「はじめて」をわかりやすく。

子供の食事椅子はどれにする?はじめてベビーチェアを買う前に!

子供の食事椅子はどれにする?はじめてベビーチェアを買う前に!

子供の離乳食が始まると購入を検討するベビーチェア。ロータイプやハイタイプ、ベビーから子供になっても長く使える椅子、素材やメーカーまで選択肢はとても多いです。子供が安全に姿勢よく座るための椅子はどのように選ぶのか?メーカーやおすすめポイント、購入の際の選び方をご紹介します。

Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡


OPEN

目次

2.ベビーチェアを選ぶポイントはどこ?

ロータイプ?ハイタイプ?家の特徴で選ぼう

では、実際に選ぶときのポイントをご紹介します。ここでは、「離乳食を食べる」赤ちゃんを短時間座らせることを想定したベビーチェアをご紹介します。

まず、ロータイプ、ハイタイプですが、どのような環境で離乳食を食べるかが大きなポイントです。ダイニングテーブルがあり、親御さんと一緒に食事をする場合はハイタイプのチェア。また、室内でペットを飼っているなど、食事の環境を床から離したい場合もこちらです。

ハイチェアはしっかりダイニングテーブルの高さと椅子の高さを合わせましょう。椅子が高すぎると前傾姿勢になってお腹が圧迫されますし、低すぎても視界が悪くなり、頭は後ろにもたれ、飲み込みがしにくくなります。

一方のロータイプはコタツテーブルなどローテーブルのあるお部屋で食事をする場合にオススメです。ロータイプはハイタイプと比べ、床との距離が近いので、食事の際には衛生面にも気を配りたいものです。

ハイチェアに座る赤ちゃんの足

素材は?木製、プラスチック製、たくさんあるけど便利なのはどれ?

ベビーチェアは食事用に作られたしっかりした素材の椅子であれば、木製が主流。耐久性に優れ、デザインもインテリアの邪魔にならないのが魅力です。ただし、木製椅子も赤ちゃんにとっては硬い素材にはなるので、座る際は時間を長時間にしない、座るのを嫌がるようであればタオルやクッションで保護してあげることがオススメです。

また、プラスチック製の椅子は食べこぼしの多い赤ちゃんの食事後、さっと拭き取るだけで掃除ができる衛生面で魅力です。また、価格も木製の椅子に比べてリーズナブルなものがほとんどで、どの椅子が合うかわからない赤ちゃんのはじめの一脚としては利点が多いでしょう。

プラスチック製のベビーチェア

長く使える高いものを買うか、リーズナブルに購入して処分するか問題!

ベビーチェアの中には、高価でも小学生、大人になっても部品の組み替えで長く使える、という商品も多数販売されています。これらの椅子は木製で質の良い材質を使っており、耐久性に優れ、長期の利用が可能になっているのがポイントです。

ママの口コミサイトを見てみても、ベビーチェアの一番人気は高額にも関わらず、長く使えることがポイントになっているものでした。

一方、リーズナブルに購入して処分する、という選択も賢いでしょう。赤ちゃんはとにかく食べこぼしたり、吐き戻したり、時には落書きしたり、常に汚れと隣り合わせ。どの椅子が体に合うかの判断も難しい時期ですので、安価な椅子を買って成長に合わせて買い直していくのもオススメです。

42 件
Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ