「はじめて」をわかりやすく。

はじめてウサギを飼う方へ!飼い方の基本について知っておくべきこと

はじめてウサギを飼う方へ!飼い方の基本について知っておくべきこと

何かペットを飼いたいと考えていても、「犬や猫より飼育しやすい動物はないかな」と考えている人もいるかもしれません。ウサギはそういった他の動物より、飼育しやすいと言われています。そんなウサギの飼い方について、はじめての方に向けて必要なことをご紹介していきます。

tamagoyaki

この記事のアドバイザー

tamagoyaki

ひきこもり主婦webライター


OPEN

目次

1.ウサギの基本知識を知っておこう

ウサギを飼うか検討している方の中には、「飼いやすそう!」「マンションでも飼えるから楽そう!」などという理由だけで、ウサギを飼うことを考えていませんか?ウサギは、ケージの中で飼育できるから、大丈夫というだけの簡単な理由だけで飼ってはいけません。きちんと、ウサギのことを知ってから、環境を整えて迎え入れることがとても大切なのです。

ウサギの特徴について

ウサギと聞いて何を思い浮かべますか?「ぴょんぴょん跳ねる」「鳴かない」「抱っこが好き」このようなイメージを持たれているのではないでしょうか?ウサギは飼いやすいからというだけの理由で飼ってしまうと、後々大変なことになってしまうかもしれません。まずは、ウサギの基本的な特徴について押さえておきましょう。

・縄張り意識が強い
野生のウサギは、大きな肉食動物に狙われることが多いです。そのため、普段からマーキングをして、自分のテリトリーを守る習性があります。この習性は、ペットのウサギにも同様に見られます。

・薄明薄暮性
野生のウサギは、「薄明薄暮性」という特徴があります。これは、明け方(薄明)と夕方(薄暮)など、日中以外で行動が活発になる動物のことです。朝方に起きて、ガタガタとケージの中で活発になります。そして昼間は寝ていて、夕方に起きるというルーティーンです。しかし、ペットとして飼われている最近のウサギは、飼い主さんの生活リズムに合わせてくれることもあります。個体差もありますので、すべてがそうとは限りませんが、薄明薄暮性という特徴を抑えておくだけでも、良い関りを持つことができます。

ウサギの習性について

ウサギは、犬や猫とは違った習性があります。野生の血を受け継いだ行動をすることが、よく見られます。犬や猫と同じように、接するとイメージしていたペットとしてのウサギがなんか違うと思ってしまいます。そうならないためにも、きちんとウサギの習性を理解して知っておくだけでも、接しやすくなりますので抑えておきましょう。

・かじる習性がある
野生のウサギの食べ物は、木に生えている葉っぱや土に生えている草です。そのため、普段から口を動かして、かじる習性があります。犬も子犬の頃は、歯の生え変わりであちこちを噛むことがあります。しかし、犬は草を主食とする習性がないため、成犬になると噛まなくなります。一方でウサギは、噛むことが習性として根付いているため、しつけで抑えることはできませんので、許容することが大切です。

・穴を掘ろうとする
ウサギの祖先は、アナウサギです。アナウサギが、土の穴を掘る仕草が由来していることから、ペットのウサギもみんな穴を掘ろうとする仕草をします。自宅のフローリングやカーペットに、前脚を動かして掘るような仕草をすることがあります。そのため、放して遊ぶ時は、カーペットがボロボロになってしまうことがあるので、注意しておきましょう。

< Back
1 2 3 4
32 件
tamagoyaki

この記事のアドバイザー

tamagoyaki

ひきこもり主婦webライター




この記事をシェアしよう

こちらの記事もおすすめ