「はじめて」をわかりやすく。

遺言書の書き方とは。初めて遺言書を書く時に気をつけたいポイント

遺言書の書き方とは。初めて遺言書を書く時に気をつけたいポイント

遺言書は、法律で決められた方法で書かれていなければ無効になってしまいます。初めて書く時は、有効な遺言書として認めてもらえるように注意して書きましょう。遺言書の作成後は、遺言が確実に実行されるようにしっかり管理する事も大切です。

湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。


OPEN

目次

1. どんな時に遺言書を書くのか

通常の法定相続では、不動産や預貯金などの財産を持っている方がお亡くなりになった時、それらの財産は配偶者や子供が相続する事になります。

遺言書を書いておけば、お亡くなりになった方が、どの財産をどの位、誰に相続させるのかを具体的に決める事が出来ます。誰に何をどの位相続させるかを、ある程度自由に遺言者が決めておくことで、相続者同士の揉め事を減らすことができます。遺言書は相続トラブルを防ぎ、相続手続をスムーズに進めることに役立ちます。

遺言書を書くことでどの財産を誰に相続させるか決めることができます。

遺言書の種類

遺言書は大きく分けて3種類の方式があります。

1. 自筆証書遺言
2. 公正証書遺言
3. 秘密証書遺言

それぞれ特徴がありますが、現在は自筆証書遺言を法務局で預かってもらえるようになりました。これによって家庭裁判所で検認の手続が不要になりました。また遺言書を法務局に預けるとき本人確認をして遺言書の方式に不備がないか確認してくれるので、遺言書の真実性や有効性でトラブルが起こりにくくなると思います。

手続も簡素になり利便性が増したので、はじめて遺言書を書く場合、自筆証書遺言を作成してみるのがよいと思います。そのためには、遺言者自身も遺言書の基本的な書き方を理解しておいた方がよいでしょう。

自分の大切な財産を自分の意思に従って相続してもらう事は重要な事です。最低限基本的な知識を持って遺言書を作成する事は、相続トラブル防止になります。相続手続をスムーズに行いトラブル防止の為に、遺言書を書いておく事をお勧めします。

遺言書には財産の処分方法について書く

遺言書には何を書いても良いですが、法律上効力を有する事項は限られています。主に財産の処分に関する事が中心になってきます。もし、不動産を持っていたら、その不動産を誰に譲るのかを書いておくと、その内容は法的効力を持ちます。この場合、不動産の登記簿謄本を取得して、その記載通りに住所、構造、広さを遺言書に書いて、どの不動産なのか特定出来るようにします。これによって確実に不動産を自分の意思通りに相続させる事が出来ます。

法的効力がある遺言書にするための書き方があります。

遺留分に注意して遺言書を書こう

遺言書は法定相続より優先されるので、遺言によって意思が明確に示されていれば基本的に、その内容通りになります。法定相続人以外の人に遺贈という形で財産を与える事も出来ます。ただし、相続人全員の同意があれば遺言に従わなくてもかまいません。

また、法定相続人には遺留分といって、相続財産のうち一定の割合を相続する権利があります。具体的には法定相続分の半分の割合は法定相続人が相続する権利があります。なので、遺言書を作成する時は遺留分に注意しましょう。明らかに遺留分を侵害している内容だと、トラブルになってしまうので、遺留分に配慮して遺言書を作成するようにしましょう。

< Back
1 2 3
37 件
湊 紘毅/行政書士

この記事のアドバイザー

湊 紘毅/行政書士

法律を学びたい、と思う人達を応援する記事を書いています。




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ