「はじめて」をわかりやすく。

一生に一度の大切な還暦祝いを初めて企画している人に

一生に一度の大切な還暦祝いを初めて企画している人に

昔からの風習やしきたりが疎かになりつつある現代。それでも還暦のお祝いは根強く慣習として残っています。「還暦=赤」というイメージだけはあるものの、どんな意味をもつお祝いなのか、知る人は少ないかもしれません。時代に合った還暦のお祝いや、相手の人を喜ばせるにはどんなプランがお勧めかなど紹介していきます。

ずんぽん

この記事のアドバイザー

ずんぽん

アウトドアライター


OPEN

目次

1.「還暦」とは?

還暦の由来

還暦といえば、「60歳をお祝いする」という事は漠然と分かっていても、どこから来て、どんな言い伝えがあって、日本で始まったのかなど、起源を知る人は少ないでしょう。せっかくなので、ここで少し紹介したいと思います。

還暦のお祝いは、もともと中国で発祥し、奈良時代に日本に伝わったと言われています。そもそも「還暦」という言葉の由来は、干支と大きな関係があります。干支とは、日本でもおなじみの“子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥”の「十二支」と、“木・火・土・金・水」の五行と呼ばれる元素の組み合わせから成り立っているのです。

現在、日本では十二支のみで干支を数えていますが、元は、十二支と五行を組み合わせて数えていたようです。十二支と五行を掛け合わせると、60通りになる事から、人間が生まれてから60通りの干支を過ごす、すなわち60年経つと全ての干支を一巡した事となり、これは、生まれた時と同じ暦に還るという意味があります。

この60通りの事を「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼び、一巡すると暦が還る事から「還暦」と呼ばれるようになったと言われています。無事に生まれた年の干支に戻ってこられた事へのお祝いが、還暦という事ですね。また、暦を一巡する事で、生まれた時と同じ干支に還るため、「赤ちゃんに還る」とも考えられています。

そして、還暦といえば赤色がテーマカラーとなっていますが、それにも理由がありました。古くから、赤色には厄除けや魔除けの力があると考えられています。昔は病気や悪い物から赤ちゃんを守るために、我が子に赤いちゃんちゃんこを着せていたという言い伝えがあります。そのため、還暦には赤ちゃんに還った方へ、病気や災いから身を守ってもらえるよう、赤いちゃんちゃんこを贈るようになったようです。

2.お祝いをするタイミング

還暦は60年経った時のお祝いという事は分かりました。では、還暦のお祝いは、一体いつのタイミングで行うのが良いのでしょうか。

満60歳の誕生日にお祝いする

本来であれば数え年の61歳になった時が還暦をお祝いする時期ではありますが、最近では満60歳になったタイミングでお祝いする方が増えています。60歳の誕生日と還暦を一緒にお祝いする事が多いようですね。60というキリの良い数字なので、覚えやすく、なんとなくシックリ来る人も多いのではないでしょうか。

還暦以外でも、七五三の祝いなども、数え年で祝う方もいれば、満年齢で祝う方もいる。と言ったように、それぞれの想いやタイミングで行って良いお祝いなのです。

60歳になって皆が集まりやすい時にお祝いする

還暦のお祝いをする際、60歳の誕生日に親族全員がお祝いに駆けつけるというのは、なかなか難しい事ですよね。そのため、お祝いの席は、皆が都合の付く時に行うのが通例となっています。だからと言って半年先、1年先でも良いという訳ではありません。

誕生日は変動するものではありませんよね。毎年同じ日にやってきます。日にちは事前に分かっているはずですので、早めに準備や声掛けに取り掛かり、誕生日当日の前後でお祝いが出来るのがベストですね。どうしても都合がつかない場合でも、60歳になって、あまり時間が経たないうちに集まるのがマナーです。1か月~1か月半程度を目安に、都合を付けましょう。

お祝いだからと言って親族全員が集まって祝ったり、また、親族のみで行わなければいけないという事もありません。お祝いされる方の親しい友人や近所の方などを招待しても、賑やかな会になって良いのではないでしょうか。お祝いされる方が、どんな会を好む方なのかを考慮し、会を開催しましょう。

また、60歳というと、子ども達は独立し、普段は夫婦2人で過ごしている方も少なくありません。還暦というお祝いの席を利用し、たくさんの人と賑やかに過ごすのも想い出に残り、粋な演出になるでしょう。

親族ではなく、会社の上司や親しい方のお祝いをする場合は、部下や同僚、お友達同士が中心となり計画をする事となります。この場合、会社や自宅の近くでお祝いの席を設けるのも良いですが、仕事やそれぞれの家庭の都合もあるので、贈り物を送る事が多いようです。

3.還暦のお祝いは、どんな事をするの?

人生の節目でもある還暦のお祝い。何度も経験できるわけではない、このお祝いの席に、いったい何を、どんなタイミングで行えば良いのでしょうか?

還暦のお祝いプレゼントをあげる

せっかくの還暦のお祝いなので、何か記念に残るプレゼントを贈る人が大半です。還暦のお祝いの話をすると必ず話題に上がるであろう、「赤いちゃんちゃんこ」も、実用性を考え、最近では贈る人は少なくなってきています。

しかしながら、「還暦のイメージカラーである赤は外せない!」という事で、赤い品物を贈る人が増えています。ちゃんちゃんこでは、贈られた側もなかなか使えず困ってしまいますが、赤い品物であれば贈られた側も、無理なく使用する事ができます。

昨今、還暦祝いのプレゼントで人気があるのが、赤の花束です。嫌味なく、還暦カラーの赤を全面に出せるプレゼントです。最近ではプリザーブドフラワーも種類が豊富になり人気が高くなっています。生花と違い、いつまでも飾っておくことができるのが良いです。

また、漆器のプレゼントも人気があります。漆器は普段使いもできる一方、古くから、お祝いの席を彩る器でもあります。特段、朱の器は華やかさと豪華さを兼ね備えた一品。還暦祝いの赤色も抑えられ、お勧めです。

お洋服などを贈る方もいますが、その際は、サイズ選びに注意が必要です。「数年前までは〇〇サイズだったよな。」という数年前の記憶ではいけません。年齢を重ねる毎に、身体の変化も大きくなっています。少しの月日の経過で、見た目は変わらずとも、体型は間違いなく変化しています。せっかくプレゼントしたのに、着れなかった!なんていう事にならないよう、洋服などを贈る場合には一緒に買いに行って試着をしてもらうと失敗ないですね。サプライズで贈りたい方は、現在着用している洋服を家族にお借りして、サイズ感を確かめてから購入しましょう。

その他、お酒や趣味の道具、現役でお仕事をされている方へは万年筆やネクタイなどを贈る方も多く、いずれも、さりげなく赤色が入っている品物を選ばれる傾向にあります。相場としては、親族へのプレゼントは1万円から5万円程度。上司や知人へのプレゼントは、贈る側の人数や、親しい間柄の具合にもよりますが、贈られた方に、お返しなどの気を遣わせないような価格帯に抑える気遣いも大切です。

どうしても「還暦=赤」というイメージが強いですが、必ずしも赤い品物でなくとも良いのです。差し色で赤が入っている物や、ひとつも赤が入っておらず、贈られる方の好みの色をチョイスしても全く問題はありません。何と言っても、相手を想い、贈る事がとても大切です。

また、昔に比べ寿命が延び、60歳といっても、まだまだ若く、現役の方も多いので、あからさまなプレゼントは避けた方が良いでしょう。例えば、老眼鏡や杖などは、いずれ必要になるアイテムかもしれませんが、まだまだ使用しない方が多く、老いを感じさせるので避けましょう。逆に実年齢より少し若い世代に話題の商品を贈る事で、気持ちが若返り、より健康的に過ごされる事でしょう。また、くしも「苦」と「死」を連想させ、演技が悪いものとされているので厳禁です。

当たり前ですが、相手の立場になり、何をもらったら喜ぶかを考えて贈るのがプレゼント。現在の姿を見て、どんな物が喜ばれるのか、じっくりと考えて贈りましょう。

還暦お祝いの食事会をする

親族一同を介してお祝いをする際に多く用いられるのが、食事会です。普段はなかなか縁遠いレストランや料亭などで行うのも良し、小さな子どもさんが一緒の場合やお祝いされる方の体調を考慮して、自宅で行うのも良いでしょう。

レストランや料亭で食事会を行うのであれば、事前に予約をしておく事がマストです。年齢に幅がある場合は、祝う人の好みを中心に、最年長と最年少の方が食べられるメニューが用意できるのか、確認してお店を選択しましょう。また、お店を予約する際には、還暦のお祝いをする旨伝えておくのがお勧めです。

必ずしもかしこまったお店で、いかにも“お祝い”といったように、盛大に行う必要はありません。家族だけで好きなお店で食事をしたり、出前をとって自宅でお祝いするというのも、その人らしいお祝いが出来るのであれば自宅でも大丈夫です。

還暦お祝いの旅行へ行く

これまでの60年という人生を労い、旅行に行くのも良いでしょう。夫婦水入らず、または家族全員で、もしくは孫を含めてにぎやかに。色んなシチュエーションが考えられ、計画を立てているだけでも楽しくなり、絆も深まる事でしょう。

旅行先を選択する際には、季節やお祝いされる方の体調などを考慮する必要があります。人気が高いのは、やはり温泉ですね。小さな子どもも一緒の場合は、子ども達が遊べる施設が併設されていたり、近隣に観光スポットなどがある場所を選ぶと、全員が楽しむ事ができます。また、普段、遠方に暮らしている方は、子ども達の元気な姿を見る事ができ、心も温まりますね。

のんびりとした気持ちで、普段はなかなかできない話なども、ゆっくり出来るかもしれません。時期的に忙しく、一緒にはいけないようであれば、旅行券をプレゼントし、贈られた方が落ち着いた時に、ゆっくりと行きたい場所へ行ってもらうのも1つの方法です。

その人らしいお祝いが一番大切で喜ばれる!

昔からのしきたりや、様々な情報が蔓延る世の中ですが、一体、何が正しい方法なのか、逆に迷ってしまう人もいるのではないでしょうか?しかし、お祝いというのは何よりも気持ちが大切です。プレゼントを贈るにも、ただ金券を贈るよりも、相手を想い選んだ同額の品物を贈る方が、より気持ちは伝わる事でしょう。

還暦のお祝いの仕方に正解はありません。その時々、そのご家庭ごとで事情が異なるので、臨機応変に対応し、何よりも相手を敬い、感謝の気持ちを伝える事が大切です。その心があれば、自然と形となって表れるはずです。

人生でたった一度の還暦の祝い。皆が笑顔でお祝いできると良いですね。

コトブキニッキ 祝着 還暦祝いご長寿5点セット(赤ちゃんちゃんこ 頭巾 祝扇子 化粧袋 栞)

¥2,220(税込)

満60歳の還暦を迎える方へのお祝い品の定番、赤のちゃんちゃんこ(祝着)と頭巾、祝扇の3点に栞と化粧袋を加えた5点セットになります。

ずんぽん

この記事のアドバイザー

ずんぽん

アウトドアライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ