「はじめて」をわかりやすく。

【はじめての挨拶状】初めて書く季節のご挨拶!年賀状と暑中見舞いの書き方は?

【はじめての挨拶状】初めて書く季節のご挨拶!年賀状と暑中見舞いの書き方は?

最近は、ネットが主流になり、時候の挨拶ハガキを作成する機会はめっきり減りました。それでも、お世話になった恩師や大切な人には、季節のご挨拶をしましょう。初めてのハガキ作成には、既成のハガキでも良いし、手作りしても喜ばれます。年賀状や暑中見舞い、寒中見舞いや残暑見舞いなどの書き方をみていきましょう。

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師


CLOSE

目次

1.年賀状を書いてみよう!

年賀状の歴史は?

元旦には、コタツでみかんを食べながら、届いた年賀状を1枚、1枚、楽しみにみるご家庭も多いでしょう。現代では当たり前のように書いたり送ったりする年賀状ですが、その風習は、一体、いつから始まったものなのでしょうか。年賀状の起源をひもといてみましょう。

年賀状の歴史は古く、平安時代にまで遡ります。現存する最古の年賀状は、平安時代の学者である藤原明衡が作った手紙の文例集の中にあります。『庭訓往来』という正月の文例で、
読み下すと「春の始めの御悦び、貴方に向かってまず祝い申し候」となります。年賀状の根本精神は相手を気遣う気持ちだということが、この文章から分かりますね。

また、平安時代は年のはじめにお世話になった人や親族の家をまわって挨拶をする「年始回り」の習慣も広まった時代。これは大正時代あたりまで広く行われており、正月は挨拶のため、往来は非常に混雑したとのことです。現代では、年始の挨拶回りをするご家庭は殆どないといえそうです。時代とともに文化は変わる、という一例ですね。

年賀状を出すことが一般にも広がったのは、明治4年(1871年)の郵便制度開始がきっかけです。明治6年(1873年)に郵便はがきの発行が始まり、明治20年(1887年)頃には年賀状も激増しました。元日の消印をねらって年末に投函する人も増えました。そこで取り入れられたのが、現在と同じように年末のうちに受け付けて元日に配達する年賀郵便の特別取扱いです。明治32年(1899年)に導入され、徐々に全国に広がりました。

最近はネットの発達、通信手段の変化で、ハガキや手紙を書く文化そのものが廃れつつあります。年賀状という形態を取らない新年の挨拶が増えたのは、メールやSNSの飛躍的な発達によるといえそうです。年賀状自体を送らない選択をする人もいます。人によって様々な考え方があると思いますが、日本の古来からの伝統である年賀状という文化は、廃れることなく未来に繋がっていって欲しいものですね。

年賀状の時期はいつからいつまで?

年賀状作成を始めるのは、早くても12月の頭ぐらいからではないでしょうか。年賀状を出す期間は、12月15日から1月7日(15日)までです。12月15日からポストに投函可能です。

元旦に確実に年賀状を先方に届けたい場合、12月25日までに年賀状を投函します。郵便局でも、「クリスマスまでに投函しましょう」と謳っていますよね。

12月26~28日の間に投函した年賀状は、郵便局は「できるだけ1月1日に届けるようにする」としていますが、1月2日以降に届く可能性もあります。また、12月29日以降に投函した年賀状は、確実に1月2日以降に届くことになります。年賀状を書いたら、できるだけ早く投函するのがベターです。

三が日のうちに年賀状が届けば正月らしいですが、それ以降、バラバラと届く年賀状もあります。それらの年賀状は、12月25日までに間に合わなかったか、送っていない人から年賀状が届いたので返礼したかのいづれかだと考えてよいでしょう。

年始の挨拶である年賀状は、松の内までに送ることが原則です。今は門松を門に立てなくなったご家庭も多いので、松の内といわれてもピンとこないかもしれません。松の内は地域によって違います。関東地方は1月7日まで。関西地方は1月15日までです。

1月8日以降に投函した年賀状に関しては、郵便局のスタンプ(消印)が押されます。1月8日以降に年賀状を受け取っても、すでに心はお正月気分が吹っ飛んでいますよね。年賀状を受け取る側の心情を考えて、また一般的なマナーとしても、年賀状は1月7日までに投函することを心がけましょう。

年賀状の書き方(ハガキの構成)

年賀状の書き方の決まりは、知っているようで意外に知らない人が多いかもしれません。敬称の書き方や縦書きと横書きなどのルールを、改めてみていきます。

・宛名を書く場合
宛名を書くとき、縦書きにするか横書きにするかで迷った方もいるのではないでしょうか。日本語は縦書きが基本ですので、本来は年賀状も縦書きです。表面と裏面で、縦横を揃えるのが決まりなので、裏面のデザインが横向きなら表面も横向きに書きます。目上の人に出す時は、表面、裏面共に縦書きのほうが相手を敬っていることが伝わるでしょう。

・敬称の使い方
宛名には、必ず敬称をつけます。敬称は個人宛か会社宛によって使い分けます。「様」を使うのが一般的ですね。個人宛の年賀状の場合、夫婦や家族連名の場合は、それぞれに「様」をつけます。個人の場合も「様」です。

会社宛の年賀状の場合は、「御中」をつけます。「〇〇株式会社 御中」がスタンダードな宛名です。もう少し細かく部署を付ける場合は、部署のあとに「御中」をつけます。「〇〇株式会社 広報部御中」というようになります。特定の人に送る場合、会社名のあとには何も付けず、人名のあとに「様」をつけます。「〇〇株式会社 ●●●●様」のようになりますね。役職をつける場合には、人名のすぐ上につけます。役職名はそれ自体、敬称なので、「部長様」とは書かないようにしましょう。「部長 〇〇様」となるのが正しい表記です。恩師や医者、弁護士、政治家には「先生」とつけます。相手とよほど親しい場合を除いては「先生」とつけるのが正しい書き方です。

喪中の時は、寒中見舞いに!

《官製 10枚》寒中見舞はがき(喪中用文章 No.852)《63円切手付ハガキ/ヤマユリ切手/裏面印刷済み》

¥1,760(税込)

枚数:10枚セット
宛名面:「官製はがき」(ヤマユリ/63円切手付ハガキ)
◎寒中見舞いはがきは1月5日頃から2月4日頃までお出し頂けます◎
スタンダードなデザインなのでオールマイティに使えます!

寒中見舞いは、喪中の場合に出すハガキです。二十四節気の小寒が始まる「寒の入り」から「立春」までの間に行います。寒の入りは毎年1月6日頃、立春は2月4日頃です。この頃が、1年のうちで最も寒さの厳しい時期とされています。正月の「松の内」があけてから寒中見舞いを送りましょう。松の内あけは関西など遅い地方では1月15日となるため、寒中見舞いは「1月15日~1月下旬までに投函する」と覚えておくと間違いがないでしょう。

喪中の事情などから年始のご挨拶を兼ねて出す場合は、寒の入り後すぐに出しても構いません。寒中見舞いの贈り物をする場合も、寒中見舞いを送る時期にあわせて行います。寒中見舞いは、もともと寒い時期に相手を気遣い、お見舞いの挨拶として送るものでした。今は、喪中で年賀状を出せない場合だけでなく、喪中欠礼を頂いた方にも年賀状の代わりとして送ります。稀に、年賀状を書きそびれた場合に寒中見舞いを送る人もいるようです。立春をすぎると寒中見舞いは書く時期を過ぎたことになるので、出さないようにしましょう。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、「余寒見舞い」というものがあります。寒中見舞いの時期が終わる立春を過ぎてしまった時に出すご挨拶のハガキです。余寒見舞いは、立春を過ぎてから、2月下旬までに出すのが一般的です。寒い地方へは3月下旬ぐらいまでです。

アプリを使うと簡単に作成できます

最近ではスマートフォンを使って簡単に年賀状が作れるアプリが出ています。デザインから印刷までアプリ上でできるものがほとんどなので、忙しく年賀状作りに時間が取れないという方には特におすすめします。

今回はいくつかオススメの年賀状作成アプリをご紹介しますね。

・ノハナ年賀状2020​
フォトブックアプリ「ノハナ」が運営する年賀状アプリです。
ディズニー等の人気キャラクターとのコラボデザインが多いのも特徴の一つ。操作も簡単で使いやすいアプリです。

・しまうま年賀状2020
こちらは写真プリント業界で圧倒的なシェアを持つ「しまうまプリント」が運営する年賀状アプリです。
早めに注文することで「早期割引特典」が適応されるのだとか。こちらもシンプルな操作で作成できますので、オススメのアプリです。

2.暑中見舞いを書いてみよう!

暑中見舞いの由来は?

《かもめーる10枚》暑中・残暑見舞いに(文字なし・絵柄のみ)

¥1,490(税込)

枚数:10枚セット~
宛名面:「かもめーる」(62円切手付ハガキ)
暑中お見舞いのご挨拶に!切手を貼る手間なし♪(文字なし・絵柄のみ)
手書き用
スタンダードなデザインなのでオールマイティに使えます!

暑中見舞いの由来は、お盆の贈答習慣にあります。お盆に里帰りする際、先祖の霊にお供え物をする風習が、かつてはありました。それがお世話になった方への贈答習慣になっていき、やがて簡略化されて手紙で済ませるようになりました。その手紙が、暑中見舞いです。

暑中見舞いの時期はいつからいつまで?

暑中見舞いを出す時期は、小暑(太陽暦の7月7日~7月22日頃)から立秋(太陽暦の8月7日~処暑までのおよそ15日間)の前まで。あるいは夏の土用までです。暑中見舞いを書く上で、把握しておくと役立つ二十四節気(日本古来の季節の分け方)を書いておきます。

【小暑】
7月7日頃~大暑までのおよそ15日間(7月7日頃~7月22日頃)
【大暑】
7月23日頃~立秋までのおよそ15日間(7月23日頃~8月6日頃)
【夏の土用】
立秋前のおよそ18日間のこと(7月20日頃~8月6日頃)
【立秋】
8月7日頃~処暑までのおよそ15日間(8月7日頃~8月22日頃)

・暑中見舞いを出しそこねたら、残暑見舞い!
「暑中見舞い」は、梅雨明け後から立秋までに出すのが決まりです。立秋を過ぎたら「残暑見舞い」にして、処暑(太陽暦の8月23日頃)までを目安に、遅くとも8月末までには出しましょう。

3.時候の挨拶での言葉をみてみよう!

年賀状、寒中見舞いの書き出し

年賀状の書き出しの言葉には、「新春の候」、「初春の候」、「頌春の候」、「厳寒の候」、「厳冬の候」などがあります。その後の本文は、「いかがお過ごしでしょうか?」と続けるとよいでしょう。

(冒頭の文章例)
・希望にあふるる新しい年をお迎えのことと存じます
・寒い毎日、如何お過ごしでしょうか
・新春とは申すものの厳しい寒さが続きます

寒中見舞いの書き出しは、「向寒の候」、「逐日寒冷相催し」、「追々寒気相つのり」、「寒気相催し」などがあります。続きの文章は、年賀状と同じで問題ありません。

(冒頭の文章例)
・七草も慌ただしく過ぎてしまいました
・寒さも急に増したように感じております
・吹き抜ける北風が頬を凍らせるように

暑中見舞い、残暑見舞いの書き出し

暑中見舞いの書き出しは、「猛暑の候」、「酷暑の候」、「炎暑の候」、「盛夏の候」、「大暑の候」、「灼熱の候」、「暑さ厳しい折」などがあります。続きの文章は、「いかがお過ごしでしょうか?」「お変わりなくお過ごしのことと思います」と続けます。その他の書き出しの文章をいくつか挙げてみます。

(冒頭の文章例)
・本格的な夏がやって来ました
・数日前より暑さ特に厳しく如何お過ごしでしょうか
・暑さも峠を越したように感じます

残暑見舞いの書き出しは、「残暑の候」、「残炎の候」、「残夏の候」、「暮夏の候」、「季夏の候」、「新涼の候」、「秋暑厳しき候」、「残暑厳しき折」などです。続きの文章は、暑中見舞いと同じでよいでしょう。

(冒頭の文章例)
・立秋とは名のみで、相変わらず暑さが続いておりますが
・日中の暑さは耐えがたい日が続いております
・虫の声に秋の訪れを感じる頃となりました

喜ばれる年賀状(ハガキ)作成のポイント

年賀状と暑中見舞いに共通する作成ポイントがあります。それは、自分の情報ばかり書かないということです。年賀状や暑中見舞いは元来、相手を気遣う風習から発展してきたものです。由来を考えれば、ハガキの文言は、相手が息災かどうかを伺うのが基本の書き方です。

最近、年賀状を写真で作成するご家庭が増えてきました。写真年賀状はよい点と悪い点があるようです。よく問題になるのは、子供がいない友人に子供の写真と子供の近況報告だけを書いて送る年賀状です。これは年賀状の性質上、いささか礼節に欠けています。

年賀状作成のポイントは「年賀状を受け取った相手が笑顔になるかどうか」です。年賀状はもともと相手のご機嫌を伺う挨拶の書状です。年賀状を受け取る相手を気遣う言葉を、必ず挿入するようにします。お互いに気持ちよく季節の挨拶をしあえるよう、心がけましょう。

ぶちうに

この記事のアドバイザー

ぶちうに

スポーツ好き元塾講師




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ