「はじめて」をわかりやすく。

国際結婚をすることになった場合にはじめる手続きなどのポイント

国際結婚をすることになった場合にはじめる手続きなどのポイント

国際結婚をすることが決まったあなた。ドキドキわくわくしているところでしょう。でも、実はやらなくてはいけない事務的なことがたくさんあります。日本人同士の結婚以上に煩雑で、いろいろな手続きが必要な国際結婚ですが、まずは何について考えたら良いのか、どんな準備をしたら良いのかをまとめました。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー


CLOSE

目次

1.どこで結婚して、どこに住む?

日本人同士の場合、日本で婚姻届を提出すれば、それで正式に婚姻したことになりますよね。でも相手が外国人の場合は、それだけでは完了しない場合が多く、日本、相手国のどちらで先に結婚を成立させるかによっても、やり方や必要なものが違ってくるのです。そこでここでは、それぞれの流れや手続きに必要な書類の一部などをご紹介します。

なお、手続きの方法や必要書類は、相手国や日本の各自治体、状況によって大きく異なりますので、必ず、役所や大使館・領事館などにご自身で確認を取ってください。

日本で結婚する場合

外国人である相手が日本にすでに住んでいる場合は、日本の方式で婚姻し、その後相手国に届け出るという方法が簡単かもしれません。日本は戸籍制度なので、基本的に日本人同士と同様、婚姻届を提出することで日本側の手続きは完了します。

その際に必要なものは、とある市区町村役場の公式サイトには、日本人側は戸籍謄本、印鑑、本人確認書類、外国人側は婚姻要件具備証明書、出生証明書とあります。

あまり聞き慣れない言葉が出てきましたね。婚姻要件具備証明書とは、相手(外国人側)が現在、相手国の法律上、結婚することに問題がないことを証明する書類、出生証明書とは、相手がいつどこで、どの親から生まれたのか、などを証明する書類のことです。海外発行の書類には必ず日本語の訳文も必要ですが、これは本人たちなど、プロの翻訳家でなくても可能な場合があります。

ただ、国によってはそもそもそういった書類を発行していなかったり、ビザの種類によっては、大使館・領事館で発行してもらえなかったりすることもあるようですので、ここは特に確認が必要なポイントです。

日本での婚姻が成立したら、相手の国へ届け出ましょう。一部の国など、日本で婚姻が成立すれば、相手国側では具体的な手続きが不要なことがありますが、それ以外の国においては、自国の政府にきちんと手続きをして届け出る必要があります。その届け出方法も国によって本当に様々ですので、きちんと問い合わせて確認を取りましょう。

とても煩雑ではありますが、簡単にまとめると

相手の必要な書類を確認し、日本語訳と併せて用意

婚姻届と併せて日本の役所へ提出

相手国へ届け出る


という流れです。

相手の国で結婚する場合

国によって、婚姻手続きの方法は様々です。日本のように、届出書を提出すれば完了する場合もあれば、役所や教会などで二人が揃って儀式を行う必要がある場合などもあります。婚姻方法や必要書類は、相手国の役所などでしっかり確認しましょう。

参考までに私の場合は、戸籍謄本、結婚要件具備証明書の原本、パスポート、運転免許証のコピーと、全てに「アポスティーユ」と呼ばれる証明書、相手国の認定翻訳士による翻訳書類を付けるなど、多岐にわたるものが必要でした。「アポスティーユ」とは、簡単に言うと、市区町村や各機関が発行している書類が正式なものであると国が認めた証明書のこと。ハーグ条約締結国同士の場合に有効です。これらを全て事前に用意し、婚姻は教会婚か役所婚かを選び、国が認定する通訳士の帯同のもと、婚姻儀式と手続きをふみました。

とにかく婚姻方法は、国の法律、習慣、宗教によって大きく異なりますので、ここは国の状況に詳しい相手に主導権を握ってもらうのがベストです。ただ、あまり頼りすぎるのもトラブルのもとですので、注意しましょう。

相手国での婚姻が成立したら、必ず日本に届け出をしましょう。外国で婚姻した場合に必要な書類は、とある市町村では、外国発行の婚姻証明書(日本語訳文付き)、日本の婚姻届(相手による記入や証人も不要など、書き方が通常と違います)、本人確認書類が必要とあります。すでに外国に滞在している場合などは、その国にある日本大使館・領事館へ提出することもできます。

こちらも簡単にまとめると

必要な書類を確認し、用意

相手国において婚姻儀式・手続き

日本の役所、大使館へ届け出る


となります。

どこで暮らすか 日本・相手国・第三国

日本人同士でも同様ですが、どこで結婚生活を送るかということは、とても重要なポイントです。残念ながら日本、相手国いずれに住む場合でも、「結婚したから自動的にそこに住む権利がもらえる」わけではありません。

すでに永住権を取得している場合などを除き、外国人側には「配偶者ビザ」などが必要となります。一般的に、日本の滞在ビザは許可が下りにくいと言われているうえ、ビザを申請する準備や、申請してから結果が出るまでにはとても時間がかかります。相手国に住む場合も同様ですが、難易度は国によって違い、ビザ申請に必要な書類も様々です。

また、日本でも相手国でもない、第三国に住むという選択肢もあるでしょう。物価の安くて暖かい東南アジアで暮らしてみたい、社会保障がしっかりしている北欧で生活したい、といった夢も広がります。でも、現地ですでに仕事をしている場合などを除き、第三国で生活する場合も、ビザの取得は簡単ではありません。どこに住む場合でも、それぞれの手続き方法やメリット、リスクを確認し、しっかりと二人で話し合うことが大切です。

2.国際結婚の場合、名字はどうする?

日本では、結婚すると妻側が夫の名字に改姓するというのが一般的ですよね。日本では先進国としてはかなり異例で、夫婦別姓を認めていません。ただし、国際結婚に関しては例外と独特のルールがあります。どのような方法があるのか、それぞれのメリットも含めて見ていきましょう。

相手の名字に変える

夫婦で同じ名字を名乗る方法が、日本人側が外国人側の名字に変えることです。婚姻届を提出する際に、姓の変更も同時に届け出をすることができます。なお、婚姻後6ヶ月を経過してからの変更は家庭裁判所での手続きが必要になりますので、婚姻が決まった段階で話し合っておくと良いでしょう。

なお、外国姓は戸籍上カタカナでの表記となります。外国人側は日本の戸籍がないため、基本的に日本の姓に変更することはできません。ただし、通称名として役所へ届け出ることで、銀行口座や運転免許証に記載してもらうことは可能です。

生まれてくる子どもも含め、家族として同じ姓を名乗ることができるのがメリットですが、銀行口座など各所で氏名の変更手続きが必要であったり、相手の名字によってはカタカナで長くなったりする場合があるのがデメリットです。

夫婦別姓を名乗る

国際結婚は例外的に、夫婦別姓が認められています。日本人側が日本の姓を、外国人側も外国姓をそのまま変えずに名乗り続けることになり、統計的にはこの方法を採る人が最も多いようです。

パスポートには()で外国姓をつけることも可能です。子どもが生まれた場合は、日本姓を受け継ぎます。煩雑な手続きが不要だったり、一人っ子や長男・長女の場合、日本の名字を残せたりする点がメリットですが、独身だと思われるなどのデメリットもあるようです。

複合姓にする

例えば、田中 花子さんとBrown Johnさんが結婚した場合、花子さんの名字を「ブラウン田中」あるいは「田中ブラウン」と、お互いの名字を合体させる方法です。相手の名字をもらい、かつ日本の名字も残せる、一石二鳥のような方法ですが、家庭裁判所に申し立てをし、許可を得る必要があります。その際には、複合姓にする「正当な理由」や、相手国の結婚後の名字に関する資料の提供などを求められることもあり、時間と労力、また多少の費用を要します。

なお、結婚後の国籍は基本的に変わりません。一部の国では相手国の国籍を選択することができる場合や、自動的に相手国の国籍を取得するため二重国籍になり、最終的にどちらかを選択する必要がある場合などもあります。また、自動的に相手の宗教に改宗することになることもありますので、よく確認しておきましょう。

3.国際結婚は、心の準備が必要

結婚はドキドキわくわくする、とてもロマンチックなものですが、結婚生活は現実問題。残念ながらロマンスだけでは乗り切れないのが現実です。特に国際結婚となると、文化や習慣、あるいは言語の違いから、しばしばトラブルやすれ違いが起こってしまうのも事実。そこで最後に、結婚に当たっての心の持ちようや、心がけたい精神的な部分に関してお伝えします。

相手はあくまで他人、さらに文化の違いが加わる

結婚しても、あくまで他人同士。男と女は違う生き物。とはよく聞きますが、国際結婚の場合はなおさら、これをよく肝に銘じた方が良いでしょう。日本人同士でも、結婚生活を継続していくためには努力が必要なもの。国際結婚ならば、さらに文化の隔たりが大きく、お互いがなお歩み寄る必要があります。

たとえば日本人同士でも、たとえば料理の味付けや洗濯物のたたみ方でけんかになることがあります。国際結婚では、こういった個人、家庭による違いにプラス、国同士の文化の違いが加わるのです。靴文化の欧米人と日本人との国際結婚でよくあるのが、家の中で靴を履くのかどうかといった問題や、テーブルに靴のまま足をのせたり、キッチンテーブルに靴を置いたりすることが我慢できない、といった問題です。また、なんでもすぐにものを買ったりローンを組んだりして、貯金をしようとしない、といった経済的な考え方の違いもあるでしょう。

相手国で暮らす場合はなおさら、様々な「違い」は積み重なるとストレスが溜まるもの。食文化や生活習慣、金銭感覚などすべてにおいて、とにかくよく話し合うこと、お互いがお互いを尊重することを忘れないことが大切です。

相手の家族とはどう接するか

家族という存在の考え方も、様々です。日本のように親の存在が大きい場合もありますし、個人主義的な考え方のところもあります。相手の実家を訪れた際に、なにか手伝いをした方が良いのか、どう振る舞うべきかは、本人たち、あるいは相手に直接聞いてみると良いでしょう。仮に言葉がわからず、コミュニケーションが難しい場合でも、良い関係を築きたい、仲良くしたいという思いがあることを示すのが大切です。

また、ハグやキスといった日本にはないやり方での挨拶なども、できるだけ習慣として身につけていくことをおすすめします。最初は抵抗があるかもしれませんが、結構慣れるもの。相手の家族やその文化に早く溶け込むには、相手のやっていることを積極的に自分も取り入れてみるのが良い方法です。

書類手続きは慎重に確実に、心は明るく前向きに

事務的なこと、現実的なことばかりお話ししたので、少し不安になってしまったかもしれませんね。でも、過度に心配する必要はありませんが、結婚する前にある程度、「こういうことが起こるかもしれない」「こういう可能性がある」といった心の準備をしておけば、実際に壁にぶち当たったときに、意外と楽に感じるものです。

書類関連の手続きは、煩雑ですし、少しでも不足があると取り扱ってくれないことも多い、非常にセンシティブなもの。途中で何度かくじけそうになるかもしれません。私も、郵送した重要書類が相手方になかなか届かず、ヒヤヒヤした経験があります(結局、相手の手元に届くのに1ヶ月かかりました)。特に外国では、役所でも人によって言うことが違ったり、日本と比較して時間や期限にルーズだったりしますので、時間には余裕を持つことや、複数の人に確認することが重要です。

大変なことや苦労も多い国際結婚ですが、やはり、結婚生活はハッピーなもの。二人で困難を乗り越えれば、さらに愛も深まります。ぜひ全てのことに、ポジティブに取り組んでください。その先には、明るく素晴らしい結婚生活が待っているはずです。

みかんサンド

この記事のアドバイザー

みかんサンド

海外在住ブロガー




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ