「はじめて」をわかりやすく。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でいつでもどこでもデリバリー生活はじめよう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)でいつでもどこでもデリバリー生活はじめよう!

人気のチェーン店から地元で有名な飲食店まで、多彩なラインナップのデリバリーをしてもらえるUber Eats。スマートフォンのアプリ一つで注文が可能ですが、どうすれば注文できるのか、宅配・決済の仕組みや注意すべき点など初心者でも安心して利用できる方法をご紹介します。

Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡


OPEN

目次

1. Uber Eatsは何ができるの?

Uber Eatsは2016年に日本でのサービスを始めてから、人気店の料理が簡単にデリバリーされると話題になっています。でも、今までピザ屋おすし屋さん、大手ファーストフード店などで利用できたデリバリーと実際何が違うのか?どのように使うのか、使い慣れないとわからないことも多いはず。今回はUber Eatsがどんなサービスか、どのように使うと生活が豊かになるのか、ご紹介します。

アプリ一つで簡単デリバリー!

まず、Uber Eatsの特徴の一つとして、アプリを介して注文・決済を行うことができる点にあります。既存のデリバリーサービスでは店舗に電話をして、注文が完了すると店舗スタッフが配達を行う、というのが主な流れです。

一方、Uber Eatsはアプリで注文が完了すると、同じくアプリ上で、近くで稼動できる配達員の募集がかかります。この配達員というのも、店舗スタッフや配送業者ではなく、一般の登録した配達員で、このUber Eatsの配達員というのも新しい働き方、特に空き時間を利用した副業としても注目を集めています。

注文から配達員の決定、商品の状況、配達員の位置、決済までアプリ一つで完結し、とてもシンプルな流れになっています。

Uber Eatsが使える地域やお店はこんなところ!

現在(2020年2月現在)、Uber Eatsの対象地域となっているのが東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、福岡県、広島県となっていますが、上記の都府県全域で使用できるわけではなく、その対象都府県の中でも都市部が利用可能地域となっている場合が多いです。ただし、この配達エリアは少しずつ拡大しており、今後、配達員や加盟飲食店が増加することでより地方の地域でも利用が可能になるのではないか、と見込まれています。

ちなみに、Uber Eats自体はアメリカから始まったサービス(会社)で、アメリカを中心に海外には多くのUber Eatsの利用可能な地域があります。注文にはその国の人でなくてはいけないということも、住所が定まっていなければいけないこともないので、旅行中の利用もおすすめです。

また、利用可能な店舗ですが、こちらは地域によって様々、という前提があります。Uber Eatsの特徴の一つとして、配達スタッフを配置できない小規模の個人店もUber Eatsの配達員制度を使ってデリバリーに参入できる、と個人店の加盟が多いこともあり地域の特色がよく現れます。一方、大手の飲食店の加盟も多く、首都圏にはマクドナルド、KFC(ケンタッキーフライドチキン)、スターバックス、大戸屋、CoCo壱番屋、松屋、牛角など、非常にジャンルが幅広い大手飲食店チェーンが加盟しており、豊富にメニューが選べるようになっています。

Uber Eats はここに注意!

Uber Eatsは配達員あってのシステムのため、店舗で調理され、商品が用意されても、配達員が見つからない場合は利用ができません。地域や時間帯によっては配達員不足で利用ができなかったり、気候が悪い、注文が殺到する時間帯はシステム自体が一時停止することもあるため、思いついた時に必ず利用できるわけではありません。

また、Uber Eatsの大前提がアプリで全ての行程が完了するため、スマートフォン上の操作や登録に慣れていない場合は(電話などで代替できないため)利用のハードルが高いでしょう。

< Back
1 2 3 4
32 件
Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ