「はじめて」をわかりやすく。

はじめてのお墓を作る前に知っておきたい手続きや手順、お金のこと

はじめてのお墓を作る前に知っておきたい手続きや手順、お金のこと

もうすでにあるお墓ではなく、新しくお墓を作ることになったとき、どこにいけばいいのか、何を用意すればいいのか、なかなかわかりづらいことが多いのです。お墓を用意するために知っておくべき知識をお伝えします。

Evelyn

この記事のアドバイザー

Evelyn

スローライフ派/元編集者


CLOSE

目次

1.お墓をつくるってどういうこと?

「お墓」ってどういうイメージがありますか? 法事で行く、お盆やお彼岸に行く、亡くなった方の場所、お寺、怪談で出てきそう・・・。昔ながらのお墓参りをされてきた方は、こんな印象をお持ちでしょう。いま「お墓をどうしよう」とお考えの方は、これからお墓をつくるかどうか、つくるならどういう風にするか、を模索中の方だと思います。

お墓をつくる、ということがどういうことか、少し立ち止まって考えてみましょう。

お墓をつくるメリットとデメリット

・お墓をつくることのメリットその①:安心感
自分が死んでも、残った家族が会いに来てくれる場所がある、というのが、お墓を持つことの大きな特徴なのではないでしょうか。死後の自分にも居場所がある、と考えられることは、安心感につながります。今回つくろうと考えているお墓が親のためのものなら、親が安心できますし、いずれ自分も入るのであれば、自分の安心にもつながります。

また、先々自分が亡くなった時、あなたが親のためにつくろうと考えるように、あなたの子どもがそのように考えるかもしれません。子どもに安心してもらうためにも、自分の入る墓は自分で用意しよう、と思う方もいらっしゃると思います。

・お墓をつくることのメリットその②:家族のつながりの維持
もちろん、お墓は故人のお骨と魂が納められる場所なのですが、お墓は、現在生きている遺族が故人を偲ぶための祈りの場でもあります。法事のたび、あるいはお彼岸やお盆のつど、皆で墓参りをすることは、何かとばらばらになりがちな家族や親族が集まる理由にもなります。

また、これまでは、先祖代々の墓や、親の代で作った墓に入るのが普通だったわけですが、近年では家としての代々の墓ではなく、自分の親と義理の親が同じ墓に入る「両家墓」という形が見られるようになりました。少子化の時代、管理しなければならない墓をできるだけ少なくし、家同士のつながりを維持しながらお墓を管理していく方法として注目されています。

公園のような霊園や、桜の名所でもある霊園も多い

・お墓をつくることのメリットその③:つくる場所とつくる形を選べる
お墓をつくる場所は基本的に3パターンあります。
・公営墓地につくる
・民営墓地につくる
・お寺につくる
ですが、その中でも最近はいろいろな「場所」を選べるようになってきました。たとえば広々とした公園のような墓地や、都市部に近くて地の利のよい墓地や納骨堂など、墓所そのものの数や種類が増えていますし、同じ墓所の中でも、昔ながらのお墓や芝生にシンプルに墓石が並んでいる場所、樹木葬のできる場所など、好みで選ぶことも可能です。「お寺さんのお墓はこういうもの」「公営墓地のお墓はこういうもの」というイメージから、近年の墓地は変わってきているのです。

またお墓そのものも、いわゆる「お墓型」の墓ではなく、デザイン墓や自然石の墓も増えてきました。墓に刻む文字も「〇〇家之墓」ではなく「愛」「絆」といったシンプルなものも目立ってきています。両家墓はこういう銘のお墓が多く、家というつながりを超えた、新しいお墓の形になっています。

ただし、お寺によっては、こういった新しい形の墓は受け入れられないところもありますし、民営墓地も、お墓の形が統一で決まっている所もありますので、つくる場所によって確認する必要があります。

洋風フォルムのお墓も増えています

・お墓をつくることのデメリット①:お金がかかる
お墓は、新しくつくる際に、墓地の使用料、墓石代金と工事費、さらに毎年「管理費」という、墓地の維持管理にかかる費用の分担が発生します。墓所の場所や墓地の広さなどにもよって価格は異なりますが、お墓をつくるにあたり、おおよそ100万~300万円の費用がかかります。

・お墓をつくることのデメリット②:管理する人がいない
子どもがいない、あるいは娘しかおらず嫁いでしまい、墓を守る人間がいない、というのが、お墓を維持するうえでの最大の困りごとでしょう。お墓の管理は、それほど頻回に何かをしなくてはならないわけではありませんが、毎年なんらかの手続きは必要です。お寺にお墓を持っている場合は、檀家としてのお寺とのおつきあいがあります。こういったことの手間や心配を子どもにかけたくない、というのが、お墓をつくらない理由のひとつです。

・お墓をつくることのデメリット③:墓参りそのものが負担
墓参りは基本的に時間と交通費を消費する行事です。ましてや、お墓をつくった場所が遠方にあったり、交通の便のあまりよくない場所だと、どうしても墓参りに行く足は遠のいてしまいます。墓所が山の上にあるなど、バリアフリーではない場所だと、高齢になるにしたがい墓参りも一苦労です。墓参りという行事は強制ではないものの、亡き人を偲ぶという気持ち的なところで、行けないとなると若干呵責を感じるイベントでもあり、それが負担につながることもあります。

これらのメリットとデメリットをよく考えた上で、「お墓をつくるとしたら、どこに、どんなお墓をつくるか」を、家族や親族みんなで話し合うことが大事です。

こんなにある、いまどきのお墓の種類

①「一般的なお墓」
よくある「お墓」です。使用料を払って墓地を確保し、石材店に頼んで墓石を選び、施工をしてもらいます。管理料を毎年霊園に払う必要があります。

「家」としての墓となる「〇〇家之墓」のほかに、上記で挙げた両家墓や、夫婦のみで入る夫婦墓、自分ひとりだけの個人墓、そして最近では、親しい友人同士で入る「墓友」の形式も出てきています。共同出資のような形でNPOに加入、志を同じくした者で一緒に墓に入り、管理はそのNPOが行うといったスタイルのお墓も登場しているそうです。

②「共同墓」(集合墓、合同墓、納骨堂)
ひとつの建物の中に、家のつながりのない他人の遺骨を納骨するスタイルです。ロッカーや箱で区画管理され、決められた期間、安置されます。お参りはその区画の近くで祈る、というものや、普段は別の場所に保管され、お参りの時に参拝スペースまで運ばれてくる「自動搬送式」と呼ばれる納骨堂もあります。遺骨の安置にあまり場所を取らないで済むので、都市部を中心にこの形の納骨堂は増えています。

③「合祀墓」
①と②は骨壷に遺骨が入った状態で納骨されますが、合祀墓は骨壺から遺骨を出して土に還し供養するスタイルのお墓です。基本的に永代供養となりますので、合祀する際に使用料を払い、その後の管理料はかかりません。墓所によって合祀される場所はさまざまですが、合祀される方のお名前を刻む碑があったり、いわゆる樹木葬と呼ばれるメモリアルツリーの下に合祀されるなど、墓所ごとに特徴があります。

また、①と②のお墓でも、継承者がいなくなるなどいわゆる「墓じまい」状態になったお骨は、③のような合祀墓に最終的に入ることになります。

④「散骨」
これは「お墓」とは言えないですが、散骨をして骨を自然に還す方法も、近年多く行われるようになりました。散骨とは、遺骨を粉骨して粉状になったものを、故人の思い入れのある場所や、故人が遺言等で指定した場所に撒くことを言います。海に撒く「海洋散骨」や、樹木の根本に撒く樹木葬のほかに、粉骨した遺骨をカプセルに入れてロケットで打ち上げる「宇宙葬」というのもあります。散骨自体は日本では違法ではないのですが、遺骨のまま放置することは刑法上の違反となりえますので、必ず粉状に粉砕してから行います。

⑤「手元供養」
これもまた「お墓」とは言い難いのですが、亡き人の遺骨を何らかの形で手元に残し供養する方法です。散骨など行うにあたり、一部は手元に残して、自分の身につけたり近くに安置したりします。粉骨したものを専用のペンダントに入れたり、粉骨を加工してダイヤモンドのようなジュエリーにしたり、陶土に粉砕した遺骨を混ぜてセラミック加工をするなど、いろいろなものが出ています。

Clime'mory(クライムメモリー) 遺骨 ペンダント ネックレス

¥2,980(税込)

手元供養ができる遺骨ペンダントです。フタを開けると中が空洞になっており、旅立った故人やペット(犬ちゃん、猫ちゃんなど)の遺骨、遺毛、遺髪を収めることができます。

2.お墓をつくるのにかかるお金

お墓の種類によって、費用はさまざま

前段に挙げた種類のお墓の中で、やはり一番お金がかかるのは①「一般的なお墓」です。使用料と年間管理料だけでなく、新規に「お墓をつくる」ことそのものに費用がかかるからです。

②「共同墓」の場合、新しくお墓をつくるわけではないので、墓石や工事費などは不要ですが、場所を借りるわけですから、使用料および年間管理料はかかります。使用料は遺骨1体につき平均50万~100万円程度と言われています。

③「合祀墓」もお墓を新規にはつくりませんし、一度合祀したらもう取り出しはありませんので、最初に使用料を払うのみで、年間管理料はかかりません。永代供養の方法にもよりますが、遺骨1体につき10万~30万円というのが相場です。

④「散骨」の場合、まず遺骨を粉骨にするプロセスが必要です。自分で行うこともできなくはありませんが、ほとんどの方は業者に依頼されるようです。その加工費用がかかります。また、海洋散骨の場合、船を出してもらう必要がありますので、その代金もかかります。

⑤「手元供養」は、どのように手元に置くかでかかる費用が全く変わります。単純に遺骨を手元に置いておくだけなら費用はかかりませんが、なんらかの形に加工するのであれば、本当にさまざまな商品があり、素材やデザインによっても価格はまちまちです。

永代使用料、安いのはどこ?

永代使用料とは、墓地そのものにかかる使用料のことです。永代と名称はついていますが、その墓地が自分のものになるわけではありません。永代とは「期限を定めず」借りられるという意味で、もし継承者がいなくなり墓地を返すことになっても、その金額が戻ってくるということではないのです。

①公営の霊園
公営の墓地なら安いのでは、というイメージがありますが、かならずしもそうではないようです。墓地の立地や利便性、付帯するサービス、墓地の形状によっても価格は変わります。たとえば都立霊園の場合、一番価格の高い青山霊園は1㎡あたり275万円以上しますが、千葉県松戸にある八柱霊園だと、1㎡あたり17万円です。使用料については場所に左右されますが、年間管理料は比較的低めに設定されています。

公営の霊園の場合、宗教や宗派には関係なくお墓がつくれますし、依頼する石材店の選定も自由、お墓の形も自由に決められます。ただし多くの場合申し込みは抽選であり、人気の霊園はなかなか当たらず、何年もトライしている方もおいでです。

②民営の霊園
一方民営の霊園の場合、墓地だけについて使用料を換算するのではなく、墓石建立も含めた価格を表示しているところが多く見られます。平均すると大体1㎡あたり20万~30万ほどですが、都市部に行くほど高額になる傾向があります。民間の霊園の場合、墓石の購入や工事の業者が指定されることがありますので、お墓を自由な形で作れるかについては確認が必要です。

また、年間管理料については、公営に比べて高め設定になっています。霊園内に法要のできる設備があったり、駐車場や休憩施設が整備されているなど、その分の付加価値がかかっているところが多いようです。

③お寺
お寺にお墓をつくるにあたっては、そのお寺の檀家になる必要があります。入檀料といい、相場的には10万~30万かかると言われています。そして、お墓の建立の費用と、永代使用料が別途かかりますので、お寺にお墓をつくるのが一番費用はかかるといえるでしょう。お墓を自由な形で建立できるかどうかはお寺によりますし、あまり自由が効かない場合の方が多いかもしれません。

また、お墓に対する年間管理料という名目ではありませんが、護持会費や維持費といった管理料はかかります。お寺の建物の修繕や行事によっては寄付を求められることもあります。ただ、供養そのものは手厚く行っていただけますし、こちらの永代使用料は、文字通り永代供養での使用料になります。いろいろと相談に乗っていただけるのも心強いですね。

お墓そのものの費用の内訳

新規にお墓をつくる際の費用の内訳はこの画像のようになっています。

墓石は、竿石と呼ばれるメインの部分と、それを支える台石、カロートの蓋部分にあたる拝石、及び花立てや香炉のことです。付属物とは、外柵、卒塔婆立て、踏み石、墓誌(墓銘碑)などを指します。加工料は石の切り出しのほかに、文字の彫刻費用や、さまざまな飾り彫りなどの装飾も含みます。また工事費は、カロート設置や墓石そのものを墓地に設置する工事のほかに、植栽などの内容も含まれます。

墓石は、国産の石のほかに、中国産、インド産などが主に使われていますが、国産だから高いとか、外国産だから品質が良くないとかいうことではありません。墓石の値段は、石の種類のほかに、石を使う量や加工の有無、工事にかかる手間によっても左右されます。同じ墓石を建てるにも、平地の霊園と山の中の整地されていない墓地とでは、工事にかかる手配は変わってくるからです。また、工事に手間がかかる場合は、墓石だけでなく工事費もかさむことになります。

一般的な墓石(八寸角)の場合、石の平均価格は110万~120万円と言われています。また、平均価格として、基礎工事におおむね10万~20万円、外柵工事や付属物で50万~70万円程度と言われています。もちろんお墓のつくりや建てる場所によってこの価格は変動しますが、お墓本体にかかる費用はざっくり200万円と考えてよさそうです。

伊達冠石という種類の石でつくった自然石のお墓。墓石本体だけでおよそ180万円

3.お墓をつくる時に必要な手続き

公営墓地につくる場合

都立霊園の使用許可証

公営墓地は、常に申し込みができるわけではありません。経営が安定していて利便性がよく、価格もそれなりで自由度の高い公営墓地は人気があり、常に空き待ち状態が続いています。

空きが出た場合、その自治体の広報紙やHPに、公営霊園の募集要項が出ます。たとえば東京都の場合、毎年6月から7月までの約1ヶ月間に申込書の配布が行われており、その用紙で応募して8月に抽選、という流れになっています。募集数はその年によりまちまちですが、当選倍率は平均して5倍前後、一番人気の多磨霊園の納骨堂は、ここ数年、30倍に近い当選倍率を維持しています。

申し込みができる人も、自治体によりますが、ある程度条件があります。

①その自治体に一定期間以上居住している人(遺骨になられた方ではなく、今回申し込みをしてお墓を管理する人のことです)。指定される期間は自治体や霊園によって異なります。

②基本的に、お墓に埋蔵する遺骨を持っていること。つまり、まだ亡くなっていない方のお墓の申し込みを、その方の生前に行うことはできません。生前に申し込みたい方向けに、「生前申込」という枠を設けている自治体もありますが、それほど募集数は多くはないようです。

③遺骨を持っている場合、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨であること。これまで他の民営霊園やお寺などに安置されていた遺骨は、たとえば、他の親族で新たに亡くなり遺骨となった方のお墓を申し込み、抽選に当選した際に、改葬というかたちで同じ墓にお引越しをすることは可能ですが、改葬のみを目的の申し込みは行っていない自治体がほとんどです。中には改葬であっても申し込みは可能なところもありますが、やはり遺骨を持っているかたが優先される傾向にあるようです。また、分骨での申込も受け付けは受理されません。

④申込者は、遺骨と近い親族であること、または「申込遺骨の祭祀の主催者(喪主)」であること。これは自治体によって条件がつくところとつかないところとありますが、永代使用を行うにあたり、責任をもって管理してほしいという条件の表れなのかもしれません。

申込は、申込書の郵送のほかに、WEBでの申し込みを行っている自治体もあります。幸運にも抽選に当選した場合、当選の通知とともに詳細な申込案内と使用申請書が届きますので、居住証明書など必要書類の提出を行います。これによって書類審査が行われ、上記の条件が満たされれば、「使用許可証」が公布されます。この「使用許可証」があって初めて、割り当てられた墓所に、新しいお墓の建立ができます。

これらの、抽選申し込みから許可証受け取りまでの手続きを代行してくれる石材店もあります。すでに依頼したい石材店が決まっている場合は、代行をお願いしてもいいかもしれません。お墓が無事建立され、実際に納骨を行う際には、自治体で発行されている「埋葬許可証(火葬執行済の印が押された火葬許可証)」が必要になりますので、用意をしておきましょう。

民営墓地につくる場合

民営の墓地は、経営母体の宗教法人や事業所などにより条件も手続きもさまざまです。基本的に宗教や宗派を指定されることはありませんが、その点は確認が必要です。また、同じ霊園の中でも、場所によって雰囲気も利便性も価格も違います。申込をする前に、必ず一度現地に行って、自分の目で見て歩いてみることをおすすめします。

霊園の中のどこの区画に墓所をつくるかを決め、その契約内容に従って手続きします。住民票や印鑑証明などの諸書類の提出が必要になります。はじめて納骨する遺骨の場合、自治体で発行される「埋葬許可証」の提出を求められます。忘れないようにしましょう。

民営霊園は、改葬や分骨も受け入れてくれるところがたくさんあります。可能かどうかについて、また手続きについては、霊園の担当の方に問い合わせて確認しましょう。

散骨の場合

比較的多く行われている「海洋散骨」の場合、特に自治体への申請や手続きの必要はありませんが、自治体によっては、マナーと環境を守る観点から規制をしているところもあります。それについては、散骨を考えている海のエリアの自治体に確認して下さい。

逆に、山野への散骨は、遺骨の状態によっては死体遺棄になりかねません。日本の土地はどこでも必ず誰かの持ち物になっていますので、山野への散骨は避け、「樹木葬」の形での供養をされるのがいいでしょう。

海洋散骨については、「散骨業者」と呼ばれる専用の業者がいます。粉骨から海へ撒く船の手配まで、いくつかプランを提示していますので、検討してみるのもよいと思います。

はじめてのお墓、みんなで納得して、つくっていきましょう

お墓は、自分だけでなく、下の世代にも関わる大きな買い物です。

家を買う、車を買う、といったものではなく、ある意味スピリチュアルなスペースをつくっていくものなので、家族や親族としっかりと話し合い、皆が納得いく形でお墓をつくることが大事です。

そしてお墓は、お参りされなければ意味のない場所でもあります。亡き人の居場所をどんなかたちでつくるにしても、行きやすいところ、お参りが負担とならないところ、そして家族や親族が「お参りに行こう」と思える場所にすることが、故人への一番の供養につながるのではないでしょうか。

Evelyn

この記事のアドバイザー

Evelyn

スローライフ派/元編集者




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ