきあいを宜しく」という意味がある。

結納返しをしよう

結納が終わったら、結納返しをするのが一般的です。「結納返し」は、「新郎から頂いた結納に対する新婦のお返し」のことです。「結納返し」は、正式には「結納」が済んだあと日を改めて設定するのが正式な段取りです。しかし、近年では共働きの夫婦も増えたため、結納と同日に同時交換するのが主流となっています。

「結納返し」の中心的なものは「御袴料」です。これは「結納」の「小袖料(御帯料)」に対するもので、現金でも品物でも良いことになっています。「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」によれば、平均は19.5万円。

お返しが多すぎたり少なすぎたりしないように、予め、男性側(迎える側)から、「いくらぐらいを予定している」と女性側(嫁ぐ側)に知らせて置くことが大切です。「男性の袴を仕立てる」という意味から転じて、現代ではスーツ一式を「結納返し」とするケースもあります。時計や商品券など、事前に話し合って、納得の行く「結納返し」をするようにしましょう。

結納の準備を始める前に

「お祝いごとは一日のうちで早い時間に」と言われています。結納も縁起を担いで午前中に儀式を始めるケースが多いようです。結納は、基本的には結婚する当人同士と両家の両親で行う儀式です。

しかし、儀式のあとの食事会をお互いの親族で行いたい場合もあるでしょう。予め両家で話し合い、アットホームな食事会にしたいですね。また、結納の際の手土産は必須です。両家の価格差が出ないよう心がけたいところです。

地域や家によってしきたりや価値観というのは、非常に異なります。異なる価値観と文化を持つ家と家とが繋がるのですから、事前によく話し合って結納の形式や価格などを設定するようにしましょう。両家の意向を反映させ、すり合わせることが大切です。

納得行く形で結納を行なうことは、結婚生活への第一歩だと言えるかもしれません。

きちんとわかる結納と結婚のしきたり|Amazon

¥1,320(税込)

現在の基本のしきたりとマナーがきちんとわかる。費用など、最近の傾向もケース別に解説。親と本人に分けて重要ポイントを紹介。

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ