「はじめて」をわかりやすく。

内容証明の書き方や活用方法、初めて内容証明郵便を出す人が知っておくべき事

内容証明の書き方や活用方法、初めて内容証明郵便を出す人が知っておくべき事

初めて内容証明郵便を送る時、書き方や活用方法がわからないと上手に利用出来ません。内容証明郵便の特徴をしっかり理解して、どのような時に送ったらよいのか知っておく必要があります。トラブルの予防や解決のために、内容証明郵便を上手に利用して役立てましょう。

湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。


OPEN

目次

1.内容証明郵便とは?

内容証明郵便は特殊な手紙です。どこが特殊なのかというと、手紙の内容を郵便局が保存してくれるので、この手紙をいつ誰に出したのかを証明する事が出来ます。大切な事を伝える手紙、重要な証拠として残したい手紙は、内容証明郵便で出すととても役立ちます。

同じ手紙でも少し雰囲気が違います

内容証明郵便は手紙の一種

内容証明郵便の内容は郵便局で保存されるので、どんな内容の手紙をいつ誰に出したのかを簡単に証明する事が出来ます。さらに配達証明付にして出すと、その手紙がいつ配達されたのかまで証明する事が出来ます。

必ず伝えなければいけない重要な連絡を内容証明郵便で出すと、相手に連絡したという事実を証明出来るので、「言った言わない」の議論で揉め事になりそうな場合、内容証明郵便で出すとトラブル防止に役立ちます。

また、裁判で重要な証拠として利用出来るので、既にトラブルになっている相手に何かを伝える時も、内容証明郵便で出しておくと裁判を有利に進められる場合があります。

内容証明郵便は郵便局に提出する

内容証明にする手紙は、郵便局に持って行って受付の人に「内容証明郵便で送ってください」と頼みます。内容証明郵便にする場合、同文のものを3通書いて持って行きます。他に封筒1通、差出人の印鑑、郵便料金を持参します。封筒には封をしないで持って行きます。

提出する時、内容証明郵便の記載方法に不備がないか係員に確認してもらうからです。内容証明郵便を取り扱っている郵便局は集配郵便局など限られているので、事前に確認しておきましょう。提出する時、配達証明付にする手続も同時にします。

内容証明郵便が与える心理的影響とは?

内容証明郵便は、法的にはただの手紙なので、書かれている内容に法的拘束力はありません。何かを要求する内容でも、それを行わなければならない強制力はありません。返事を必ず書かなければいけない訳でもありません。

しかし、内容証明郵便を出すと、相手方は割とあっさり要求に応じて、トラブルが解決する事があります。それは内容証明郵便が与える心理的影響にあると思います。

内容証明郵便は、普通の手紙と異なって格式ばった形式で書かれていたり、わざわざ内容証明郵便を出してきたら次は本当に法的手段に出てくるかもしれないと相手に思わせたり、色々と相手に心理的圧力を与えるには有効な手段になっているからだと思います。

< Back
1 2 3
36 件
湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ