「はじめて」をわかりやすく。

年に一度は先祖の供養を!お盆の準備をはじめる前に!

年に一度は先祖の供養を!お盆の準備をはじめる前に!

日本では8月中旬頃を「お盆」と呼び、 帰ってくると言われる先祖を供養するためにお墓参りしたり親族で集まったりします。せっかく親族が集まり、かつご先祖様もいらっしゃるなら、より心のこもった供養をしたいものです。今回は風習にならったやり方ではじめてお盆を過ごしたいと考えている方にご紹介したいと思います。

left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子


OPEN

目次

お盆でいちばん大切なのは故人や家族を思いやる気持ち

毎年お盆の時期になるとご先祖様がこちらに帰ってくると言われ、それに向けての準備を行います。宗派や地域によってやり方は異なり、宗派によってはお盆に帰ってくる概念がないものもありますが、親戚一同が集まって、お経を上げてもらい、一緒に墓参りや会食をする行事です。

上記に上げた作法が多々あり大変な面もありますが、いちばん大事なのは「故人やその家族に感謝し思いやる気持ち」だと思います。もしお盆の時期にお伺いできなかったり、諸事情で読経や御供物を準備できなくても、電話の一本や時間があるときの墓参り、遠方でも故人を思い出したりすることがあればそれだけでも心のこもった供養になると思います。

もてなす側のお盆の準備はとても大変でかかる費用もかかり、数ヶ月前から準備しなければ間に合わないものもあります。完璧にしようとすると大変な労力がかかりますから準備できる範囲で行い、故人やご先祖様に対する気持ちや思いやりを持って望めば心のこもった供養になると思います。

1 2 3 4
Next >
27 件
left

この記事のアドバイザー

left

何でもチャレンジ系男子




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ