「はじめて」をわかりやすく。

初めての中学受験の前に自分に合った学校選びと勉強のポイント

初めての中学受験の前に自分に合った学校選びと勉強のポイント

お子様の特性に合わせた学校を受験することが、中学受験の合格のポイントです。初めての受験をするお子様が、国立・私立、どちらが性格的に向いているのか、校風も含めて見極めることが大切です。受験勉強はいつから始めたらよいのでしょうか?受験のための学習方法ははどんなものがあるのかみていきましょう!

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師


CLOSE

目次

1.中学を受験するための学習方法

受験勉強をはじめる時期について

中学受験をすると決まったら、受験対策用の勉強をしていく必要があります。一昔前の学力偏重主義は、文科省の意向により、だいぶ緩和されました。現在は、「生きる力」「地頭力」が大切と言われる風潮にもなっています。しかし、中学受験は名門校でなくとも、兎に角、高い学力が必要です。所謂、名門校や伝統校は、入試のレベルを決してダウンさせてはいませんので、学力が高い中学校を受験するのであれば、早めの対策が、合格への道です。

大手の塾のホームページを見ると、「小4の2月から、本格的な勉強をする」という文言が踊っています。なぜ、小4の2月からと謳っているのか、理由をみてみましょう。大手の塾は、「何年生の何月に、どんな勉強をさせると志望校に合格したか」を膨大なデータから独自に体系化しています。その統計の結果、塾が段階的に設定したテキストを使い、小4からカリキュラムをこなしていけば、4教科の勉強が満遍なく受験レベルまで終えられると導き出したのです。

中には、小3からお子様を塾に通わせる方もいらっしゃいますが、余り早くから受験勉強をすると、受験前に塾の勉強に疲れて燃え尽きてしまうケースもあります。お子様が塾や勉強が好きで、楽しく通っているなら、早くから塾に通っても問題ありません。

ただし、お子様の自律心が高いケースは、必ずしも塾に通う必要はありません。小学校の中学年でも、自分で問題集の解説を読んで内容を理解でき、1人で問題集を進められるお子様も存在するからです。集団が苦手なお子様もいらっしゃると思います。そのような場合は、大手学習塾が出している通信教材を使うのも手です。

通信教材といえどもカリキュラムは通塾とほとんど変わりません。例えば、日能研の「知の翼」という通信教材を利用し、自学自習の結果、志望校に合格されたお子様もいらっしゃいます。情報に惑わされず、お子様の性格を把握し、最適な勉強手段を見極めることが大切です。

私立中学と国公立の中学での受験の違い

・私立中学の受験を検討している方へ
筋が通ったぶれない教育方針を選ぶなら、やはり私立中学です。特に名門といわれる中学は、伝統を大切にします。私立中学というと、すぐに御三家を思い出す方も多いと思いますが、全国に私立中学は数多くあります。お子様の偏差値付近の学校をピックアップして比較検討し、学校の理念やカラーを考慮して志望校を選ぶことが大切です。

・国立中学(公立)の受験を検討している方へ
先進的な教育を低コストで受けるには、国立附属中学を選ぶとよいでしょう。東京大学附属中等教育学校は、双生児の研究などユニークな研究で知られる学校です。偏差値的には、57と非常に高いわけではありませんが、自主性を育むのには最適ともいえる環境が整った学校です。違いを認めあえる校風で、いじめなどもないと評判の学校です。東大と名前がついていますが、エスカレーター式に東大に進学できるわけではないので、注意しましょう。

・公立中高一貫校の受験を検討している方へ
低コストで多彩な学びを求めるなら、公立中高一貫校を選択するのも手です。公立ですが、大学の先進的な研究やノウハウから生まれた教育が受けられます。学費を抑えつつも一歩、進んだ教育を受けられます。フィールドワークや討論も多めです。魅力的な学校も多くあります。しかし、気をつけなくてはならないのは、進学を最も重視した教育をする学校が少ない点です。公立中高一貫校は、歴史も浅く、伝統もまだありません。様々な意味で、これからの学校が多いのです。

2.学校情報を収集しよう

自分(子ども)が行きたい学校を調べよう

小学校受験と違い、中学受験は親御さんだけの試験ではありません。小学校の高学年にもなれば、自我もはっきりしてきます。親御さんだけの希望で志望校を決めるのは、避けたほうがよいと思われます。ホームページを見たり、文化祭などで学校見学に行く際、「この学校の印象、どうだった?」などと、お子様の感想を訊いてみましょう。

最近は少子化傾向にありますが、大学入試の受験競争の厳しさは、昔とあまり変わらないと考えてよいでしょう。例え中学で名門校に進学しても、6年後の大学受験で、必ずしも行きたい大学に合格できるという保証はどこにもありません。それが理由のひとつだと思いますが、近年、私立の大学附属の中学を目指すご家庭が増加傾向にあります。

関東だと、早慶の附属を筆頭に、MARCHクラス、また、日本女子大など有名女子大も一定の人気を誇っています。大学附属中学は、大学受験を気にせず、好きな部活や勉強にじっくり取り組めるのが大きな魅力です。お子様が、のびのび落ち着いて青春を楽しみたいと望まれるなら、大学附属中学への進学も選択肢のひとつだと思います。

本命の学校と滑り止めの学校を決める

「ここに行きたい!」と、憧れの中学に入学した姿を夢想したりするのは、受験勉強のモチベーションアップのために、大変よいことです。しかし、現実の学力が必ずしも憧れの中学のレベルと合致するとは限りません。実力より少し上に位置する(実力相当の人もいる)本命校を決めたら、滑り止めの学校を決めましょう。自分の実力より、下の学校を選びます。滑り止めとはいっても、そこに通学する可能性もある学校です。偏差値だけではなく、校風や理念などに共鳴できる学校を選びましょう。

3.中学受験の直前に気をつけること

面接でよく聞かれること

中学受験には、必ず面接があります。国立も、私立も、面接だけで不合格になるところは、ほとんどないと言ってよいでしょう。ただし、極端にしどろもどろだったり、明らかに準備不足であることが判れば、合否に響く可能性があります。面接でよく聞かれることをランキング形式でみていきましょう。

第1位:志望理由
「なぜ、この学校を志望したのですか?」と、どの学校でも必ず聞かれます。受験する学校の教育方針や理念に、自分がどう「合う」のかを、自分の言葉で述べることが必要です。学校見学の際の印象を織り交ぜて答えても良いと思います。

第2位:通学経路と所要時間
上記で述べたように、女子御三家の桜蔭学園のように、遠距離通学を禁止している(時間制限がある)学校もあります。中学・高校の6年間、通う学校ですから、きちんと答えられるようにしておきましょう。

第3位:小学校生活について
小学校時代の印象や思い出、その出来事で自分がどう成長できたかまでを自分で語れるようにしておきます。友達や先生との関わり、委員会や係で責任を持って成し遂げたことも話せるとベターですね。

体調管理は万全にしておきましょう

受験に万全な体調で臨むには、健康管理が大切です。受験の1ヶ月前から直前は、変化のある生活をしないことが大切になります。良い変化でも悪い変化でも、日常生活の変化は、心身に強い負荷をかけることになります。出来る限り、淡々と、規則正しい生活を送りましょう。早寝早起きを心がけ、軽いストレッチなどもして、必要以上の外出もしないようにします。受験当日のイメージトレーニングをしてもよいですね。

受験直前だからと景気づけに外食に行くのも止めましょう。万が一、ノロウィルスを貰ってしまうと大変です。受験直前は、揚げ物や生もの、脂っこいものも控えたほうがベター。神経を遣いすぎる必要はありませんが、胃に負担をかけない食事を摂り、変化を少なくして体調管理に努めましょう。

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ