「はじめて」をわかりやすく。

消費税増税にキャッシュレス化。初めてPayPay(ペイペイ)を使う人に向けて。

消費税増税にキャッシュレス化。初めてPayPay(ペイペイ)を使う人に向けて。

消費税が増税され、キャッシュレスで決済する人への優遇政策が施行されます。キャッシュレス決済の一手段として、PayPay(ペイペイ)を検討されている方も多いのではないでしょうか。ここでは初めてPayPay(ペイペイ)を利用する方に向けて、色々情報を提供します。

ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン


OPEN

目次

1. PayPay(ペイペイ)とは

まず、PayPay(ペイペイ)ってなに?

PayPay(ペイペイ)とはヤフーとソフトバンクが設立したペイペイ株式会社が提供するスマホ決済サービスです。支払いの際にスマホにインストールしたアプリを起動し、レジ脇などのQRコードを読み込むか、アプリで表示されているバーコードを読み取ってもらうかの支払方法となります。

アプリには事前に銀行口座・ヤフーカード・ソフトバンク(ワイモバイル)まとめて支払い等を登録し、そこからPayPay(ペイペイ)残高にチャージをし利用する形となります。

バーコード決済

PayPay(ペイペイ)での最大の利点は電子マネーによる還元がある点です。1,000円の買い物をした場合、15円の還元を受けるというように、支払額が月単位ほどで戻ってきます。ただしヤフーカードのみ対応となり、それ以外のクレジットカードでは受けることはできません。

他に注意する点として、PayPay(ペイペイ)が使える店舗は限られるという点と、残高が2年間変化がないと無効になってしまう点です。

PayPay(ペイペイ)の使い方

PayPay(ペイペイ)を利用するには、まずアプリをダウンロードする必要があります。そしてダウンロードしただけでは使えません。もちろんお金をチャージする必要があります。

チャージする方法は銀行口座から、ヤフーカードから、ヤフーマネーから、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いからとなり、登録は簡単です。(銀行口座、三菱UFJからのチャージには対応していません。)

PayPay(ペイペイ)残高には、四種類あり、銀行口座からチャージしたお金は本人認証をすればまた銀行口座に戻すことができます。ですが、ヤフーカードやソフトバンクまとめて支払いでチャージしたものは銀行口座に戻すことができません。カードを使った現金化、いわばキャッシングを防ぐためかと思われます。また、還元されたお金や、その他ボーナスポイントを銀行口座に移したり、他の利用者に送ったりすることはできません。

グループでの割り勘にも便利です

PayPay(ペイペイ)はお店での支払いの他、アプリを入れている利用者にお金を送金したり、飲み屋などの代金を割り勘することができます。その際には相手のQRコードを読み込んだり、電話番号を指定して送ることができる他、メッセージを添えたり、パスワードを付けて送ったりすることもできます。

割り勘の際は、LINEのグループのようにPayPay(ペイペイ)でグループを作成し、それぞれのメンバーからお金を送金してもらうという形になります。もちろん、それぞれのメンバー全員がアプリを入れていることが前提となりますので、ご注意ください。

< Back
1 2 3
36 件
ソルティライチ

この記事のアドバイザー

ソルティライチ

副業で稼ぐ銀行マン




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ