「はじめて」をわかりやすく。

ラン活って知ってる!?今や購入も一大イベントの「ランドセル」事情を知ろう!

ラン活って知ってる!?今や購入も一大イベントの「ランドセル」事情を知ろう!

小学校入学といえばランドセル。価格はここ数年でどんどん上り、機能も格段と増えています。でも、体の負担が大きいとされている重量の問題や購入の注意点、どこまで子供に選ばせるか?など購入の時の保護者の不安も多いです。「ラン活」のトレンドからポイントをご紹介します。

Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡


OPEN

目次

1.いまどきのランドセル購入は「ラン活」というらしい!!

少子化なのになぜ!?市場拡大が続くランドセル業界

皆さんのランドセルのイメージはどうですか?形はずっと変わらないランドセル。色といえば、男の子は黒に女の子は赤。そんなイメージがまだあれば、認識を新たにする必要がありそうです。道ゆく小学生を観察してみても、ランドセルの色は本当に色とりどり。形は昔と変わらないように見えても、どんどん機能を増やし進化を続けているのです。

日本国内の小学校入学児童は年々減り、少子化が進んでいますが、ランドセルの市場は年々拡大しています。子供の数は減っているのに、1人1個のはずのランドセル市場がなぜ拡大しているかというと、ランドセル一つ一つの単価が上がっているから。素材や機能、色などランドセルはどんどんその価値を上げ、高価なランドセルであってもその機能に納得すれば、購入につながるのです。

小学校入学前にランドセルは必要です

ラン活って結局何?

そんな進化を続けるランドセルを購入する一連の活動を「ラン活」という言葉で表すようにもなりました。小学校の入学前にデパートに行ったらすぐ買える…というのは今では大間違い。人気メーカーのランドセルは発売と同時に売り切れということも珍しくはありません。

目当てのランドセルを無事購入するためには、事前準備をして、予約をとり、購入する、という「ランドセル購入のための活動」が必要なのです。以前は、ランドセルの発売開始時期は入学前年度の4月が主流でしたが、こちらもラン活の激化に伴ってどんどん前倒しされ、最近は1月からスタートするメーカーも出てきました。

つまり、小学校入学のためのランドセルを年中の冬から購入する家庭がある、ということです。カタログはそれよりも前に発表されるので、予約をしないと購入ができないメーカーやモデルは年中の夏にはカタログを取り寄せ、候補を決めて起きましょう。

このように世の中では、なんと1年以上前からお子さんに一つの納得したランドセルを購入するために「ラン活」を始めているようです。

< Back
1 2 3
28 件
Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ