「はじめて」をわかりやすく。

命名は何を基準に決める?初めてでも迷わない命名の秘訣とは

命名は何を基準に決める?初めてでも迷わない命名の秘訣とは

大切なお子様への両親からの初めてのプレゼントとも言われる名前。一生使うものですから、本人にも喜んでもらえる名前をつけたいですよね。今回は、初めて方も迷わない命名方法やオススメの命名本、姓名判断サイト、更に命名をしたら行うイベントなどについても解説します。

えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母


OPEN

目次

2. 命名は何で行う?オススメの書籍などをご紹介

命名の際の注意点がわかったら、本格的にお子さんの名前を考えていきましょう。ずっとつけたいと思っていた名前をつける方、夫婦の共通点を名前に盛り込む方、親の名前から漢字を取る方など、命名のスタイルは様々です。どのような名前が良いかや画数などについてもじっくり調べたい、という場合には本やインターネットのサイトなどを参考にすると良いでしょう。

画数なども気になります

じっくり読み込みたいなら「命名本」を買おう

じっくり読んだり考えたりしたい、という場合には命名本がオススメです。命名本は様々な出版社から発売されており、男女別のものもあります。お子さんの性別がわからない、2人目以降も検討しているという方は男女両方の名前が載っているものを選ぶと良いでしょう。

命名本には画数や人気の漢字、名前など様々な情報が詰め込まれています。つけたい漢字の画数がすぐにわかったり、流行りの名前や漢字を知ることもでき、何より書籍なので情報が消えない、というのが魅力です。

命名用のアプリもあります

最近は、名づけ専用のアプリも存在します。App Storeで最も人気が高いのはこちらのアプリです。

このアプリでは、つけたい名前を入力するだけで、その画数や画数から読み取る意味を一発で知ることができます。

また、名字と相性の良い名前や、イメージや響きから最適な名前をオススメしてくれる機能もあり、とても便利です。多くの妊婦さんがこのアプリを利用しているそうですが、アプリは命名本のようにかさばらず、様々なシーンで手軽に利用できるのが魅力だと思います。本より電子派、という方はアプリを利用するのもよいかもしれませんね。

ネットの姓名判断サイトも有効

インターネットで検索も重要です

ネット上には様々な姓名判断サイトが存在します。ある程度お子さんにつけたい名前の候補が決まっている、という場合にはこういったサイトで画数や運気について調べるのが簡単なのではないかと思います。

姓名判断は流派によって結果が大きく異なるので、全てのサイトで良い評価を得る名前をつけるのはほぼ不可能…。筆者も妊娠中に3つのサイトで姓名判断を行いましたが、「Aのサイトでは良いのにBのサイトだとこの名前は評価が悪い」ということがあり、最も人気の高い姓名判断サイトに絞りました。それがこちらです。

こちらのサイトで採用している流派は、筆者の夫が購入した命名本や、たまひよの付録についていた命名本など、様々な書籍やサイトで使用されているものなので、1番いいかな、と思い選びました。他の流派が悪い、ということは決してありませんが、もし姓名判断のサイトや流派選びに悩むようであれば、ぜひ参考にしてみてください。

43 件
えりりこ63

この記事のアドバイザー

えりりこ63

元日本語教員で2児の母




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ