「はじめて」をわかりやすく。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でいつでもどこでもデリバリー生活はじめよう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)でいつでもどこでもデリバリー生活はじめよう!

人気のチェーン店から地元で有名な飲食店まで、多彩なラインナップのデリバリーをしてもらえるUber Eats。スマートフォンのアプリ一つで注文が可能ですが、どうすれば注文できるのか、宅配・決済の仕組みや注意すべき点など初心者でも安心して利用できる方法をご紹介します。

Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡


OPEN

目次

3.Uber Eats でデリバリーしたい店や料理はこれ!!

まずはお手軽ファーストフード店をデリバリーしてみよう!

まずお試し程度に利用したいのがマクドナルドや牛丼チェーン松屋、KFCといったファーストフード店のUber Eatsデリバリー。店舗自体がデリバリーのサービスに慣れており、商品の値段も安価なため、アプリの操作やどのテンポ感で商品が手元に届くか確認したい方にはぴったりです。都市部であれば、店舗数も多いため、店舗と配達先の距離によって生じる配送手数料も低額に抑えられることも多く、ぐっとハードルは下がります。

休日のランチに、外出するのはちょっと億劫、という気が抜けた日などはUber Eatsでスマホで注文し、簡単に手元に届きますよ。ただし、休日のランチタイムは他のユーザーも多いため、配達員が見つからなかったり、配達時間が通常より長時間かかる場合があります。食べたい時間より早めに注文を済ませておくなど、地域と混雑時間によって確認は必要です。

また、ファーストフード店ではありませんが、大戸屋やKFC、またはお弁当やチェーンのオリジンなど、おかずが足りないときの利用もおすすめです。ご飯とお味噌汁だけ用意しておいて、買い出しから調理の手間がかかるおかずをUber Eatsすると、忙しい家庭の大きな味方になります。筆者の家では、朝にご飯はセットし、仕事をして、帰宅時間に合わせて注文し、帰宅後お味噌汁を作っているとおかずが配達される、という流れが忙しい日のベストだと思っています。

実は豊富な地域密着のお店!話題のお店や人気店を見つけよう!

Uber Eatsは前述のように、今までデリバリー業界に参入できなかった個人店の加盟が増えています。自分の従業員を配達に回す必要がなく、登録して、ネット上で注文を受けて配達員に渡すだけで店も利益が上げられるため、お店側としてもお得で便利なのです。

Uber Eatsのアプリを見ると、大手飲食店チェーンではないお店が出てきます。人気のタピオカドリンクのお店からサンドイッチのお店、インドカレーのお店なども登録が多い印象です。ファーストフードやピザのデリバリーはUber Eatsではなくても利用ができる、とUber Eatsならではの店舗を見つけて、家でゆっくりとグルメな時間を過ごすのも良いでしょう。

筆者のお勧めは子育て中のママさんのランチ会、夜ご飯会や、介護が必要な人がいる家庭など、なかなか気軽に外食はできない日常の中、ちょっと話題のお店の料理が食べたい、という人やパーティの時にちょっとおしゃれなケータリングなどを注文する時に重宝しています。

行列のできる有名店も
(UberEats画面より)

32 件
Mayu-Salla-Y

この記事のアドバイザー

Mayu-Salla-Y

北欧育ちのママライター おしゃれで便利なものが大好きです♡




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ