「はじめて」をわかりやすく。

はじめてセルフスタンドで給油するときに困らないように

はじめてセルフスタンドで給油するときに困らないように

ガソリンスタンドの種類は、店員が給油してくれるフルサービススタンドや、自分で給油をするセルフスタンドなど様々。セルフだと意外とやることが多いので、初めての人だと戸惑ってしまうかもしれません。あたふたしないで、スマートに給油をするために、作業の流れや知っておくべきことについてまとめてみました!

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター


OPEN

目次

1.セルフスタンドで初めての給油前に確認しておくこと

車の給油口の確認

カーライフに欠かせないのが、「ガソリンの給油」ですよね。店員さんが給油や窓拭きをしてくれるフルサービス式、給油のみしてくれるセミセルフ式、自分で給油するセルフ式など、給油には色んなタイプがあります。でも、給油の仕方は、車の学校で教えてくれないのでどうやるの?初めてだと不安だな…と思う人がいると思います。そんな方のために、ここではセルフスタンドでの給油方法についてまとめてみました。一緒にみていきましょう!

実際にセルフスタンドに行く前に、いくつか確認しておくことがあります。まずは、給油をする車の給油口の位置の確認です。ガソリンを入れる箇所になるのですが、車の後方の左右どちらかについています。ガソリンスタンドでは、給油の機械がある方に給油口がある側をつけて停車をするので、この給油口の位置が分かっていないと始まりません。給油の前に、目視で確認しておきましょう。

確認方法はもう1つあります。ガソリンメーターところに表示されている給油機のアイコンの左右どちらかに、三角マークがついています。三角マークが左についていれば左側に給油口があると一目で分かるようになっています。社用車やレンタカーなど、普段運転していない車での給油時に、給油口を確認し忘れた!と思っても焦らずに、このマークで確認をして停車をしてください。

給油する油種はどうする?

ガソリンスタンドで給油できる油種には、「レギュラー」、「ハイオク」、「軽油」の3種類があります。どれでも給油していいわけではなくて、車には適した油種が決められています。油種は、給油口の内側に記載されていることがあるので、事前に確認をしておきましょう。車検証や取扱説明書でも確認することができます。一般的に、レギュラーは「一般車両」、ハイオクは「スポーツカー等の高い圧縮比のエンジンの車」、軽油は「トラックやバス等のディーゼルエンジンの車」に適した油種になります。

上記のように、車には適した油種が定められているのですが、ガソリンスタンドでは油種の給油間違いが起こることがあります。もしも、ハイオクが適した車にレギュラーを給油した場合、燃費が悪くなったり、車の不調を引き起こす場合があります。一番危険な間違いは、ガソリン車に軽油、軽油車にガソリンを給油した場合です。車の故障だけではなく、爆発などの大きな事故にも繋がりかねないので注意が必要です。軽自動車だから軽油を給油したという冗談のような事故も実際に起きているので、油断はできません。自分の車に適した油種は必ず確認しておきましょう。

油種の給油間違いは怖いですが、ガソリンスタンドでは間違わないように工夫がされています。ガソリンスタンドには油種3つそれぞれに給油ノズルが設置されていて、色が決まっています。レギュラーは赤、ハイオクは黄、軽油は緑です。自分が選ぶ油種が何色になるかを把握しておくことは、給油間違いによる事故を防ぐ有効な手段になりますよ。また、「赤色のノズルで給油してください」というように音声が流れるので、自分が手に取った油種に間違いがないか確認できるようになっています。

レギュラー、ハイオク、ディーゼル(軽油)

セルフスタンドでの支払い方法はどうする?

ガソリンスタンドでは、色んな支払い方法を選ぶことができます。現金やクレジットカードはもちろんのこと、最近では、電子マネーやスマホ決済などの支払い方法もできるようになってきました。独自のスマホ決済ツールを作った店舗も出てきていて、これからさらに支払い方法は増えていくことでしょう。

店舗によって導入している決済方法は異なるので、自分が使用している決済方法が使用できるのかどうかを確認しておくのも大切です。決済方法やクレジットカードの種類によって、ガソリン価格が安くなったり、ポイントが貯まりやすくなったりするので、お得に給油するためにも確認しておくのがよいです。

2.初めてセルフスタンドに行く前に知っておくこと

セルフスタンドでの車の停め方について

大きなガソリンスタンドだと、給油のレーンがたくさんあるのでどう停車させたらよいか不安になる人もいると思います。でも、前の項目で述べましたが、給油口が車のどちらにあるかを把握していれば心配は要りません。給油口側に給油の機械があるレーンが空いていれば、そこに停車させましょう。給油している車がいたら、その後ろで待機しておけばよいです。

また、停車位置が分かりやすいように、地面に四角い囲いが書かれていることが一般的です。その囲いの中に車を停車させれば、給油しやすい位置に停めることができます。囲いから飛び出したり、給油の機械にあまりに近づきすぎてしまうと、給油ノズルが届かなかったり、車と機械の間に体を入れることができなくて操作しにくいので、給油の機械からは程よい距離感を保つこともポイントです

セルフスタンドで安全に給油をするために

ガソリンスタンドで周りをよく見てみると、「火気厳禁」、「給油中エンジン停止」といった注意書きが目に入ります。ガソリンは引火しやすいので、ガソリンスタンドでは火気厳禁となっているからです。

安全のために、「①車のエンジンを切る、②タバコは吸わない、③静電気除去シートに触れる」といったルールはきちんと守りましょう。特に静電気はいつ発生するか分からないのでとても怖いです。火花が散ったらガソリンに引火をして火事を起こす危険性があります。静電気除去シートは、給油ノズルの近くに必ず設置されていて、音声ガイダンスでも触れることを促されるので、帯電しやすい体質の人や、乾燥している秋冬の季節には必ず静電気除去シートに触れて静電気を防いでください。

静電気が怖い人は、こんなアイテムはいかがでしょうか?「静電気除去機能付きキーケース」です。車のキーに付けておけば、給油の前にさっと触れて放電できます。静電気が吸収された時に、ランプが点灯するので、目でも静電気除去の効果を確認することができますよ。つい触りたくなるほど可愛らしい見た目が特徴的です。

カーメイト 車用 レジテック ネコの手 静電気除去|Amazon

¥860(税込)

車のボディを傷つけにくい柔らかな素材・レジテックを使った、ネコの手型の静電気除去機能付きキーケース。特殊導電素材レジテックによって、静電気が人体より放電する時のショックを和らげる。吸収した静電気でオレンジのランプが発光するので、除電の効果が見て確認できる。

おしゃれに静電気を除去するなら、「静電気除去機能付きのブレスレット」もおすすめです。一見、革製のおしゃれなブレスレットに見えるので、ファッションの邪魔をしません。いつでも身に着けておけるので、静電気を帯電しやすい人は、こういったアイテムを活用すると、より安全にセルフスタンドでの給油を行うことができますよ。

静電気除去 栃木レザー レザーブレスレット|Amazon

¥2,580(税込)

イイ感じのレザーブレスレットに 静電気除去機能が付きました! レザー独特の風合いをお楽しみ下さい。 そして 帯電防止機能を有する素材静電気による不快感をなくす ミシン糸(帯電防止素材糸)を使用しステッチを施すことで、パチパチストレスからの開放が期待されます。

3.セルフスタンドに行ってみよう!

セルフスタンドで給油してみよう!

給油口、油種、支払い方法、車の停め方、安全のためのルールについて理解ができたら、次は実際にセルフスタンドに行って給油をしてみましょう!まずは、車を四角い囲いの中に停めてエンジンを切りましょう。そして、給油口を開けるレバーを引いて、給油の機械の前に移動してください。

ここからは、タッチパネルの操作になります。店舗によって操作方法は異なりますが大体は同じですので、一般的な操作方法をご紹介しますね。まず、「支払い方法」の選択をします。現金やクレジットカード払いなどをタッチすると、操作方法が進んでいきます。クレジットカードや電子マネーの場合は、ここでカードの読み取りやカードリーダーへスマホをかざします。

支払い方法を選択したら、油種の選択です。レギュラー、ハイオク、軽油の中から選んでください。次は、ガソリン量の選択です。満タン、金額、量指定で選ぶことができます。現金と電子マネーは、ここでお金を支払います。

ここからは、「静電気除去シートに触れる」→「燃料キャップを開ける」→「選択した給油ノズルを手に取る」→「給油口にノズルを挿入する」→「ノズルの引き金を引いてガソリンを注入する」→「注入が自動的に止まったら、ノズルを元に戻す」→「燃料キャップの蓋を閉める」という順で進めていきます。お釣りがない場合は、レシートを受け取って終了になります。ここでの注意点は、給油ノズルを給油口の奥まで挿入することです。挿入が浅いとガソリンが漏れる原因になるので、しっかりと挿入しましょう。

給油後に気を付けること

現金払いの人は、最初に預けたお金が給油した金額よりも多ければ、お釣りが出てくるので忘れずに受け取りましょう。また、電子マネー払いの人は、タッチ画面の「受け取り」を押さないと、差額があった時にお釣りを受け取ることができないので、この場合も忘れずに受け取りボタンをタッチしてください。

現金の場合、別の場所に設置してある「お釣り精算機」にレシートかざして、お釣りを受け取るパターンもあります。なので、お釣りが出てこなくても焦らずに、レシートを持ってお釣り精算機まで移動してください。また、お釣りがなくてもレシートを受け取っておくことをおすすめします。次回の割引クーポン券などがついていることがあるので、忘れずに受け取っておきましょう。

それでもセルフスタンドでの給油が不安な方は

頭では理解できていても実際にできるかどうか不安な人や、タッチパネルの操作が分かりにくいという人は、動画でシミュレーションをしてみましょう。ガソリンスタンドが公式で出している動画もありますし、YouTubeなどに上がっている動画で確認することができます。自分が給油したいセルフスタンドの動画であればシミュレーションがしやすいので、セルフスタンドデビューの前に視聴してみてはいかがでしょうか?

セルフスタンドでガソリンを給油するだけの動画【HONDA PCX】

ここまで、セルフスタンドでの給油方法についてご紹介させていただきました。貴方のセルフスタンドデビューの背中を押すきっかけになれば嬉しいです。

コダケン

この記事のアドバイザー

コダケン

プロレス好きカルトライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ